たびこふれ

「京のおもてなし2019・早春」たん熊北店 二子玉川店で開催!試食会に行ってきました

記事投稿日:2019/02/28最終更新日:2019/02/28

Views:

たびこふれ編集部のmiyaです。

京都府産食材を使った特別料理が味わえる「京のおもてなし-2019-・早春」の試食会がたん熊北店 二子玉川店で開催されました。
普段あまり食べる機会の少ない京野菜や農林畜水産物がどのようなお料理で食べられるのか、楽しみに会場へ向かいました!

目次

会場は?

二子玉川駅、目の前の玉川高島屋S・C 南館11階にある「たん熊北店 二子玉川店」
高級感ただよう大人な雰囲気のお店に入るのをためらいましたが、これもお勉強ということで店内へ!

IMG_7813.JPG

IMG_7815.JPG

IMG_7816.JPG

店内に入ると長テーブルが用意されており、試食会の参加者は20人くらいでした。

窓際の席から見える景色もとても綺麗で、この景色を見ながらお料理をいただいたら贅沢な時間を過ごせそうです。

IMG_7820.JPG
<北側>

IMG_7818.JPG
<正面>

IMG_7819.JPG
<南側>

たん熊北店 二子玉川店

■住所:東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C南館11階
■電話番号:03-5797-3388
■ウェブサイト:https://www.tankumakita.jp/futakotamagawa/

始まる前にチェック

カウンターには、事前に準備されていた京食材と京のおもてなし特別会席(1月16日~2月末)があったので、混まないうちに写真を撮りました。

IMG_7806.JPG

IMG_7808.JPG

聖護院大根(しょうごいんだいこん)は実際に見るととても大きく、いつも食べている大根との違いにびっくりしました。
花菜は初めてみました。どんな味なのか気になります。

※聖護院大根は上の写真内、左側にある大きなかぶに似た野菜。
※花菜は上の写真内、聖護院大根とかぶの間にあります。

IMG_7822.JPG
<京のおもてなし特別会席メニュー>

IMG_7810.JPG
<京のおもてなし特別会席お料理>

京食材とお料理の紹介

京都に行かなくてもたくさんの方に京野菜を食べてほしい!そして冬はとくに美味しいそうです。

京野菜の魅力を教えていただきました!

  • 1. 京都の歴史・伝統・文化を感じさせる
  • 2. こだわり栽培で美味しく安心・安全に努めている
  • 3. 機能性成分が多く含まれている

この3つが京野菜の特徴であり、魅力なんだそうです。【パンフレット30年のあゆみ引用】

食材を紹介している中で、黒アワビに塩をふると動くということで実践していただいたのですが、動画が間に合わなかったので写真で(泣)

IMG_7826.JPG

黒アワビの上から塩をふります!

IMG_7827.JPG

動き始めた!!

IMG_7828.JPG

けっこう動いていました!!!な、なんとなくわかりますか?

いよいよ本日のお料理が!

メニューはこちらです。

たん熊北店 二子玉川店の店長、柿本様が

素材、鮮度を重視して生に近い状態で素材を味わってほしいとの思いがあるそうです。

今回、京さわらの旨味だしをはじめて使用するとのことで、どんなメニューと味なのか楽しみが増えました!

IMG_7825.JPG

本日のメインイベントです!周りにばれないようにしながら運ばれてきたお重にワクワクしつつ、みなさんの様子を伺うとメニューとお料理を見比べながらそれぞれ撮影していました。

IMG_7829.JPG

とても豪華ですよね!!!
早く食べたいのを我慢して必死に写真を撮る私(笑)

IMG_7831.JPG

■赤なまこ柚子みぞれ
自分から食べることはほぼないですね!せっかくなのでおそるおそる食べてみたら...あれ?柚子の味がきいているせいか食べやすい。どうやら食わず嫌いだったのか!?
想像以上に、こりこりしているせいかしばらくお口の中にいました。

■アオリイカの生うに和え
生うににアオリイカの甘味が合わさった後から、ジュレの程よい酸味も口に広がりました。

■黒アワビの友和え
ぷりぷりですが歯ごたえもよかったので、ゆっくり味わいました。美味しいです!

IMG_7833.JPG

■海老芋田楽と京地鶏の味噌幽庵
・海老芋田楽がすごく美味しかったー!優しい味が続いてるときに、味噌と海老芋の少し濃いめのパンチにやられました。
・京地鶏の柔らかさと旨味がマッチしていて美味しかったです。

■京都産筍若芽煮
筍はよく食べますが、歯ごたえがすごい。味付けは薄いですが食べやすく、ふきの苦味もクセになりそうでした。

■京さわらと赤鰈(アカガレイ)の笹巻寿司
とっても優しい味でした。お酢はほとんど感じず、お米の甘さとさわらの味がマッチしていてこれも素材を生かしたお料理。

■京花菜辛子和え、筍木の芽和え
花菜は辛し和えやおひたしが一般的でビタミンCや葉酸が豊富なのだそう。
苦味もなく箸休めにもなりました。

IMG_7834.JPG

■上用羹(じょうようかん)の氷魚ぽん酢かけ
上品な味で口の中に入れた瞬間に溶けました。

■丹後とり貝とアオリイカの九条葱添え
ネギがあまり得意ではない...。おそるおそる食べてみたら!!!丹後とり貝とアオリイカの存在感がすごい!ふだんならお醤油で食べるものも酢味噌和えだったので、新鮮で新たなる発見をした気分になりました。

■炙り京さわら
笹寿司より食べ応えがあり、新鮮で美味しかった!

IMG_7836.JPG

IMG_7837.JPG

■鰆の九条葱汁(京さわらの旨味だしを使用したお吸い物)
さわらのお出汁を使うのも、お吸い物にするのもはじめてということでしたが、魚介の主張もなく飲んだ瞬間ほっとする味。
最後のほうで魚介の風味がほんのりやってきました。

IMG_7839.JPG

■宇治より和栗ロールケーキ&珈琲

栗が濃厚で、でも余計な甘さがなくおなかいっぱいでもぺろっと食べれちゃいました!


みなさん、もくもくとお料理を味わいながら食べていました。

比べてみた

丹後とり貝と一般のトリガイの大きさ比べ。

IMG_7841.JPG

こうやって見ると大きさの違いがよくわかりますね。

さりげない所にも京野菜愛

(公社)京のふるさと産品協会 理事長の小田様のネクタイに注目です!!!

なんと京野菜のデザインなんです!

IMG_7843.JPG

教えていただき、近くで拝見するまで気がつきませんでした。お洒落ですよね。
他にもデザインがあるそうです。
ここでも、京都愛を感じました。

最後に

いつも濃い目の味付けが多いので、京食材を生かした優しい味を美味しくいただけて嬉しかったです。

はじめて食べた食材との出会いもあり、年に数回でも素材・鮮度重視のお料理を食べていけたらいいなと思いました。

今回は東京でしたが、今度は京都に行って食べてみたいと思いましたし、まだまだ知らない食の世界が少し広がりとても勉強になりました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
miya
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/28最終更新日:2019/02/28

Views:

この記事に関連する記事

京都のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.