たびこふれ

季節は真逆、ニュージーランドの夏はベリーピッキング

記事投稿日:2019/02/21最終更新日:2019/05/31

Views:

ニュージーランドでは10月ごろから徐々に暖かくなり、12月から2月頃まで夏の季節で、日本とは真逆の季節になります。私の住む、南島の最北端に位置する「Nelson(ネルソン)」では、夏の間比較的晴れの天候が多くなるため、様々な果物が栽培されています。日本にも輸出しているキウイフルーツやリンゴをはじめ、イチゴやブルーベリー、ラズベリーやボイズンベリーといったベリー各種も多く栽培され、夏の間は収穫の真っ只中です。その為、地元の人たちにはもちろんのこと、旅行で訪れる人たちにも大変人気のあるアクティビティが「ベリーピッキング(ベリー狩り)」です。

目次

黙々と摘み取り続けてしまう、ブルーベリーピッキング

ベリーピッキング-01.jpeg

<様々な大きさのブルーベリーの木>

ネルソンの中心地から30分ほど郊外に出た場所に位置する「Fuchsiadale Blueberries(フーシャデール)」のブルーベリー農園では夏の間だけ、ブルーベリーピッキングをする事ができます。農園で飼われているニワトリや馬などの動物たちを横に、大きなネットで囲まれたテニスコート4つ分ほどの敷地に、たくさんのブルーベリーの木が並んでいます。大きな実のなる木から小さな実のなる木、酸味と甘みも木によってそれぞれ違います。味見をしながら、自分の好きなブルーベリーの木を見つけ、好みに合ったブルーベリーを摘み取ることができます。

ベリーピッキング-02.jpeg

<直接摘み取るブルーベリーは甘くて新鮮>

束になって実になるブルーベリーは、ぽろぽろと簡単に摘み取ることができ、黙々と続けてしまいます。ポイントとしては、朝早い時間からピッキングを始める事と濃い色のブルーベリーを収穫することだそうですが、濃い色の実でなくても、冷蔵庫保存をすれば熟してくるそうです。

ベリーピッキング-03.jpeg

<いろんな大きさの実はそれぞれ違った味わい>

この日収穫したのはおよそ1キログラムです。今年は1キログラム14ドルと、毎年値段は若干上下しますが、1キロ以下でも購入ができるので、半分の500グラムあれば、ひとりでニュージーランド滞在中の1週間はたっぷり食べることが出来ると思います。小さい実の為、ブルーベリーは摘み取るのに時間がかかりそうですが、これだけ収穫するのに2人で30分から40分程度でした。時間制限や入場料はありませんので、黙々と収穫したり、山の風景や動物たちを眺めてゆっくりとピッキングを楽しむことが出来ます。

摘みごたえのある、ボイズンベリーピッキング

ベリーピッキング-04.jpg

<大人の背の高さと同じほどまで伸びた、ボイズンベリー>

こちらのベリー農園「Berry Lands (ベリーランド)」では、人気のボイズンベリーをはじめ、ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリーなど様々なベリーが栽培されています。こちらの農園もネルソンの都心から車で20分の距離にあるため、バスやタクシーでも行ける範囲です。郊外に出るハイウェイ沿いにあるこのベリー農園はビーチやキャンプに行く途中に寄れる為、地元の人、ホリデーで訪れた人たちで夏の間はとても賑わっています。

ベリーピッキング-05.jpeg

<濃い紫色のボイズンベリーが甘くて食べごろ>

葉っぱに隠れるように実のなるボイズンベリーは、大きいものは3センチほどの大きさにまで育ち、どのベリーよりも甘くて食べ応えがあります。ボイズンベリーピッキングは12月から始まります。大きな実で、触ると簡単につぶれてしまうほど繊細なベリーですが、力を入れなくても簡単に摘むことができます。茎には小さいトゲがあるので、時々ちくっとすることがありますが、何の心配もありません。濃い紫色のボイズンベリーの実を探して摘むと、甘くて食べごろの実が収穫できます。

真っ赤で見つけやすい、ラズベリーピッキング

ベリーピッキング-06.jpeg

<広々としたベリー畑にあるラズベリー>

山の景色と、どこまでも広がるベリー畑の一角にあるラズベリーは、長く伸びた枝の下にぶら下がるように育ちます。ラズベリー畑は他のベリー畑に比べ、小さいサイズではあるものの、ラズベリー畑だけでも、テニスコート一面ぐらいはあるんではないかと思うほどの広さです。

ベリーピッキング-07.jpeg

<真っ赤なラズベリーはほんのり酸味のある甘い果実>

日本ではフランス語のフランボワーズと呼ばれ、デザートに人気のあるラズベリーですが、ニュージーランドでも夏の間だけに食べられる特別な果物として、ボイズンベリーと共に人気のあるフルーツです。ニュージーランドではラズベリーマフィンなどのデザートに使われることも多くありますが、ケーキにのせたり、そのままラズベリーだけで食べるのがやはり人気で一般的な食べ方だと思います。ベリーランドでも少しの味見程度だけは許されているので、色や大きさを見たり、少し味見をしながらじっくりとベリーピッキングを楽しんでみて下さい。

ベリーピッキング-08.jpeg

<ベリー農園で採れたベリーを使ったアイスクリーム>

様々なベリーピッキングが楽しめるベリー農園の「Berry Lands (ベリーランド)」では、ベリーランドで採れたベリーを使ったアイスクリームを食べることが出来ます。ニュージーランドではこのアイスクリームを「Real fruit ice cream(リアルフルーツアイスクリーム)」と呼び、バニラアイスをベースにしたアイスクリームとフローズンヨーグルトをベースにしたアイスクリームがあります。そして、自分の好きなベリーを混ぜてアイスクリームにしてくれます。夏になると様々なイベントやフェスティバルでも、地元で採れたベリーやフルーツを使ったリアルフルーツアイスクリームを売っているお店が多く出てきますので、アイスクリームの看板や旗をチェックしてみて下さい。寒い日本を少し抜け出し、暖かいニュージーランドで地元のフレッシュなベリーやアイスクリームを楽しんで見てはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
MIKKI
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/21最終更新日:2019/05/31

Views:

ニュージーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.