たびこふれ

【南アフリカ】ケープタウン名物ライオンズヘッドの魅力に迫る!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/30
最終更新日:2018/12/30

Views:

目次

ライオンズヘッドとは

南アフリカを旅するなら、ケープタウンは外せない観光地の一つでしょう。私も初めてケープタウンに訪れた際、町のシンボル的存在であるテーブルマウンテンは、街中から横目で眺めても大きく聳えだち、その迫力に圧倒されたのを覚えています。そのテーブルマウンテンと大西洋、そしてケープタウンの街並みを360度ぐるりと見渡せるパノラマスポットが、「ライオンズヘッド」と言われている丘なのです。ライオンズヘッドの名前の由来は、17世紀に入植したオランダ人が、街の西側に連なる二つの丘をライオンの姿に見立てて名付けたと言われています。そのため、頭の部分を「Lion's Head(ライオンの頭)」お尻の部分を「Lion's Ramp(ライオンの尻)」現在のシグナルヒルと呼んでいます。

ライオンズヘッド山頂へ

ライオンズヘッドの標高は669m。(ちなみにテーブルマウンテンは1086mです。)入り口から山頂までは約1時間から1時間半程度のハイキングコースです。早い人だと約45分くらいと言われています。地元の人にとっては、犬の散歩コースやランニングコースとして日常的な場所とのこと。(ただ、犬を山頂まで連れて行くのはオススメしません。)そう聞くと、歩き始めは、整備されたなだらかな道が続くので、「以外にいけるかも?」と思うでしょう。右を見上げればライオンズヘッドの頂、左を見渡せばキャンプス・ベイを望みながらのトレッキングです。しかし、30分程度進むと、看板が見えてきます。この分岐点は左に進むとなだらかなコース、右は急斜面があるクライミングコースとなっています。看板には「At your own Risk(自己責任)」と書かれていて、少しドキッとします。トレッキングに慣れていない人は、最初は右のなだらかコースでも良いのでは無いでしょうか。右のコースは、後半になると岩場道やハシゴが登場したり、斜面が急な断崖をよじ登る鎖場やロッククライミング並みの難所が待っているので、なかなかスリリングです。また、安全柵などもないので、油断は禁物です。ただ、左ルートよりも近道と言えます。

IMG_2380.jpg

IMG_2378.jpg

眼下に広がる360度の絶景パノラマ

さあ、山頂に着きました。思わず両手を広げて「やったー!」と叫びたくなります。ケープタウンの海と山と街並み全てが揃った景色は、なかなか出会うことも少ないのでは無いでしょうか。ライオンズヘッドの一番の絶景ポイントは、岸壁からせり出した岩場です。そこに座ると、ひんやりとした風が心地よく、360度のパノラマを独り占めすることができます。滑落に注意して、景色を思う存分堪能してください。

IMG_2382.jpg

人々を虜にする魅力とは?!

ライオンズヘッドは、一度登ったら、また登りたくなる場所であると素直に感じれた場所でした。私が登った日は、年齢層も幅広く、赤ちゃんを背負った家族やベビーシッターを連れた家族も訪れていました。どうしてそこまでして、人はここに何度でも訪れるのだろうか。それは、少ししんどいくらいの片道1時間程度のハイキングであり、その達成感の先に待っているのは、柵や隔たりの無い想像を超えた美しく光り輝く絶景が待っている。このバランスの良さなのでは無いでしょうか。そして、トレッキングといえどもアドベンチャーな雰囲気を味わえることが、旅好きにはたまらないと思います。

IMG_2409.jpg

どんな格好で登るのが適しているのか?

①動きやすい身軽な格好(吸湿性の良いものがオススメです。)
②帽子(日差しがとても強いです。)
③軽量の滑りにくい運動靴または登山靴(途中滑りやすい岩場があります。)
④手が空くリュックは小さいもの(鎖場をよじ登る時は思いリュックや鞄は体に負担です)
⑤水(観光客の多い10月から2月にかけてはとても暑いです。また、乾燥しているので、こまめに水分をとってください。)
⑥飴(低血糖対策)
⑦汗拭きタオル(体温調整)

いつでも登れる訳では無い、登る見極めを知ろう!

ケープタウンは海沿いの街なので、海風があります。

風の強い日は、登ると山頂から落下する可能性もあり危険です。風の強さと天候を確認し、夏の季節は、暑くなる前の早朝に登ることをオススメします。ケープタウンを訪れて、風の無い日はライオンズヘッドを登るチャンス。晴れた日は、とてもクリアーな景色を堪能でき、ラッキーな日なのです。また、何度か訪れて慣れて来たら、夕暮れ時もオススメです。上級者になると、満月の日に人気のアクティビティー「フルムーンハイク」に挑戦してみてはいかがでしょうか。月明かりに照らされたケープタウンの夜のドラマチックでロマンチックな街並みを味わうことができます。楽しみ方は人ぞれぞれですが、一度きたら病みつきになること間違いなしの場所と言えます。

IMG_2404.jpg

ライオンズヘッドの基本情報

住所:Lion's Head,Signal Hill,Cape Town,Western Cape
電話:+27ー(0)ー426ー5000(テーブルマウンテン国立公園本部直通)
入場料:無料
アクセス:MyCityバスの106または107号線に乗車、停留所「Kloof Nek」で下車し、看板に従って右折、登山口まで約10分程度
ウェブサイト:lionsheadhike.com

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mia
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/30
最終更新日:2018/12/30

Views:

この記事に関連する記事

南アフリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.