たびこふれ

グルメにショッピングに水上飛行機!カナダ「ビクトリア」の楽しみ方

記事投稿日:2018/12/01最終更新日:2018/12/01

Views:

目次

まずは腹ごしらえ、アフタヌーンティー

フェアモントエンプレス内にある Tea at The Empress 。歴史あるホテル内にあり、訪れてみるだけでもその雰囲気を感じられます。

ちょっとお値段はお高めですが、優雅で特別な時間を過ごすことができます。

①.JPG

ビクトリアの象徴といっても過言ではないフェアモントエンプレス

最初に特別なブレンドが施されたお紅茶がスタンバイ、もちろんおかわり自由です。

②.JPG

上品な香りが漂います

そして、お待ちかねの...3段のアフタヌーンティー♡

③-1.JPG

写真は3人分ですが、ボリューミーな内容です。

下段に焼きたてのスコーン、外側はさっくり、中はしっとりでホイップクリームとよく合います。

③-2.JPG

中段にはサンドイッチやスモークサーモンなどのお食事系が揃います。お口直しにもちょうど良いです。

③-3.JPG

上段にはスイーツ系、どれも甘すぎず、でも濃厚な味わいです。

③-4.JPG

Tea at The Empress

■住所:721 Government St, Victoria, BC V8W 1W5 カナダ
■電話番号:+1 250-389-2727
■ウェブサイト:https://m.fairmont.com/empress-victoria/dining/tea-at-the-empress/
※アフタヌーンティーは事前予約をおすすめします

お腹がいっぱいになったあとは、街を散策してみましょう

ビクトリアには世界で一番小さいといわれるチャイナタウンがあります。

Fan Tan Alley(ファンタンアレー)と呼ばれる通りもあり、人気のスポットとなっています。

④.JPG

雰囲気、あります。

●オリーブオイル専門店 OT&M olive this & more

オリーブオイルやバルサミコ酢など、いろんなフレーバーが揃っていて、その組み合わせは何通りも。試飲しながら選べるので、おみやげにもオススメです。

⑤.JPG

OT&M olive this & more

■住所:6332 METRAL DRIVE, NANAIMO, BC, V9T 2L8, CANADA
■電話番号:+1 250-933-1122
■ウェブサイト:https://www.olivethisandmore.com/

ビクトリアといえば

●Murchie's

ここにしかないお茶屋さん。店内はカフェと併設していて、お茶をすることもできます。スタンダードなお茶の種類からカナダらしいメープルティなどバリエーションに富んでいて見るだけでもおもしろいです。

⑥.JPG

Murchie's

■ウェブサイト:https://www.murchies.com/store/locations

ビクトリアへのアクセス

ビクトリアは日本からも直行便のあるバンクーバーから日帰りで訪れることができます。

バンクーバー⇄ビクトリア間の移動は水上飛行機(ハーバーエア)でアクセスするのがオススメ。ちょっとお値段は高めに感じるかもしれませんが、飛行時間は約45分、一般的な移動で使われるフェリー移動の半分の時間で、且つ遊覧飛行気分も味わえて一石二鳥です。素晴らしい景色とともにお楽しみいただけます。

⑦-1.JPG

水上飛行機なので港に停泊しています。

⑦-2.JPG

中はこんな感じです。

⑦-3.JPG

時間帯によってはサンセットも。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Bicky
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/01最終更新日:2018/12/01

Views:

この記事に関連する記事

カナダのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.