たびこふれ

美食の街「台南」でお祝い料理!おひとり様もOKの老舗へ

記事投稿日:2018/12/24最終更新日:2018/12/24

Views:

美食の街として知られる「台南」に来たからには、ここならではの名物料理をぜひとも味わっておきたいもの。台南に古くから伝わる「辧桌」スタイルとは?新旧がコラボする「錦霞樓」というおすすめ店をご紹介します。

目次

台南あるある「辧桌(バンド)」とは?

Taiwan12-2.JPG

台湾南部の街「台南」は、昔の文化や風習を色濃く残す歴史の街。そんな台南で、よく行われている「辧桌(バンド)」とは、道路の片側半分を封鎖し円卓を並べて行われる、結婚式の披露宴や忘年会などの宴会のことです。北部ではすっかり姿を消してしまたこの風習ですが、台南では日常的なひとコマとして、街のあちこちで目にすることができます。そこで、おもてなしの料理としてふるまわれるのが「辧桌菜(辧桌料理)」。集まった人々は、おしゃべりを楽しみながら、この大皿料理を大勢でつつくのが昔からの習わしです。

おひとり様もOK!大皿メニューを少しづつ

Taiwan12-3.JPG

そんな「辧桌菜」が楽しめるお店としておすすめなのが、「南紡購物中心(南紡ショッピングセンター)」の2階にお店を構える「錦霞樓」というお店。ここは、数多くの著名人が足を運んだことで知られる「辧桌菜」の老舗である「阿霞飯店」の3代目ご主人が、数年前に新しくオープンさせたお店です。披露宴会場としても利用されることもある店内は、広々としていて開放感たっぷり。若い年代の方々にも、伝統的な「辧桌菜」を味わってもらえるよう、お店も味も現代風にアレンジを加えているそうです。 

単品での注文もできますが、ほとんどの人が人数分のコース料理を注文します。前菜、スープ、メイン、デザートなど、それぞれが大皿に盛られ登場するコース料理を、大人数でつつくのが「辧桌」スタイル。ですがここ「錦霞樓」では、800元の單人套餐(一人前コース)と、1500元の雙人套餐(二人前コース)も用意されているので、少人数でも気軽に「辧桌菜」を楽しむことができます。(※10%のサービス料がかかります。)

Taiwan12-4.JPG
(写真は二人前コース)

お目当てはこちら!

「錦霞樓」の名物といえば、「阿霞飯店」からその味を受け継ぐ「紅蟳米糕(カニおこわ)」が有名で、この味を求めてわざわざ台南へやってくるというファンも少なくありません。シイタケ、干し蝦、豚肉、ネギなどの具がたっぷり入ったおこわは、コースの目玉料理。タマゴをたっぷりと抱えたカニを丸ごとのせて蒸されるこのおこわは、いちど食べたら忘れられない味ですよ。

Taiwan12-5.JPG

「錦霞樓」へのアクセス方法

「錦霞樓」は、「南紡購物中心」というショッピングモールの2階にあります。台鉄台南駅からタクシーなら、約10分ほど。バスで向かう場合は、後站(東口)を出て「大學路西段」という道沿いにある「香格里拉飯店」バス停から77番バスに乗り「南紡購物中心」、もしくは「南紡購物中心(東光路)」で下車し、徒歩すぐです。

※台南駅のバス乗り場は、ロータリーのある方ではないのでお間違いなく!

また、台南の公共レンタサイクルとして運営が始まった「T-Bike」を利用する手段もあります。乗り方や使い方はこちらをご覧ください。

台南版公共レンタサイクル「T-Bike」

台南を訪れる際は、長年受け継がれる「辧桌菜」をぜひ堪能してみてくださいね。

錦霞樓

住所:台南市東區中華東路一段366號2F
電話:(06)300-6789
時間:11:00~14:00、17:00~21:00
公式サイト:http://jinxia.ezsale.tw 

プロフィール画像
この記事を書いた人
ロータス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/24最終更新日:2018/12/24

Views:

この記事に関連する記事

台湾のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.