たびこふれ

北斎や和のデザインが人気!ストックホルムのユニクロ1号店

記事投稿日:2018/11/28最終更新日:2018/11/28

Views:

8月下旬に、待ちに待ったユニクロ北欧初出店でスウェーデン第1号店、ユニクロ クングストラッドゴーダン(Kungsträdgården)店がオープン!売り場面積約1,580平方メートル、地下1階、地上3階建ての4フロアという大型店ということもあり、スウェーデンのメディアでも話題になりました。

目次

便利な立地に堂々オープン!

●DSC_0668.JPG

ユニクロがオープンしたのはストックホルム中心部にある市民の憩いの場として知られている王立公園(Kungsträdgården)に隣接し、周囲には高級デパートのNKをはじめ、H&M、そしてLindexなどスウェーデンを代表するファッションブランド店があります。

DSC_0872.JPG

日本発祥のブランドと忘れるほどストックホルムの街並みにも馴染んでいます。オープン後数日は店の外、王立公園側にまで長蛇の列が出来てしまうほどの盛況ぶりだったストックホルムのユニクロ。

オープンセールが大盛況

DSC_0873.JPG

店内に入ってみると、さっそく目に入ってきたのが大型スクリーン。東京の様々な場所の日常風景が映し出されています。ユニクロが日本発祥と知らない人でも日本の東京ってこんな街なのか、と興味を持ってもらえるきっかけになりそうです。

DSC_0876.JPG

6.JPG

混雑した店内には犬を連れて買い物を楽しむ人の姿も!吠えることなくお行儀よく飼い主の買い物に付き合っている姿が微笑ましく思わずパチリ。誰でも気軽に入れる雰囲気もユニクロストックホルムの魅力です(笑)。

北斎や和風シリーズが人気

DSC_0877.JPG

オープン記念で割引商品が多かったことで店内は初売りのような賑わいに。ラーメンTシャツも149kr(日本円で約1,900円)と、物価の高いスウェーデンにしてはお手頃な価格で販売されていました。

DSC_0878.JPG

価格は日本で買うよりも若干高めな印象でしたがヒートテックも各種豊富な品揃えで売られていました。スウェーデンの冬の強い味方になること間違いなし!!!

DSC_0880.JPG

北斎が大人気のスウェーデン。日本人の視点から見ても着易くてスタイリッシュなユニクロのTシャツ。派手すぎない控えめな色合いを好むスウェーデン人にも相性抜群。やはり北斎シリーズは現地でも人気のようです。

DSC_0879.JPG

スウェーデンファッションブランドの場合、デザインやカラーバリエーションが少ないことが多いのですが、ユニクロの高品質で豊富な種類、そしてお手頃価格でスウェーデン人の心を掴んだ様子。

レジまで長蛇の列!

DSC_0881.JPG

混雑した売り場を抜けて会計へ向かうと、レジまでも長ーい長蛇の列が。首都ストックホルムとはいえ、人口が少ないスウェーデンのデパートでは珍しい光景です。

人気デザイナーが手掛けたこだわりの紙袋♪

DSC_0886.JPG

個人的に気に入ったのがとても可愛らしいユニクロの紙袋。青、緑、オレンジと種類があるのですが紙袋を持って歩く人がストックホルムで一際目立って見えました。

この紙袋は、日本の雑貨やIKEAのデザインも手掛ける、スウェーデンの人々に人気のグラフィックデザイナー、ロッタ・キュールホルン(Lotta Kuhlhorn)さんが手がけたものだそう。

旅行者や現地在住日本人にとって馴染み深い日本のお店を海外で見つけると安心感があるもの。ストックホルムの冬、日本からヒートテック持ってくるのを忘れてもこれからは心配無用ですよ!

北欧の寒い冬に欠かせないフリースやヒートテックにスウェーデン人がどう反応するのか楽しみです。

UNIQLO Kungsträdgården

住所:Hamngatan 27, Stockholm, Sweden
時間:月~金曜10~20時、土曜10~19時、日曜11~19時
HP:https://www.uniqlo.com/eu/en/pages/stockholm/

プロフィール画像
この記事を書いた人
KANAE.T
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/11/28最終更新日:2018/11/28

Views:

スウェーデンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.