たびこふれ

変化に富んだ景色が楽しめる!アメリカ・カリフォルニア州「アンザ・ボレゴ砂漠州立公園」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/31
最終更新日:2018/10/31

Views:

ロサンゼルスから南へ車で3時間ほど。メキシコとの国境の町でトップガンのロケ地としても有名なサンディエゴの内陸にある砂漠地帯の州立公園「アンザ・ボレゴ砂漠州立公園」。カリフォルニア州に100以上ある州立公園の中でも1番の広さを誇る、スペイン語の「羊」という意味を持つ公園で、その広大な敷地の中には、ヤシの木が生い立つオアシス、狭い渓谷、ワイルドフラワーが開花する場所など、変化に富んだ景色が楽しめます。

目次

プライベート感覚で大自然が堪能できるキャンプサイト

ゲートの町「ボレゴスプリング」には、モーテルやホテル、RVパークが数カ所あります。ここで宿泊して公園を楽しむのもよいでしょう。こぢんまりとした町ですがレストランやスーパーもあります。ただし、ディープに自然を堪能したいのなら、ボレゴパームキャニオンキャンプ場がおすすめです。

2.jpg

ここは、フルフックアップ(水・電気・ダンプ付き)のキャンプサイトとテントサイトが100以上あり、他の州立公園よりも1サイトが広め。特に、テントサイトは場所によっては隣のサイトがみえないほど!かなりプライベート感が楽しめますが、夜は真っ暗になるためライトは多めに持参したほうがよいでしょう。

キャンピングカーでいかなくとも清潔なトイレやシャワー室があり、施設は充実しています。アメリカでは焚火が禁止されているキャンプ場もありますが、ここは大丈夫です。焚火をしながら、満天の星空を観測できます。

3.jpg

「羊」感を感じるなら夕日スポット「フォントビュー」へ

240,000 ヘクタール以上ある公園内には、多くのビューポイントやトレイルが点在しますが、そこへ行く道のりのほとんどは舗装されておらず、4WDの車でしか行けない場所も多々あります。そのひとつフォントビューポイントは、アンザボレゴ砂漠が一望できる人気ビュースポット。ひらけた場所なので夕日もきれいに見られます。

4.jpg

ゆっくり、日が沈むさまを見たいのなら、折り畳みチェアーを持参するとよいでしょう。今でもまだ浸食が進んでおり、名前の由来となる「羊」のようなモコモコとした地質が楽しめます。

5.jpg

トレイルなら「ザ・スロット」と「ボレゴパームキャニオン」がおすすめ

長距離のトレイルは少ないですが、変化に富んだユニークなトレイルがたくさんあります。特におすすめは、太っている人は通れないほど狭い、岩に囲まれた道を進む「ザ・スロット」と、砂漠の中に突如現れるヤシの木を目指す「ボレゴパームキャニオン」のトレイル。距離はありませんが、砂漠地帯なので歩く場合はかならず水を多めに持参しましょう。

6.jpg

7.jpg

春はワイルドフラワーが開花し、茶色い大地がカラフルな色に染まります。このシーズンが1番人が賑わうため、キャンプ場は早めに予約をしましょう。

キャンプファイヤーにはスモアグッズ!

アメリカのキャンプの定番スモア。普段甘いものをあまり食べない人でも焚火で焦げるマシュマロのにおいを嗅ぐとついつい食べたくなるもの。アメリカではスモア専用のステックが販売しています。ステックが無くとも、近くで程よい細さの枝を探して、洗えばりっぱなスモアステック!

8.jpg

周辺にはインスタ映えスポットがたくさん!

拠点の町「ボレゴスプリング」はアートの町としても有名です。町の中はもちろん、砂漠地帯に突如現れる恐竜やドラゴンの彫刻は見るものを魅了します。

9.jpg

また、車で1時間30分ほどの場所には、映画や音楽のPVの撮影地としても有名なサルベーションマウンテンがあります。

10.jpg

施設情報

Anza Borrego Desert SP Visitor Center

■住所:300 Palm Canyon Dr, Borrego Springs, CA 92004
■電話番号:(760) 767-4205

プロフィール画像
この記事を書いた人
舟津カナ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/31
最終更新日:2018/10/31

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.