たびこふれ

リピーター必見!沖縄県南部【南城市】がアツい! 地元民おすすめのマニアックすぎる観光スポット

記事投稿日:2018/10/29最終更新日:2019/03/11

Views:

美ら海水族館、国際通り、首里城...沖縄にはたくさんの観光名所があります。綺麗すぎる海と常夏の風に魅了されリピーターが多いのも沖縄の特徴。安くて行きやすい沖縄県、ビーチも観光名所も一通り行きつくしてしまったなあと思っている方も多いのではないのでしょうか。本日はそんな方々に向けて、那覇から1時間以内で行ける「南城(なんじょう)市」をご案内します。世界遺産やビーチで有名な南城市ですが、今回は筆者が実際に訪れてハマった鋭角な観光スポットや1番おすすめしたいカフェレストランについてもご紹介します。

目次

自然のパワーみなぎる世界遺産「斎場御嶽」

IMG_5994.jpg

斎場御嶽(せいふぁうたき)は、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の1部として2000年に世界遺産に登録されました。御嶽(うたき)とは、南西諸島に広く分布している聖地の総称です。なかでも斎場御嶽は、沖縄の元となる琉球王国の創世神アマミキヨが作ったと琉球王国最高の聖地だと言われています。斎場御嶽には6つのイビ(神域)があり、それらのイビには現在もお祈りに来る方々がいます。斎場御嶽内はうっそうとした自然の一方で、歩道が整備されているため歩きやすい靴であれば難なく見学することができます。見学の際には公式のガイドさんと一緒に回ることをおすすめ。斎場御嶽にまつわる歴史や信仰、伝説など興味深い話をたくさん聞くことができ、斎場御嶽をより堪能することができます。また、斎場御嶽は祈りの場ですのでいくつかの決まり事もありますので、少し事前リサーチをしていきましょう。

IMG_5995.jpg

神の島・久高島を遠望できる斎場御嶽。神聖な中には当たり前の生命や当たり前の森が存在しています。日常と非日常の狭間にある斎場御嶽。沖縄独特の湿気や鳥の鳴き声の隙間から感じられる密度の高い信仰の空気体感してください。

斎場御嶽

■住所:〒901-1511沖縄県南城市知念字久手堅地内
■電話番号:098-949-1899
■ウェブサイト:http://okinawa-nanjo.jp/sefa/
■チケット代金:大人300円/子ども150円 (チケット販売は南城市地域物産館内)

海に向かって飛んでいくような絶景「ニライカナイ橋」

IMG_6268.jpg
<©沖縄観光コンベンションビューロー>

南城市知念の国道331号線を走っていくと見えてくる「ニライカナイ橋」。ニライカナイ橋の頂上付近にあるトンネルの上には展望台が設置されており、海と空、大きくカーブをしたニライカナイ橋の全景をみることができます。このニライカナイ橋について、地元の人は「ここは知念(南城)を紹介するときには必ず来るのよ、みんな絶対喜んでくれるから」と誇らしそうに話していました。私のおすすめビューはトンネル側から下っていく際に見えるニライカナイ橋からの景色です。時間は午後がおすすめ。午前中は海面が太陽の光を反射してしまい、ベストの景色ではありません。太陽を背にして綺麗に海の中まで見える午後を狙ってください。

IMG_6269.jpg
<©沖縄観光コンベンションビューロー>

ニライカナイとは、沖縄地方で海のかなたや海底にあると信じられる理想郷のこと。透き通った海の底に見えるサンゴ群、広大な空、車の窓から入ってくる常夏の風、左に大きく曲がるカーブから見える景色はまさにニライカナイ。海に向かって飛んでいるような、海の上を走っているような錯覚に陥ります。橋の走行中は駐停車することは出来ないので、ぜひ安全運転で絶景を楽しんでください。

ニライカナイ橋

■住所:沖縄県南城市知念字知念

沖縄魚がずらり!ちょっぴり早起きして漁港へいこう「競り見学」

IMG_5996.jpg

私が南城市を訪れた時は民宿海野(うみの)に宿泊しました。競り(せり)が見られると教えてくれたのは民宿のお母さん。競りが行われるのは民宿海野からほど近い海野漁港。日曜を除いて毎朝9時から知念市場の競りを一般の観光客もみることができます。間近で地元仲買人さんの競りをみるのは迫力満点。沖縄ならではの色鮮やかな魚や、ずらりとならぶマグロやカジキは圧巻。タイミングがよければ毎月第3日曜日に開催されているウミンチュとれとれ朝市!で競りに参加してみるのも面白いと思います。

心地いい海の音に誘われるちょっぴり早い朝。1度体感すれば癖になる鋭角な観光スポット。きっとあなたも知念市場の競り見学にハマっちゃいます。

海野漁港

沖縄素材たっぷりのおすすめレストラン「be natural」

IMG_5990.jpg

今回ピックアップする南城のカフェレストランは、見て美しい、食べて美味しい「be natural」。大通りに面し、緑に囲まれた古民家風のお店。店内はこじんまりとしていながらも自然の光が差し込み、優しくて柔らかい空気が流れています。小学校で使われていたという椅子や、店主自身が仕入れたアンティークや一点物の机など癒される空間づくりには抜かりがありません。

IMG_5987.jpg

お料理には地元野菜がふんだんに使用されており、お魚は店主が毎朝市場に出向き直接仕入れています。机に並ぶ彩り豊かなお料理はもちろん、こちらのお店のおすすめは店内で売られているジャムや小物、店主こだわりの素材で作られたケーキなどのお土産品です。空港や土産物店では買えない、沖縄素材でできた今までとはちょっと違う沖縄土産はいかがでしょうか。

IMG_5992.jpg

住民の暮らしをふんわりと感じるカフェレストラン「be natural」。沖縄素材でお腹が満たされたらいざ、次なる旅の行き先を決めましょう。

※be natural は2017年4月に下記住所へ移転しました。文中の外観についての情報や店内写真・料理は、筆者が訪れた2016年6月当時のものです。ご了承ください。

be natural

■住所:沖縄県南城市佐敷字佐敷138-1
■電話番号:098-947-6203
■ウェブサイト:http://benatural.sunnyday.jp/
■営業時間:11時30分~20時30分
■休業日:火・水(祝祭日は営業)

IMG_7466.jpeg

最後に

いかがでしたでしょうか。那覇からたったの1時間足らずでぐっと住民寄りの沖縄の顔を見ることができます。沖縄観光の新たな一歩はぜひ南城市から始めてみませんか。

南城市にはまだまだおすすめのお食事処があります。次回は、be naturalを含む南城市おすすめ店5店をご紹介します。

【沖縄ひとくちメモ】

日本でビーチリゾートを楽しむなら、やっぱり沖縄。あの青く透き通った海の美しさは、本州ではなかなか味わえないことでしょう。ダイビングなどのマリンスポーツに、マングローブのカヤックなど、アクティビティが充実している他、レンタカーを借りて美しい海岸沿いをドライブするのも気持ち良いですね。また、沖縄そばやゴーヤチャンプルーなどのグルメや、国際通りでのショッピングも楽しみのひとつ。さらには、石垣島や竹富島といった離島に行くのも特別感を味わえて素敵ですね。海に入れるベストシーズンはもちろんのこと、少し涼しくなったオフシーズンは安く旅行できるのでこちらもオススメですよ。

<日数と費用>(関東発目安)
●旅行日数:2~5日間
●ツアー費用:約12,000円~約220,000円

沖縄のツアーはたくさんあります。まずはどんなツアーがあるか探してみてはいかがでしょうか?

>>>沖縄のツアーを探す(外部サイトへリンクします)

プロフィール画像
この記事を書いた人
Is-land
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/29最終更新日:2019/03/11

Views:

この記事に関連する記事

沖縄のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.