たびこふれ

幻想的な光が町を彩る-冬の南イタリア・サレルノで開催される「ルーチ・ダルティスタ」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/07
最終更新日:2018/10/07

Views:

南イタリアのサレルノでは、毎年11月~1月頃まで光のイベント「ルーチ・ダルティスタ」が開催されます。これは町全体が会場となる大規模なイルミネーションイベントで、至る所にそれぞれコンセプトが異なるイルミネーションが施されます。

メインとなるイルミネーションは、教会や広場・大通りなどに設置されており、イルミネーションを見ながら町歩きも楽しめるようになっています。ルーチ・ダルティスタは年々知名度が上がり、今ではイタリア国内やヨーロッパ中から人々が訪れるようになりました。

そんな人気イベントの概要と見所、町のアクセスなどをご紹介します。

目次

冬のサレルノで開催するルーチ・ダルティスタとは?

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-01.jpg

冬季にサレルノやアマルフィ海岸近郊を訪れるなら見逃せないイルミネーションイベントが「ルーチ・ダルティスタ」。イタリア語で「アーティストの光」を意味します。名前の通り、町の中心となる広場や大通りなどに様々なイルミネーションが灯される大規模なイベント。

クリスマスの雰囲気と一緒に、幻想的に照らされたこの時期ならではのイルミネーション作品を鑑賞できます。

開催地のサレルノ(Salerno)について

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-02.jpg

ルーチ・ダルティスタの詳細の前に、開催地であるサレルノについて少しご紹介しましょう。サレルノは南イタリアのカンパニア州に位置し、ナポリに次ぐ大きな湾岸都市でもあります。

世界一美しい海岸と名高い「アマルフィ海岸」も、実はサレルノの西40kmに及ぶ海岸線の総称。アマルフィやポジターノなどの有名観光地もサレルノ県に含まれています。

町は観光地化され過ぎておらず、物価が安いのも嬉しいポイントです。またサレルノは治安が良く、ルーチ・ダルティスタなどの夜の散策も安心して過ごせます。

※ライター註:遅い時間の女性の一人歩きや持ち物に注意するなど、旅行先での最低限の注意は必要です。

ルーチ・ダルティスタの見所

ルーチ・ダルティスタは町のあちこちにイルミネーションが設置されます。では、初めて行くのであればどのスポットを見て行けばいいのでしょうか? 特に見どころとなる主要なスポットについてご紹介しましょう。

ヴィッラ・コムナーレ(Villa Comunale)

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-03.jpg

メイン会場の一つである、大きな公園「ヴィッラ・コムナーレ」。芝生や木の上、噴水の中など、公園の様々なスペースを使ってたくさんのイルミネーションが設置されています。子供から大人まで楽しめる賑やかな空間で、週末は歩けないほどたくさんの人でごった返すことも珍しくありません。

フラヴィオ・ジョイア広場(Piazza Flavio Gioia)

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-04.jpg

ヴィッラ・コムナーレとともに、もう一つのメイン会場である「フラヴィオ・ジョイア広場」。半円形に建物が取り囲うようになった広場で、天井一面が星空のような無数のライトで照らされる光景は圧巻です。

30メートルの巨大クリスマスツリー

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-05.jpg

サレルノの旧市街と新市街の間にある、ポルタノーヴァ広場(Piazza Portanova)。この広場に建てられるのが約30mのクリスマスツリー。 きらびやかに輝くツリーの周りには、いつも写真やビデオを撮る人でいっぱいです。

※2017年時点では、12月2日からの点灯となっていました。

神秘的なドゥオモのイルミネーション(Duomo di Salerno)

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-06.jpg

サレルノの旧市街地に位置するドゥオモ(大聖堂)。ライトアップされたドゥオモとライトの装飾がとてもロマンティック。他の会場とは少し趣が異なる、神聖でクリスマスらしいイルミネーションです。

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-07.jpg

ドゥオモ内には、美しいモザイクが素晴らしい保存状態で残されていることでも有名。説教台や教会内を飾るモザイクがほぼ原型の姿で残されています。期間中は、夜間もイベントなどで開館している日があるので、ぜひ中も覗いてみてください。

ルーチ・ダルティスタの開催期間やテーマについて

最後に、これからルーチ・ダルティスタに行ってみよう!と思う方に知って欲しい、開催期間やイルミネーションのテーマ、会場へのアクセスについて解説します。

開催期間

開催期間は年によって少し日程が前後しますが、大体11月から翌年の1月頃まで。2017年の開催は2017年11月11日から2018年1月21日まででした。

サレルノで初めてルーチ・ダルティスタが開催されてから、2017年で12年目。2016年の来場者数は約150万人を記録し、今ではサレルノや他の町の人々にとってクリスマスシーズンに欠かせない冬のイベントの一つとなっています。

テーマは毎年変わる

イルミネーションは年ごとにテーマが変わり、公園や遊歩道など各スポットでそれぞれテーマに沿った飾りつけがされています。なお、2017-2018年のテーマは「動物園」でした。公園や広場に、動物や海の生物などが明るく灯されます。

町全体がイベント会場となっているので、散策すればすぐに至る所でイルミネーションを見ることができます。この時期のサレルノは、どこを撮ってもフォトジェニック。どの会場も撮影OKなので、いくつかあるメイン会場を見逃さないようにしましょう!

この記事でご紹介した場所は、公式サイトのマップでも確認できます。
http://www.livesalerno.com/luci-d-artista/themes-maps
※一番下の項目「The themed map of Luci d'Artista Salerno」からダウンロードできます。

会場へのアクセス

日本では知名度の低いサレルノですが、ローマやナポリからの直行便があり、アマルフィなどのフェリーも運行しているため、有名な観光地からのアクセスがとても便利です。南イタリア旅の拠点にもおすすめですよ。

  • ローマから:電車で約2時間
  • ナポリから:電車またはバスで約40分
  • アマルフィから:フェリーで約35分、バスで約1時間15分

冬の新たな観光名所を見に行こう!

冬-サレルノ-ルーチダルティスタ-08.jpg

南イタリアといえば夏のリゾート地のイメージも強いのですが、イタリアやヨーロッパでは冬の名物として定着しているルーチ・ダルティスタ。日本人にはまだあまり知られていない冬の観光名所を、一足先に訪れてみませんか?

撮影:La luce del Sud

ルーチ・ダルティスタ開催エリア付近(参考:Googleマップ)

この記事と一緒に読みたい関連記事

旅行前に知っておきたい!南イタリアの季節別イベント情報(年間カレンダー付)

【レポート】ポンペイ遺跡で造られたワインの再現に成功したワイナリーとは?カンパーニャ州を代表する老舗「マストロベラルディーノ」へ行ってきました。

読んでおけば安心!海路で行く「青の洞窟」ガイド:行き方や入れる確率もご紹介

プロフィール画像
この記事を書いた人
La luce del Sud
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/07
最終更新日:2018/10/07

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.