たびこふれ

山梨旅行に行くなら!甲府のおすすめホテル&河口湖周辺で立ち寄りたいお店

記事投稿日:2018/09/23最終更新日:2021/12/29

Views:

ほうとう

山梨県に行って参りました!今回は、甲府にあるおすすめのホテルと、河口湖の近くでお食事と、買い物が楽しめるスポットをご紹介いたします。

目次

あの名湯で贅沢なひと時を。甲府記念日ホテル

まずはじめにご紹介するのが、「甲府記念日ホテル」。

甲府記念日ホテル外観

およそ1200年前に弘法大師により発見されたという伝説があり、戦国時代には武田信玄公の隠し湯だったとも語り継がれる名湯「湯村温泉」。こちらのホテルでは、写真のようにその名湯を贅沢に湛えた大浴場や桧の露天風呂も完備しており、ゆったりお過ごしいただけます。

お風呂

また、ロビーやお部屋なども綺麗に整備されており、さらに天気がいい日は部屋によっては富士山を眺めることができます!

夕食は和食膳をご賞味いただけます。今回、先付で提供された「新銀杏湯葉かけ 梅貝 旨出しあん」は美味しいの一言!(メニューは当日の仕入等によって変更となります)

夕食

東京からも車で約2時間。山梨県甲府市のリゾートホテル「甲府記念日ホテル」で、景色・食・温泉・おもてなしを是非体感ください。

甲府記念日ホテル 基本情報

>>>湯村温泉 甲府記念日ホテルの情報を【一休.com】で詳しく見てみる
>>>湯村温泉 甲府記念日ホテルの情報を【じゃらん】で詳しく見てみる

ショッピング&お食事を楽しむなら「印傳館 山澄園(いんでんかん やまずみえん)」

河口湖のほとりに佇む「印傳館 山澄園(いんでんかん やまずみえん)」。

こちらの1階は世界で唯一の甲州印傳の専門店。店内は甲州印傳の商品がずらりと並び、小物からバッグ等の高額商品まで取り扱っています。

「印傅(いんでん)」とは、四百余年の伝統を誇る鹿革芸術品。その名の起こりは、印度傅来(いんどでんらい)を略して印傅(いんでん)となったと伝えられており、その技法は、遠く奈良時代に作られた文庫箱などにも活用されておりました。その確かな技術で、戦国武将たちの鎧や兜などをきらびやかに飾りました。

こちらでお気に入りの品や、お土産を探してみてはいかがでしょうか。

印傳館 山澄園

また、2階はレストランになっており、山梨名物ほうとう鍋をいただくことができます。消化も良く栄養価も高いことから武田信玄も戦時食としたといわれ、今では山梨の郷土食として受け継がれている、ほうとう鍋。山梨に来た際にはぜひご賞味ください!

山澄園ほうとう鍋

印傳館 山澄園(いんでんかん やまずみえん)

  • 施設名:印傳館 山澄園(いんでんかん やまずみえん)
  • 住所:〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津72
  • TEL:0555-72-0132
  • 営業時間:8:00~18:00
  • HP:印傳館 山澄園

最後に

いかがでしたでしょうか?温泉に、グルメに、伝統品・・・魅力いっぱいの山梨県。是非山梨旅行の際に、参考にしてみてください!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
パパイヤ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/09/23最終更新日:2021/12/29

Views:

山梨のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.