たびこふれ

シリヤラインで行く!ストックホルム→ヘルシンキ船の旅

記事投稿日:2018/09/30最終更新日:2021/05/24

Views:

ストックホルム発着のバルト海クルーズといえば、ヴァイキングライン(Viking Line)・シリヤライン(Silja Line)・タリンク(Tallink)・ビルカクルーズ(Birka Cruises)などがありますが、今回はシリヤラインの船内の様子を紹介します。

目次

乗船しいざ出発

①.JPG

ストックホルム中央駅からGärdet(ヤーデット)駅まで地下鉄で約10分。そこから船着場「Värtaterminalen(ヴェッタタルミナーレン)」の標識に沿って約15分歩いて港へ到着。

②.JPG

自動発券機で予約番号等を入力しチェックイン、往復のチケットを発券。船への乗船は当日でもカウンターにて購入可能ですが割高になるので事前予約がおすすめです。

3.JPG

フィンランドの国旗のような白と青の船体にアザラシのマークがシリヤラインのシンボル。間近で見る船体は迫力がありました。始めて乗るシリヤラインはどんな船旅になるのでしょうか。

空港のような広々とした船内

4.JPG

今回利用したのはシリヤラインのセレナーデ号。ストックホルム⇔ヘルシンキ間を運航する船の中でも最も大きな豪華客船。ストックホルムを夕方16時45分に出発、翌日の9時55分(現地時間)にヘルシンキ到着予定の約17時間の長い船旅です。

5.JPG

ご覧ください!7階のまるで空港のような開放感溢れる142mの吹き抜け式プロメナード。

6.JPG

部屋はゆったり過ごせる11階のデラックスルーム&夕食・朝食付きプランを予約。ヘアドライヤーも付いており、バスタオルや歯磨きなどのアメニティーもあり快適に過ごすことが出来ました。ちなみに、部屋の冷蔵庫にあるミネラルウォーター(炭酸水)やアルコール類などの飲み物は全て無料です。

7.JPG

夕食の時間まで船内を探索!屋上デッキには深夜まで営業しているバーをはじめ、小さな子ども向けプレイコーナーもあり子供から大人まで絶景を見ながら思い思いに過ごすことが出来ます。

おすすめはビュッフェ!充実した船内での食事

8.JPG

船内探索の後は待ちに待ったディナータイム。ビュッフェ会場は入り口に長い列が出来るほど多くの人!!肉料理から北欧ならではの魚料理、イタリアンなど日本人の口に合うものばかり。食事もさることながら デザートもとても美味しかったのが印象的でした。

9.JPG

朝食ビュッフェも大満足。北欧ならではの新鮮なサーモンやチーズなど種類が豊富でホテル並みの充実した朝食タイムを満喫しました。

19.JPG

夕食と朝食は事前予約がおすすめですが、船内には事前予約が無くても利用出来るカフェや深夜までオープンしているレストランもあるので、その日の気分で決めることも可能。

日本語サービスもあり安心

10.JPG

シリヤライン船内は英語・スウェーデン語・フィンランド語に加え中国語・韓国語・日本語のパンフレットや日本語のアナウンスもあり。そのうえ 夏の間は日本人スタッフが乗船とのことで個人旅行でも安心して船旅を楽しむことが出来ます。

船上サウナ・スパ施設で心身リラックス

部屋の種類によっては別料金ですが、シリヤラインではサウナ・スパ施設「サンフラワー・オアシス」、そしてビューティーサロンが利用できるので雨の日でも船上での極上タイムを堪能出来ますよ!

品揃えが超豊富!広々とした免税店

12.JPG

こちらは6階にある免税店。空港の免税店並みの広さと品揃えを誇り お土産探しに最適!

11.JPG

世界的に大人気のマリメッコやムーミングッズも現地よりも安く買えるのはシリヤラインならでは。ちなみに各ショップでの支払いはクレジットカードが便利ですが、スウェーデンクローナ、ユーロ両方での支払いが可能。船内にATMもあるのでとても便利です。

子供から大人まで楽しめる船上エンターテインメント

13.JPG

夕食や買い物をたっぷり満喫した後はライブステージでエンターテインメントを観賞。子供から大人まで楽しめるマジックショーが行われていました。

ムーミンディスコなど子供向けプログラムも!

14.JPG

お次は子ども向けの「ムーミンディスコ」。ムーミンと一緒に体を動かし大人もとても楽しそうでした!この後はムーミンやミイとの記念撮影タイムも行われ、ムーミンは世界中の子供達から大人気。

ちなみにシリヤライン船内にはスタッフが常駐しているキッズフロア「Silja Land」もあり子供達が楽しめるアクティビティや設備も充実。

20.JPG

ライブステージから飛び出し、プロメナードでもマジックショーが行われており、行き交う人は興味深々。

16.JPG

夜も更けてきた頃、船内の人気クラブラウンジ「New York」では飛び入り参加のカラオケ大会が開催されていました。

17.JPG

18.JPG

この夜1番盛り上がっていた会場が、カジノライブステージで開催されていたダンスショー。妖艶なパフォーマンスに酔いしれました。

15.JPG

時間を忘れて船内のオールナイトエンターテイメントを楽しんでいると朝方になっていましたー。楽しい時間はあっという間に流れ、下船するのが名残り惜しくなるほど充実した時間を過ごすことが出来ました。

翌朝ヘルシンキへ到着

21.JPG

ヘルシンキには一夜明けて到着。意外かもしれませんが、実はスウェーデンとフィンランド間は時差が1時間あるので(フィンランドが1時間進んでいる)ヘルシンキに着く前の船内で時計の針を1時間早めて置くことをおすすめします。

・シリヤラインホームぺージ(日本語):https://www.tallinksilja.com/ja/japanese

※編集部註:本記事は2018年9月に公開しましたが、2021年5月に修正いたしました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
KANAE.T
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/09/30最終更新日:2021/05/24

Views:

スウェーデンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.