たびこふれ

日本人にも馴染みやすいポルトガルの郷土料理3選

記事投稿日:2018/07/24最終更新日:2018/07/24

Views:

ポルトガルはイベリア半島に位置するヨーロッパ最西端の国です。ポルトガルの食文化は、かつての植民地時代の多種多様な食材が取り入れられております。今回は、そんなポルトガルの3つの郷土料理をご紹介いたします。

<目次>

1. パステル・デ・ナタ

ポルトガルを代表するスイーツといえば、「エッグタルト」!ポルトガル語では、「パステル・デ・ナタ」と言います。エッグタルトは大航海時代の栄華を称えて建設されたジェロニモス修道院の修道女たちによって作られたのが始まりと言われています。サクサクのパイ生地にとろ~りカスタードが病み付きになること間違いなし!!

egg tart.JPG

2. カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンデジャーナ

ポルトガル、特にアレンテージョ地方の郷土料理と言えば、「豚とあさりの炒め物」!ホクホクのジャガイモにジューシーな豚肉、あさりの深い味わいが口の中に広がります!ポルトガル語では、「カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンデジャーナ」と言います。

この豚とあさりの炒め物はその昔、アレンテージョ地方に出稼ぎに来ていた人々が、地元の料理が恋しくなり、どうすれば故郷の味をいつでも楽しめるかと思いをめぐらせていました。そこで、故郷でよく食べており、塩水につけておけば日持ちする"あさり"とアレンテージョ地方でよく食べられる"豚肉"を炒めたのが始まりと言われています。

pork and clams.JPG

3. バカリャウ

「バカリャウ」とは、干しダラのことで、ポルトガルでよく食べられる伝統料理です。ポルトガル以外でも、スペインやタラのたくさん取れる北欧諸国でも楽しまれています。

塩漬けにしたその調理法から、中世より保存食として親しまれてきましたが、現在ではバカリャウを使った料理のレパートリーは365種類以上あるとも言われていて、1年間毎日違うバカリャウ料理を楽しめるというほど、ポルトガル国民には親しまれています。

写真は、バカリャウとジャガイモを卵とじした「バカリャウブラス」!塩味の利いたバカリャウと少し硬めにゆでたジャガイモのサクサクした歯ごたえ、そして濃厚な卵が織り成すハーモニーは絶品です!!

bacalhau.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
たまごちゃん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/07/24最終更新日:2018/07/24

Views:

ポルトガルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.