たびこふれ

ワナカの街から行くニュージーランドの秘境「ブループール」

記事投稿日:2018/07/15最終更新日:2018/07/15

Views:

ニュージーランドには存在さえあまり知られていない、とっておきのスポットが各地に存在しています。その中のひとつ、透き通ったクリスタルブルーの川「ブループール」は、手つかずの自然が作り出したニュージーランドの秘境です。

目次

ワナカの街

IMG_20180309_143539.jpg

ブループールは南島ワナカの街から、ウエストコースト方面へ1時間ほど車で走った所にあります。カードローナやトレブルコーンなど有名なスキー場の拠点となるワナカは、スノーボーダーの街というイメージが強いですが、春から夏にかけて咲くラベンダー、夏のワナカ湖、秋の紅葉、と一年を通して清々しい景色を味わうことができる綺麗な街です。写真はよく絵葉書にもなっているワナカ湖の中に生える一本の木です。

ブループールへのアクセス

ブループールへの入り口はMakaroraという小さな街を過ぎたあたりの国道6号線沿いにあります。しっかり注意していないと見落としてしまいそうな看板と小さな駐車場が目印です。駐車場からブループールまでのウォーキングコースは片道15分と無理なく歩ける距離で、道も整備されているのでトレッキングシューズを履いていなくても気軽に歩けます。

ウエストコーストの原生林

IMG_20180427_124719.jpg

コースのはじめは森の中を歩きます。野鳥の声が響くウエストコースト特有の温帯雨林の鬱蒼とした森には苔むした木々がそびえ、先住民族マオリの神話に出てくる神様達に出会えそうな神々しい雰囲気が漂っています。そして、なかなか間近で見ることができないニュージーランド固有種の野鳥「Tui」に出会えることもあるそうです。ちなみにこのTuiはニュージーランドの定番ビールの名前になっているので、ニュージーランドではおなじみの鳥です。

いよいよブループールへ

IMG_20180427_130631.jpg

森を抜けるとつり橋が見えてきます。そして、そのつり橋の上から川をのぞき込むと本当に綺麗な青い水。私が訪れた時は雨が降っていたので、水面に雨が落ちて川の底までは見えませんでしたが、水の色は鮮やかなクリスタルブルーでした。晴れた日は川の底が見えるほど透き通っていて、水の色ももっとクリアな青い色をしているのでちょっと残念でしたが、雨の日でも十分綺麗でした。

IMG_20180427_130530.jpg

ブループールという名前なので、池のようなものを想像してしまいますが実際は川です。ちょうど橋の下あたりが深い溜まりになっているので、プールという名前がついたのだと思います。夏にはこの溜まりに飛び込んで遊ぶ人たちもいるのだとか。こんな綺麗な川で川遊びなんて贅沢ですね。

サンドフライに注意!

IMG_20180427_130404.jpg

川沿いを少し歩くと石が積み重ねられた河原があり不思議な雰囲気が漂っています。そして、ここで注意してほしいのが「サンドフライ!」ニュージーランドの至る所に現れる吸血鬼のような虫です。蚊とよく似ていますがブヨの一種で、刺された時のちくっとした痛みと後のかゆみは蚊以上。そして、刺されたところは赤く腫れ跡が残ることもあります。特にウエストコーストのサンドフライは強烈で、服の上から刺してくることもあるので、ウエストコーストを訪れる際は必ず薬局でサンドフライ除けスプレーを買ってお出かけ下さい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mai
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/07/15最終更新日:2018/07/15

Views:

ニュージーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.