たびこふれ

大地の果て南部アフリカ!初心者にオススメ定番観光も盛りだくさん♪

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/22
最終更新日:2018/05/22

Views:

南アフリカ共和国・ボツワナ・ジンバブエ・ザンビアに行ってきました!

地球上で最も多くのライオンやゾウが生息し、野生動物の宝庫として知られるアフリカ大陸。日本からあまりにも遠く決して身近な旅行先ではない為、テレビの中の世界のように感じるかもしれません。しかし、アフリカのワイルドライフに憧れを持つ人は多く、意外にも年間約2~3万人もの日本人が南アフリカ共和国へ訪れています。旅行会社でも様々なアフリカツアーが組まれており、誰でも気軽にアフリカ旅行ができる日もそう遠くはないかもしれません...♪

そこで、今回は初めてのアフリカ旅行で楽しみたい"定番"の観光内容をご紹介します!

喜望峰1.jpg

目次

アフリカ観光では欠かせないサファリツアー!

サファリカー1.jpg

アフリカと言えば雄大な自然の中でのびのびと暮らす野生動物!アフリカには人の手を加えずありのままの自然環境を保護する国立公園が多数あり、たくさんの動物が弱肉強食の世界で暮らしています。今回訪れたボツワナのチョベ国立公園ではサファリカーで動物を探す「ゲームドライブ」と、川をクルージングしながら水辺の動物を見る「ボートサファリ」を楽しむことができます。

まずはサファリカーに乗ってゲームドライブへ!

サファリカー2.jpg
ゲームドライブは日が昇る前の早朝に出発!動物は朝、最も活発に行動する為、私達も早起きして元気に動き回る動物に会いに行きます♪

サファリカー3.jpg
雨季のボツワナは青々とした草木が広がっており、順路や進行方向は決められていない道を四方八方に進んでいきます。現地のドライバーさんはとても視力が良いので、遠くにいる動物や茂みの中にいる動物も見付けて教えてくれます♪

ライオン.jpg
百獣の王ライオンは眠そうにのんびり歩いていました(笑)

バッファロー.jpg
単独で行動するのはオスのバッファロー。普段はおとなしい草食動物ですが、ライオンを撃退するほどの立派なツノを持ちます。

インパラ.jpg
数百頭もの群れで行動する鹿のような見た目のインパラは、お尻に黒い3本線の模様があるのが特徴です。

キリン.jpg
遠くの方にキリンを発見♪茂みの中でひたすら草を食べていました。

続いて川辺の動物を見にボートサファリへ!

ボート.jpg
ボートサファリでは、ビクトリアの滝上流のチョベ川をクルージングします。今回は雨季で川の水位が高く、残念ながら水辺で水浴びをするゾウを見ることはできませんでしたが、おびただしい数のカバに囲まれるという貴重な体験ができました!

カバ1.jpg
<後ろのカバは眠そうにあくびしているように見えますね♪>

カバ2.jpg
突然ボートの下からカバが飛び出してきました!カバは1日の大半を水中に沈んで過ごしていますが、呼吸する為に3~5分ごとに水面に浮き上がってきます。いきなり現れるカバは迫力満点です◎

クードゥー.jpg
体のしま模様とツイストしたツノが特徴的なクードゥーが川の水を飲みに来ていました!クードゥーは食用のお肉としても人気が高く、南アフリカ共和国の硬貨にも描かれるほどアフリカではポピュラーな動物なのです。

世界三大瀑布の一つ、ビクトリアの滝でずぶ濡れ体験!

滝1.jpg
チョベ国立公園から東に約70kmのところにアフリカを代表する滝、「ビクトリアフォールズ」があります。ジンバブエとザンビアにまたがる滝にはその両側に展望台が設けられており、滝を端から端まで堪能できます。

滝2.jpg
1~8月の雨季は水量が増え、轟々と流れ落ちる迫力ある滝を見ることができ、中でも水量がピークの4~6月は凄まじい水しぶきと水煙で自然の力強さを感じられます!私が訪れたのは3月後半でしたが、滝から少し離れた遊歩道にも水しぶきがゲリラ豪雨のように降り注いでおり、展望台付近は嵐のような状態であまり写真が撮れませんでした(笑)

遊歩道.jpg
ジンバブエ側は16の展望台が設けられており、遊歩道を歩いて観光します。1~10番展望台は写真を取る余裕がありますが、11~15番展望台は歩くのがやっと、というほど激しい水しぶきが降り注ぎます。

橋1.jpg
最後の展望台からはジンバブエとザンビアを結ぶビクトリア大橋を望みます。そしてこの橋を歩いて渡ってザンビア側の展望台に向かいます。

橋2.jpg
<ポンチョを着ていますが全く意味なし!>

観光後には全身から水が滴っていました(笑)雨季のビクトリアの滝ではポンチョやカッパは役に立ちませんが、サンダルは必須なのでお忘れなく!

滝4.jpg

ザンビア側では滝のすぐそばにかかる橋を渡ることができます。この橋を渡る時が最も激しい水しぶきを受けるので、残念ながら写真はありません(笑)ビクトリアの滝観光はずぶ濡れになりますが、自然の力強さを全身で感じられ、観光が終わると爽快な気分になります♪一生忘れられないワイルドな体験、本当に楽しかったです!!

ビクトリアフォールズ(Victoria Falls)
住所:Mosi-o-tunya Road, Livingstone
公式サイト:https://victoriafalls.co.zm/

滝の全貌を見るならヘリコプター遊覧!

ヘリコプター.jpg
ビクトリアの滝は横に長く、展望台から滝全体を見渡すことはできません。滝の全貌を見る為、ヘリコプターに乗って出発!

上空1.jpg
始めは遠くに見えていた水煙が近付いてきます。

上空2.jpg

上空3.jpg
<右下に写っているのがジンバブエとザンビアを結ぶビクトリア大橋>

陸地がV字に切れている部分の右側がザンビアなので、滝のザンビア部分は全体の5分の1ほどです。
展望台から見た荒々しい滝とはうって変わって、上空から見る滝は穏やかに見えました。地上から見るのとはまた違った美しい姿を見ることができ、とても感動しました。

アフリカ大陸最南端、喜望峰へ!

ケープタウンのもう一つの観光名所はアフリカ大陸最南端の地、喜望峰です。大航海時代にポルトガル人によって発見された喜望峰は、インドまでの航海ルートの要所としてヨーロッパの繁栄に貢献しました。

喜望峰2.jpg
アフリカ最南西端であることが記された看板の前で写真を撮るのが定番です!実は、本当のアフリカ大陸最南端の地は喜望峰ではなくアグラス岬という場所なのですが、歴史的に喜望峰があまりにも有名な為、「ほぼ」最南端の地ということで毎日多くの観光客が訪れています。

ケープポイント.jpg
そして、喜望峰のわずか南にあり、喜望峰を一望できるのがケープポイント。高台にはルックアウトポイント展望台があり、徒歩又はケーブルカーで登ることができます。ここから見る喜望峰の眺めはとても雄大です♪

喜望峰(ケープ・オブ・グッド・ホープ/Cape of Good Hope)
住所:Cape Point Rd, Cape Town, 8001 南アフリカ

まとめ アフリカは楽しい!

アフリカ"定番"の観光スポット、いかがでしたか? 動物園でしか見たことのない動物が野生で暮らす姿を見たり、滝の水しぶきを浴びて自然の力強さを体感したり...アフリカには他ではできない体験がいっぱい! 私が最も印象に残っているのは、現地では一般的なタンパク源として食されるイモムシを食べたことです!カリカリに焼いてあるのでそれほどクセはなく、食べやすいようにトマトソースで味付けしてありました♪
イモムシは違う方2.jpg

ぜひ、次のご旅行はアフリカでワイルドライフを満喫してみてはいかがでしょうか♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
ふっくん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/22
最終更新日:2018/05/22

Views:

この記事に関連する記事

南アフリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.