たびこふれ

話題の配車アプリ『Uber』を使ってアメリカをすいすい移動しよう

記事投稿日:2018/06/17最終更新日:2018/06/19

Views:

目次

便利でお得な配車サービスアプリ『Uber』

アメリカではウーバー(Uber)やリフト(Lyft)など、タクシー運転手でない一般人が自家用車でタクシーのようなサービスを行う、アプリを使った配車サービスが流行っています。日本からアメリカに旅行する際にも、これらのアプリを使えるようにしておくと、移動がお得で便利になります。料金は、アプリに登録されたクレジットカードにチャージされるので、飛行機で到着したばかりで、現地の通貨を持っていなくても大丈夫。

出発前に登録を済ませよう

先ずは、Apple Store又はGoogle Playから、スマホにウーバーのアプリをダウンロードして下さい。ダウンロードが済んだら、アプリを開いてクレジットカードなどの情報を登録してアカウントを開設します。ウーバーは、電話を使った認証システムを採用しています。登録は、出国する前に済ませておきましょう。

A.jpg

現地についたらさっそく使ってみよう

STEP.1 行先の入力

62.jpg

アプリを開いたら、上のボックスに、行き先の住所又は施設名を打ち込みます。画面には、今いる場所の近くを走っている車が表示されています。

STEP.2 車種の選択

6_3.jpg

次に、迎えに来てもらう車の車種を決めます。1番左のPOOLが相乗りで1番料金が安くなっています。他のお客さんを拾いに行ったり、先に降ろす為に、遠回りとなる可能性もありますが、時間に余裕があって少しでも安い方が良いという人にはお薦め。運が良ければ、他のお客さんが誰も乗っていないこともあります。

UberXは最もスタンダードな自家用車。Uber VIPはお客さんからの評価が高いドライバーが運転する車で、UberXと値段は同じです。これ以外に、高級車を使ったUber Blackもあり、少し値段が上がります。

STEP.3 乗車位置の決定

64.jpg

アプリに表示された黒いピンが乗車位置で、そこに依頼した車がやって来ます。自分がいるところは青い点滅で表示されるので、黒いピンの乗車位置がずれている場合は画面を移動させて正しい位置に調整してセットしてから配車を確定して下さい。

STEP.4 到着までの時間や、運転手の詳細などの確認

5_41-thumb-700x1243-64105.jpg

次の画面で、依頼した車が今いる場所と乗車位置に到着するまでの時間、運転手の写真、名前、利用客からの評価点数、車種、ナンバープレートなどの情報が表示されます。たまにUberXと同じ値段で、高級車のUber Blackがやって来る事もあります。

STEP.5 ナンバープレートを確認し、乗車

66-thumb-700x1243-64109.jpg

アプリを見て車が近づいて来たのがわかったら、車種と右下のボックスの中に記されたナンバープレートを確認して車に乗ります。ほとんどのドライバーは、「〇〇?」とあなたの名前を言って確認します。走行中は、今走っている場所が地図上に表示され、目的地までのルートと到着時間が表示されます。渋滞などがあると、到着時間が調整されます。

STEP6. 目的地に到着

目的地に着いたら「サンキュー」と言って降りるだけ。車を降りた後、アプリでドライバーの評価をすることができます。ウーバーは、プロではない一般人が運転するということで不安もあるでしょうが、ドライバーの身元はちゃんと登録されている上に、お客さんがドライバーの評価をできるので、安全運転を心掛け感じよくふるまうドライバーが多いです。ドライバーもまたお客さんの評価ができるので、自然とお互いに感じよくふるまい、問題が起きるような事は滅多にありません。ウーバーは、原則的にチップは必要ないことになっていますが、サービスが特に良かったなどで支払いたい場合は、後から加算することもができます。

英語が話せなくてもへっちゃら

ウーバーは、タクシーよりも安いというところがポイントですが、時間帯によっては需要が高まり、価格が一気に上がってしまい、下手をするとタクシーより高くなっている場合もあるので注意が必要です。「昨日行ったのと同じ場所なのに、値段が違う!」なんて事もありえます。でも、日本からの海外旅行者にとってウーバーがお薦めなのは、英語を話せなくてもアプリさえ使えれば大丈夫だという点です。行き先の住所さえ打ち込めれば、車に乗っても話す必要もないので、発音が悪くて運転手に伝わらなかったらどうしようと心配する必要もありません。

また、最初に金額が決まっているので、遠回りされているのでは?と心配することも、法外な金額を吹っ掛けられる事も、チップの値段で頭を悩ますこともありません。ウーバーは、世界の600都市以上で展開しているので、一度、情報を登録しておくと、他の国でも使えて便利ですよ。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツコ・H
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/06/17最終更新日:2018/06/19

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.