たびこふれ

海の雰囲気をたっぷり楽しめる!カリブ海のシーフードレストラン「オアシス」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/08
最終更新日:2018/05/08

Views:

メキシコ料理と言うと、お肉をイメージする方が多いかもしれませんが、実はお魚やシーフードの料理も多く存在します。今一番メキシコで人気を集めているカリブ海沿いの町プラヤ・デル・カルメンにもシーフードレストランがいくつもありますが、今回はその中でも一押しのレストランをご紹介します。

海から歩いて5分のレストラン「El Oasis(オアシス)」

写真1.jpg

ご紹介するオアシスは地元っ子に愛されて14年、1号店はカリブ海から車で5分程、カンクン~プラヤ・デル・カルメン~トゥルムをつなぐハイウェイにあります。

2号店が町のダウンタウンにオープンしたのは約5年前。海から歩いて5分の距離と、町のメインアベニューであるアベニダ・キンタから歩いてすぐに行けるアクセスの良さから2号店は地元っ子だけでなく、観光客にもとても人気のレストランです。お魚の他に、タコ、エビ、オイスター、ロブスターなどの新鮮なシーフードを扱っているだけでなく、サービスの良さも人気の大きな理由です。早いけど丁寧、そして英語のメニューもあります。2号店のほとんどのウエイターさんは英語が話せるので、スペイン語が話せなくても英語が多少できれば安心です。こちらの2号店は毎日正午から夜中の12時までオープンしています。

まるで漁師になった気分?ユニークに飾られた店内に注目

写真2.jpg

注目したいのは、料理だけではありません。見ているだけで楽しくなるようなユニークな内装もこのレストランの特徴です。店内の飾りつけはまさに海をイメージしています。また2号店だけでなく、ハイウェイにある1号店の内装も同様に、明るくカラフルで見ていて飽きません。1号店、2号店共に入り口に大きな水槽があり、そこには何匹ものロブスターが見えます。一歩中に入ると、天井・壁に、海、海、海!海一色の飾りつけ。メキシコらしい鮮やかで明るくポップなレストランの雰囲気は、カリブ海のリゾートで過ごす休暇をより一層楽しく、特別なものにしてくれます。

是非食べて頂きたいおススメの一品「セビチェ(ceviche)」

写真3.jpg

メキシコ料理を代表する一品でもあり、お魚の新鮮さも味わえるのが、セビチェ(ceviche)。セビチェとはいわゆる白魚のマリネのことです。ライムに一晩つけてマリネしたお魚に細かく刻んだ玉ねぎ、トマト、コリアンダーが混ざり、アボガドのスライスをのせて完成。メキシコ人はホットソースをかけて食べる人が多いですが、ホットソースなしでもとても美味しいです。セビチェはクラッカーやトトポスと呼ばれるトルティーヤチップと一緒に食べます。

スターターに丁度いいのが「ワカモレ」や「フィッシュタコス」

写真4.jpg

お魚とシーフードの料理がメニューにはずらりと並んでいますが、スターターとしておススメなのが、日本でもお馴染みのアボカドを使ったサラダである「ワカモレ」、そしてお魚のタコスである「フィッシュタコス」です。フィッシュタコスにはマヨネーズ、タマリンドソースをたっぷりかけて食べます。このソースは多少ピリっときますがとても甘く、マヨネーズとも相性抜群。揚げたお魚のタコスにかけると、とても美味しくいただけます。また、ワカモレはセビチェと同じように、クラッカーやトルティーヤチップにつけて食べます。

アクセスよし、雰囲気良し、サービスよし、値段良しのシーフードレストラン「オアシス」。皆さん是非足を運んでみてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Yu Larraz
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/08
最終更新日:2018/05/08

Views:

この記事に関連する記事

メキシコのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.