たびこふれ

冬の北海道ならでは!入場無料の子供向けイベント3選

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/07
最終更新日:2018/08/20

Views:

こんにちは。キューバダンサーYUNA(じゅな)です。北海道の冬のイベントは、長い期間行っているものもありますが、ほとんどが一番寒い2月上旬に集中します。キューバダンスも夏はラテンのシーズンで繁忙期ですが、イベントの多い冬のこの時期も繁忙期です!寒くてもラテンの暑さをお届けします!

さて、この集中するイベント開催中は、どこに行くか迷いますよね。「とりあえず一番有名な大通会場の札幌雪まつりに行ってみよう!」という方が多いと思います。もちろん雪まつりも世界中から集まる、北海道を代表とする素晴らしいイベントです。アクセスも良好ですし、雪像も圧巻ですよね。ただ、今回のターゲットは「子供」です。子供を対象にしたイベント、ひたすら子供向けを考える主催者・出演者が存在しますよ!

とにかく子供向けです!!!

子供向けイベントの実行委員の方々は、毎年子供が楽しめる内容をとことん考えてイベントを開催しています。そこで私がダンサーとして出演をするためには「子供が楽しめる」ものを用意しないといけません。出演が決まった後は、とにかく子供たちをイメージして音楽から振付から、子供たちがわかりやすいようにということをひたすら考えて、考えて、頭をかかえながら練習に励んでいます!ここまで子供たちのことを考えて開催されているイベントを知ってもらいたい!子供を連れて冬の北海道旅行に行くのであれば、是非行ってもらいたい!

ということで、第二弾は、頭を抱えて挑んだ北海道の冬に行われる「子供向け」イベントを3つ紹介したいと思います。

<目次>

1. 新さっぽろ冬まつり

1つ目は、札幌駅からJR快速でお隣の新さっぽろで行われる冬のイベントです。毎年1月の最終土日で行われますので、雪系のイベントでは少し早い開催です。駅からのアクセスも良く、周辺には「青少年科学館」「サンピアザ水族館」等、観光スポットもあり、セットで遊びに行くのにもってこいです。そしてここのイベントは、地元の温かいイベントです。

ふれあい広場

1 滑り台(新札幌冬まつり).jpg

チューブに乗って滑り台を滑ったり、雪遊びが出来る広場があったり遊び場が満載。地元の学生が子供たちが遊べる雪をどんどん確保して一緒に遊んでくれますので、親御さんも安心です。

子供カフェ

2カフェと会場全体(新札幌冬まつり).jpg

目の前にあるのが雪で作られた『雪の喫茶店』です。すぐ横には食べ物を購入できるスペースがありますので、こちらで買って雪の椅子と机で食べるのも北海道らしいですね。テントもありますので、寒い方は是非テントをご利用ください。

3 肉まん・フランク・お汁粉(新札幌冬まつり).jpg

肉まん・フランクフルト・お汁粉を頂きました!他にも甘酒・やきとり等いろいろな食べ物があって、地元のお母さんたちが笑顔で作ってくれます。

小さな子供たちは大変!!

さて、ステージは・・・というと。。。なかなか子供たちはステージに上がってきてくれません(涙)

4リズム(新札幌冬祭り).jpg

地元のお兄ちゃんたちに助けられながら、リズムに合わせて行進♪いろんな動物の真似をしながらと工夫をしましたが、難しいー!

5ダンス(新札幌冬祭り).jpg

他にも簡単な振付で踊りました。30分間子供たちの集中力を持たせるのは大変ですね。それでも飽きさせない為の対策は次のステージまでに改良です!まだまだ頭が痛い日々が続きます(笑)

新さっぽろ冬まつり
【会場】ふれあい広場あつべつ、科学館公園(札幌市厚別区厚別中央1条5丁目)

2. 支笏湖氷濤(しこつこひょうとう)まつり

2つ目は支笏湖氷濤まつりです。毎年1月下旬から2月中旬まで行われるイベントです。こちらは、大人の方も楽しめるイベントですが、今回は子供たちの遊び場を紹介します!履いてきた靴でそのままで滑れるお子様用のスケートリンクや滑り台、乗馬体験等盛りだくさん!

さまざまな遊び場

6滑り台(支笏湖).jpg

滑り台は大人気!時間を忘れて何度も何度も滑ります。

7ポニー(支笏湖).jpg

ポニーの乗馬体験もできます!こちらは子供から大人まで乗れます。ポニーに乗りながら会場を回るのでちょっと優雅な気分ですよね。

8 雪山(支笏湖).jpg

小さなお子さんはこの山でひたすら山登りしてます(笑)

9スケート場(支笏湖).jpg

スケート場もあります。持ち物は何も必要ありません。そのままの服装・靴で大丈夫!ヘルメットをつけてあとは自由に滑るだけ。

これだけ楽しめる場所があるため、ステージは苦戦(涙)

この通り周りにはたくさんの遊び場が集まっている為、誘惑がたくさん!

10_ステージ越しの観客(支笏湖).jpg

ステージに上がるとなると照れてしまう子が多いので、今回はステージには上がらずその場で真似して踊りました!中には夢中になってずっと参加してくれる子もいましたが、やっぱり他の場所に遊びに行ってしまう子も多く、遊べる場所が充実すればするほど、私たちは大苦戦です(笑)。イベント主催者側も子供向けに力を入れているってことで、こちらも子供向けにオススメですね。

支笏湖氷濤(しこつこひょうとう)まつり
公式サイト:http://hyoutou-special.asia/

3. さっぽろ雪まつり つどーむ会場

11 つどーむ外観(つどーむ).jpg

さっぽろ雪まつりといえば大通!というイメージが強いと思いますが、東区にある「つどーむ」でも行われています。こちらは、屋外・屋内と遊び場が満載!また、つどーむ会場は大通の雪まつりよりも早く開催され、期間も少し長いので早めに北海道に来ちゃったという方是非どうぞ!

12電光掲示板(つどーむ)】.jpg

つどーむまでは、札幌駅から地下鉄東豊線に乗って、端っこの「栄町駅」で下車。徒歩10分となります。改札を出たら、つどーむへの目印が目の前にあるので、迷いません。つどーむの駐車場は全て子供の遊びスペースとなっておりますので、車でのアクセスはオススメできません。地下鉄を利用してください。

外には充実の雪の遊び場

13_巨大滑り台(つどーむ).jpg

そしてつどーむの外には、敷地が広いからこそできるこの巨大滑り台!大人気です!大きな滑り台から、小さな滑り台、トンネルやバイクに乗れたり、もう外だけでもたっぷり遊べます。

14 雪だるま(つどーむ).jpg

他にも可愛い雪だるまを作ることも出来ます。こどもの頃はよく雪だるま作りましたね~。道外から来られるなら、是非雪だるま作ってください。

さて、次はつどーむの中です。こちらも冬ならではの体験がたっぷり

15全体(つどーむ.jpg

中もこの通りひろーい会場です!テーマパークのようですね。

16 カーリング体験(つどーむ).jpg

そんな中私が気になったのは、冬のスポーツ体験!平昌オリンピックでも注目となりました「カーリング」やVRを使って「スキージャンプ」を体験できたり、「アイスホッケー」や「ボブスレー」等、広い会場だからこそ盛りだくさんにできるのもつどーむ会場の良いところ。

さーて、こちらのステージでは・・・・

17_つどーむステージ(つどーむ).jpg

無事子供たちの参加も多く、楽しんでもらえました~!よかった~!!実はこれは2回目のステージで1回目は非常に非常に非常に苦戦しました(笑)1回目が終わって2回目までの間に頭を抱えて改良し、なんとか2回目は成功です。

18 ステージプログラム(つどーむ).jpg

キャラクターが登場するステージも多く、子供たちは1日中楽しめると思います!

さっぽろ雪まつり
公式サイト:http://www.snowfes.com/

最後に

イベントはいずれも入場無料です。いずれも楽しめること間違いなし!大人の方はじっとしていると寒いですが(笑)どの会場も大人も子供もみんな上下ウェアが鉄板です。ゲレンデに行く服装でお越しください。そして、たくさんの誘惑がある3つのイベント!遊び場はいずれも豊富です。

ちなみに選び方は・・・

1日中遊ぶなら・・・つどーむ。
花火やイルミネーションも楽しむなら・・・支笏湖氷濤まつり。
あまり時間は無いけど、少しでも雪で遊ばせたいなら・・・新さっぽろ冬祭り。

ですね!

雪国の北海道だからこそ子供たちが雪遊び出来る貴重なイベントだと思います。ご家族でご旅行の際は訪れてみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
YUNA(じゅな)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/07
最終更新日:2018/08/20

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.