たびこふれ

高雄の街を走るライトレール「輕軌」。今なら無料で乗車できます。

記事投稿日:2017/05/22最終更新日:2018/02/22

Views:

 台湾第2の都市として、ますます注目の集まる台湾南部の街、高雄。捷運(MRT)やバス、公共レンタサイクルなど便利な交通手段が整備され、気軽にショッピングや観光を楽しむことができます。高雄では、台湾初となるライトレール(路面電車)、輕軌(チングェ)の運行が始まっています。現在は一部区間のみの運行ですが、試運転中の今なら無料で乗車することができます。高雄の街を眺めながらのんびりと進む輕軌に、さっそく乗ってきました。

TW_20170502_01.jpg.JPG

十字に走るMRTを、ぐるりと囲むように建設が予定されている輕軌。ホームページ上の「路網圖」で「C」のアルファベットがふられている線が輕軌です。

輕軌ホーム―ページ https://www.krtco.com.tw/Activity/LRT/LRTlink.aspx

TW_20170502_02.jpg.jpg

現在は、籬仔內から高雄展覧館までの区間(地図上で緑の部分)で、運行が開始されています。捷運の凱旋駅に連結している輕軌の前鎮之星駅から、乗車してみました。車体は、高雄の象徴である水と緑をイメージしてデザインされたそうで、白地に緑のデザインです。

TW_20170502_03.jpg.JPG

駅のホームに設置されている券売機でチケットを買うか、ホーム、もしくは車内にあるカードセンサーに、一卡通などのICカードをピッとして、料金を支払うシステムになっていますが、試運転期間中の今は無料なので、何もせずに乗車することができます。

TW_20170502_04.jpg.JPG

扉は推しボタン式になっています。停車時にランプが点灯するので、下車したい場合はボタンを押します。

TW_20170502_05.jpg.JPG

運行間隔は、10~15分に1本。ちなみに車内での飲食は禁止なので、ご注意を。

のんびりと街を駆け抜け、ショッピングモール夢時代のある夢時代駅までやってきました。観覧車がシンボルの夢時代。以前は最寄りのMRT駅から、バスかタクシーを使わないと少し遠い距離でしたが、輕軌でアクセスも楽チンになりました。

TW_20170502_06.jpg.JPG

初めて輕軌に乗った今日は、その乗り方に戸惑う人が、私を含めまだまだたくさんいました。運行距離はまだ短いですが、街をぐるりと囲む線の出来上がりが、今から楽しみです。これからもますます熱くなる高雄に、目が離せませんね。

TW_20170502_07.jpg.JPG



プロフィール画像
この記事を書いた人
ロータス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/05/22最終更新日:2018/02/22

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.