たびこふれ

気軽に食べられる!おすすめのドイツ料理・ファーストフード5選

記事投稿日:2018/02/09最終更新日:2018/06/28

Views:

日本には屋台などで売られているたこ焼きやお好み焼きなど、気軽に食べられる食べ物がありますよね。もちろん、こうした食べ物は日本だけでなく、国ごとに様々なものがあるでしょう。ドイツでも同じ様に気軽に食べられる食物が多くあります。そこで今回はドイツにあるお勧めの気軽に食べられる食べ物を5つ紹介したいと思います。

<目次>

1. ソーセージ

IMG_4789.jpg

ドイツと言えば真っ先に浮かぶのが、ヴルストと呼ばれるソーセージです。ヴルストは焼かれたものが屋台で売られており、気軽に食べることができます。その多くは手を汚さずに食べられるようにパンに挟まれて出てきます。

IMG_6840.jpg

それだけでなくパンを持って食べながら歩くこともできるため、時間が無いときにもピッタリ。日本のソーセージに比べると肉の風味が強く、ファストフードとはいえ侮れません。

2. カリーヴルスト

IMG_1925.jpg

カリーヴルストは人気のあるファーストフードです。こちらは揚げ焼きされたソーセージ、ヴルストを輪切りにして、その上にカレーパウダーをふりかけたもの。

IMG_0527.jpg

一般的はサイドメニューとしてフライドポテトが用意されており、一緒に注文して食べる人が多いです。味はスパイシーな焼かれたソーセージで、一度食べると病みつきになります。ボリュームもあるため、これだけでも一食分の食事になるでしょう。

3. ドネルケバブ

IMG_6283.JPG

トルコ人移民が多く住むドイツでは、トルコ料理がドイツ的にアレンジされて定着しています。それはドネルケバブと呼ばれるもの。ケバブと呼ばれる肉のグリルをパンに挟んだものです。肉は羊肉、もしくは鶏肉などをグリルしたもので、そこにキュウリやトマトなどのサラダが加わります。野菜が多く入っているため健康的でボリュームもあります。

IMG_6272.JPG

大きな街であれば、至るところにドネルケバブのお店があるので、ぜひ一度は試してみてください。

4. シュニッツェル

IMG_2339.jpg

シュニッツェルは日本のカツに似ている食べ物です。鶏肉、豚肉、そして牛肉のシュニッツェルがありますが、価格の安さから鶏肉や豚肉のものが屋台などで食べることができます。こちらは味も日本のカツに似ているため、異国の食べ慣れていない食事に疲れた人には、ちょうど良いかもしれません。

IMG_2624.jpg

シュニッツェルもまた、パンに挟んで販売されているところが多く、食べ歩きを楽しめるようになっています。

5. フリカデル

IMG_4286.jpg

ドイツには多くの肉料理がありますが、フリカデルはその中でも代表的なものでしょう。ひき肉を楕円形の形作って焼いたもので、味も見た目も日本のハンバーグに似ています。屋台などで売られているものであっても中々の大きさがあり、一個食べるだけでも、かなり満足感が得られます。

IMG_7555.JPG

こちらもパンに挟まれて出てくるため、手を汚すことなく持ち帰ったり、落ち着いて食べられる場所に移動することができます。そのため気軽に食べられるファストフードといえるでしょう。

プロフィール画像
この記事を書いた人
林 清英
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/09最終更新日:2018/06/28

Views:

ドイツのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.