たびこふれ

大自然を堪能!ルビー・プリンセスで秋のアラスカクルーズ!

記事投稿日:2017/12/20最終更新日:2019/12/19

Views:

憧れのルビープリンセスで秋のアラスカクルーズに参加してきました。

ヨーロッパ・アジア・カリブなど色々なクルーズがある中で大自然を満喫できるアラスカクルーズについてご紹介致します。
クルーズ旅行でアラスカって??と行くまでに私自身が気になった点も含めてご案内したいと思います。

目次

今回乗船したのはルビープリンセス

2008年就航113,000トンの大型客船です。

2_170915_hasegawa_IMG_20170918_124618.jpg

日本発着で人気のダイヤモンドプリンセスと同じくらいの大きさです。シアトルから出港しアラスカの大自然インサイドパッセージをクルージングします。
船内は明るく落ち着いた雰囲気です。たくさんのレストラン・シアター・プールにカジノがあり終日航海日も十分楽しめます。

3_170915_hasegawa_DSCN6502.JPG

4_170915_hasegawa_DSCN6482.JPGのサムネイル画像

プールは水なので日本人には少し冷たいですが、ジャグジーは温水です。ぜひ水着とビーチサンダルをご持参下さい。
私も持っていけばよかったー。

9月のアラスカクルーズの最終という事もあり、船内のほとんどが北米の方でした。
この日は日本人グループの参加が少なかったようですが、ルビープリンセスには日本人に嬉しいサービスがたくさんあります。

5_170915_hasegawa_DSCN6509.JPG

まずひとつは日本人ホステスが乗船し、ツアーデスクを開設してくれます。ツアーでも個人で行っても心強いですよね。乗下船に関する説明会も日本語で行ってくれます。


次に毎日の船内新聞が日本語で届きます!イベントやレストランの場所や時間なども日本語で、英語に不安のある私はとっても助かりました!

6_170915_hasegawa_IMG_20171006_164719.jpg

最後に日本語のメニューが各レストランにあります。メインダイニングをはじめ有料レストランにもあるので、言葉の心配をせず美味しいものを堪能できます。

7_170915_hasegawa_シェア日本語メニュー.JPG

ルビープリンセスのお食事

アラスカは豊富な魚介類と北米の牛肉などたくさん美味しいものがあって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

8_170915_hasegawa_DSC06737.JPG

ビュッフェは朝食時はもちろん、寄港地観光前など軽く食べたい時にもぴったり。
この日はメインダイニングでの夕食。主菜はアラスカ料理のタラの蒸し焼きとレンズ豆のサラダにしました!

9_170915_hasegawa_IMG_20170917_100754.jpg

パスタまで頼んだのでちょっと食べ過ぎました。

11_170915_hasegawa_IMG_20170917_103422.jpg

毎食後女性の大好きなデザートが食べられます。

12_170915_hasegawa_IMG_20170917_112715.jpg

今日は気分を変えて有料レストラン「クラウングリル」へ。

13_170915_hasegawa_DSCN6919.JPG

メインダイニングの料理もとても美味しいのですが、たまには違う雰囲気のレストランへ。
追加代金29ドルがかかりますが、それでこの雰囲気とこの料理には大満足。

15_170915_hasegawa_IMG_20170920_104715.jpg

16_170915_hasegawa_IMG_20170920_110411.jpgのサムネイル画像

14_170915_hasegawa_IMG_20170920_104633.jpg

17_170915_hasegawa_クラウングリル(7).JPG

何か所かありますので、長いクルーズ中にぜひ一度は行ってみてください。

アラスカ観光といえばやっぱり氷河

ジュノーからはバスでメンデンホール氷河へ向かいます。

18_170915_hasegawa_DSCN6654.JPG

あいにくの小雨でしたが、氷河と滝の迫力は満点。

19_170915_hasegawa_DSCN6663.JPG

ナゲット滝まで往復約3kmとの事でしたが、森林でリスやクマなどの動物を目撃しながらあっという間に滝の麓まで着きました。
アップダウンもなく手軽にトレッキングを楽しめます。
クマはレンジャーがそばで見守っているのを遠くから見ていたのでご安心を。

20_170915_hasegawa_DSCN6645.JPG

いよいよアラスカクルーズ最大の見どころグレシャーベイ国立公園

21_170915_hasegawa_DSCN6946.JPG

船は朝早く湾の中へ進んでいきますので、やはりバルコニー付きの客室がおすすめです。変わりゆく景色をバルコニーから観賞しますが、やはり寒い!!
ちょっと体が冷えたら部屋の中に戻り、ガラス越しに移り行く景色を楽しみます。もちろんデッキからご覧いただけますが、やはり共有スペースはいい場所がなかなか確保できません。
最大の氷河マージェリー氷河は海面上約60m、海面下約30mと大迫力。

22_170915_hasegawa_DSCN6958.JPG

23_170915_hasegawa_DSCN6985.JPG

24_170915_hasegawa_DSCN6989.JPG


ここでは右舷・左舷両方の向きからご覧いただけるよう20~30分ずつ停泊します。温暖化で崩落も多くなっているようです。

今回のクルーズで悩んだのが、服装です

残暑厳しい日本から寒いアラスカへ。
また船内ではどのくらいの温度?観光地の服装もいるしフォーマルも2回あるし。。。荷物がわからなーい!
行ってみて・・・9月のアラスカはやはり寒かったです。

25_170915_hasegawa_DSCN6999.JPG

デッキや寄港地ではシャツにセーターやフリース、その上にダウンジャケットと常に4枚以上着てカイロに手袋・マフラーも必需品です。

26_170915_hasegawa_IMG_20170920_025022[2]-thumb-300x534-39621.jpg

空気が乾燥していて風を受けるのでとても寒い。10~14度くらいでした。

船内はと言えばだいたい20~22度くらい。外から帰ってきたらダウンやフリースを脱いで長袖シャツとカーディガンなどで過ごせます。

27_170915_hasegawa_DSCN7130-thumb-500xauto-39622.jpg

フォーマルナイトですが、昼間とは打って変わって皆さんおしゃれを楽しみます。特に女性は2回のフォーマルは衣装チェンジされている方が多かったです。

28_170915_hasegawa_IMG_20170922_103122-thumb-500xauto-39623.jpg

披露宴の雰囲気ですね。滅多にない機会なのでおしゃれをして食事をし、ダンスに行くのも楽しかったです。

運がよければオーロラが見られるかも?!?

最後にこれは運にもよりますが、この時期ならオーロラをご覧いただけるチャンスがあります。なんと希望すればオーロラチャンスを教えてくれるのです。
実際2回チャンスがあり、残念ながら写真はないのですが、薄っすらとバルコニーから見ることができました。
夜遅い時間なので寝間着の上にダウンやマフラー帽子などで防寒しバルコニーへ飛び出しました。大自然の神秘です。

最後に

色々とお話してきましたが、アラスカの魅力について少しはお伝えできたでしょうか?
ぜひ来年のご旅行はアラスカクルーズに、と感じて頂ければ幸いです。地球温暖化が進み年々氷河も後退しています。ぜひお急ぎを!

>>>「ルビープリンセス」に乗船するツアーはこちらから!

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/20最終更新日:2019/12/19

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.