たびこふれ

和歌山県白浜町の冬だからこそ楽しめるコト

記事投稿日:2017/12/12最終更新日:2019/04/25

Views:

こんにちは!タモパパと申します。

12月のとある日、海水浴シーズンも過ぎ、人気もまばらなオフシーズンの白浜に行ってきました。降り立った白浜駅では1日1本しか運航されない貴重なパンダ列車に遭遇しました。天気も良くなかったのですが、なんだかパンダもさみしそう...

①.jpg

夏場は大賑わいの白良浜海水浴場ですが、海岸はご覧のとおり犬1匹いませんでした。

実はこんな時期こそ満喫できる白浜があるのに...と思いながら。。。

②.jpg

冬の白浜の楽しみ方とは・・・

まずは「インフィニートホテル&スパ南紀白浜」をご紹介します。

こちらはリゾートムード満点の外観です。

ホテル外観.JPG
<写真提供:インフィニートホテル&スパ南紀白浜>

こちらはラウンジパシフィックです。

ラウンジ「パシフィック」-1.JPG
<写真提供:インフィニートホテル&スパ南紀白浜>

こちらが大浴場

大浴場「空」.JPG
<写真提供:インフィニートホテル&スパ南紀白浜>

こちらはタモパパが撮った写真です。この日はあいにく天候が悪く、かなりの強風でお湯が波立っているのがわかるでしょうか。でもご覧の通り、晴れていれば湯船からは白良浜の海水浴場が見渡せる絶好のロケーションです。お風呂に入るだけでも白浜に来る価値はありますよ。

③-2.jpg

③-3.jpg

次はホテル内にあるレストランです。とってもおしゃれで、窓一面光が差し込んで、明るくきれいなレストランです。80席ほどありますので、大人数でも入れます。

④-1.jpg

④-2.jpg

こちらが1,800円のパスタランチです。さらにコーヒーか紅茶が付きます。
パンは自家製でおかわりができますので、食べ盛りの私にはちょうどよかったです。
とても上品そうに見えますが、デザートもついてこの価格ならかなりのお得感だと思います。
パスタは日替わりですので、どの種類が食べられるかは当日のお楽しみです。

⑤-1.jpg

⑤-2.jpg

夕陽は圧巻です。

白良浜夕陽.jpg
<写真提供:インフィニートホテル&スパ南紀白浜>

インフィニートホテル&スパ南紀白浜

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2018番地
TEL:0739-42-2733

>>>インフィニートホテル&スパ 南紀白浜の情報を【Relux】で詳しく見てみる
>>>インフィニートホテル&スパ 南紀白浜の情報を【一休.com】で詳しく見てみる
>>>インフィニートホテル&スパ 南紀白浜の情報を【じゃらん】で詳しく見てみる

さてもう一軒ご紹介したいお宿はこちら、温泉民宿「望海」です。

望海全景.jpg
<写真提供:温泉民宿望海>

望海お風呂.jpg
<写真提供:温泉民宿望海>

施設やお風呂は正直ホテルと比較は出来ませんが、この民宿の何がすごいかって、料理はもちろんの事、若旦那・若女将が素晴らしいです。

まずは若旦那がこちら。

5C36DF3B156B412EB614C20673C4F464.jpg
<写真提供:温泉民宿望海>

男前ですね~

そしてこちらが女将さんです!

旅館望海の若女将.jpg
<写真提供:温泉民宿望海>

若女将はものすごく美しい方でありながら、その一方で全国で「若女将48」という会を結成し、各旅館・民宿同士の情報共有などをされていらっしゃいます。

さてお楽しみの夕食です。

⑦.jpg

メニューは、白浜の3大食材(天然のクエ・ウツボ・ヒトハメ)を使った鍋料理です。都会じゃなかなかお目にかかれないものばかりです。写真の料理は1人前6,000円です。天然でこの価格はちょっと驚きの価格だと思います。ウツボは見た目グロテスクですが、コラーゲンたっぷりでお肌にいいですよ。

是非、白浜にお立ち寄りの際は、3大高級食材と、とっても素晴らしい若旦那・若女将に会いに行ってください。

⑧.jpg

それではまた!

温泉民宿望海

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2324-2
TEL:0739-42-2673
公式サイト:http://www.boukai.jp/new/

>>>望海の情報を【じゃらん】で詳しく見てみる

プロフィール画像
この記事を書いた人
タモパパ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/12最終更新日:2019/04/25

Views:

和歌山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.