たびこふれ

クリスマスと年末年始は要注意!ロンドンの公共交通機関情報

記事投稿日:2017/12/22最終更新日:2017/12/22

Views:

冬休みを利用して、ロンドンを訪問される方も多いかと思います。クリスマスや年末年始で賑わうこの時期、あちこち効率的に市内を巡りたいところですが、公共の交通機関に頼れない場合もあることを想定しておいた方がいいかもしれません。

クリスマスはすべての交通機関が運休!

ロンドン、地下鉄・鉄道駅入口


12月25日の月曜日、クリスマス当日には、ロンドンのすべての公共交通機関がお休みとなります。地下鉄やバスはもちろんのこと、鉄道、オーバーグラウンド、DLR(ドックランズ・ライト・レイルウェイ)、トラム、水上バス、エミレーツ・エア・ライン(テムズ川を横断するケーブルカー)と、文字通りすべての交通機関が「運休」です。

ロンドンの駅構内にある発着案内板

クリスマスの日に使える数少ない交通手段としては、タクシー、そしてミニキャブと呼ばれる予約制のタクシーがあります。ただしどちらも通常より運行数は少なく、また休日料金も加算されるので、利用前に必ず確認してから乗車しましょう(ロンドン・タクシーの追加料金は一律4ポンド)。また、ロンドン交通局の管理するシェアバイク(自転車)も利用可能。クレジットカードさえあれば、街中のいたるところにあるドッキングステーションで貸し出しと返却が行える便利なシステムです。料金は1回30分以内の利用で2ポンドから。しかも、同じクレジットカードを使えば、1日2ポンドで何回でも乗り放題です(1回毎の利用が30分以内の場合)。

12月23日(土)から年末年始にかけての運行予定は事前に要チェック!

各種の交通機関において、クリスマス当日のみならず、今年は12月23日の土曜日から、特別ダイヤの採用が公表されています。間引き運転や、一部区間の運休なども予定されているので、事前にTfL(ロンドン交通局)のウェブサイトでよく確認しておきましょう。

ロンドン、鉄道駅のプラットフォーム

逆に、ロンドンの中心街でカウントダウン・イベントのある大晦日から元旦にかけては、地下鉄やその他一部の交通機関が終夜運転となります。しかも大晦日の23時45分から元旦の朝4時30分まで、なんと運賃は無料!ロンドンでの年越し、せっかくなので街中に出て楽しんでみたいものです。

主要鉄道ルートのいくつかは完全に運休

ロンドン鉄道駅の案内ポスター


ロンドン・ブリッジ駅とその周辺の線路で引き続いている工事が最終段階に突入するということで、それに伴って、12月23日から1月1日までの10日間、次の駅は閉鎖となります:
Cannon Street、Charing Cross、Waterloo East、London Bridge(一部の路線は運行)、 City Thameslink、Farringdon

ロンドン鉄道駅改札口


こうした駅の閉鎖に関しては、前々から利用客に対する案内が大々的に行われており、駅構内では特設ブースまで登場して、スタッフが告知活動をする姿が見られています。パンフレットと一緒に、ホットチョコレートの小袋やら、告知キャンペーン・キャラクターのトナカイ型のビスケットやらが配られたこともあったりで、ちょっとしたイベント感すらただよっているほどです。

ロンドン駅構内特設ブース

ヒースロー・エクスプレスもこの時期はお休み

日本や他の国から空路でロンドン入りされる方は、ヒースロー空港からの移動についても確認しておいた方が無難でしょう。12月24日~27日の間は周辺の路線工事のため完全に運休となるほか、28日以降1月1日までの間も通常の15分間隔とは異なるスケジュールでの運行となります。移動時間にはとにかく余裕をもって、お出かけください!

ロンドン鉄道駅に停車中の列車

プロフィール画像
この記事を書いた人
ハル・リーチ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/22最終更新日:2017/12/22

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.