たびこふれ

アメリカを代表する壮大な大自然の観光スポットへ!

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2019/05/27

Views:

砂漠のリゾート、ラスベガスの東側に広がるグランドサークルに行って参りました!
アメリカを代表する壮大な大自然の観光スポットをご紹介させていただきます。

目次

岩山と水の「ザイオン国立公園」

グランドキャニオンに並ぶ人気を誇るザイオン国立公園は、長さ24km、深さ800mに及ぶ雄大な渓谷です。
ザイオンは古代ヘブライで「聖域」を意味し、湧き水が豊富で、地元ではパワースポットとしても知られています。
目の前に広がる巨大な岩峰が圧巻です。

171004_tanaka_IMG_0092.jpg

171004_tanaka_IMG_0094.jpg

尖塔群が圧巻「ブライスキャニオン国立公園」

今回訪れた中で最も標高が高く、2,300mを越える厳しい環境で創られた大自然は、他とは違う風景を見せてくれます。
断崖の縁から見下ろす形で広がる、赤く切り立ったような岩の尖塔群は、とても幻想的でした。

171004_tanaka_IMG_0104.jpg

171004_tanaka_IMG_0111.jpg    

全米で2番目に大きな人造湖「レイクパウエル」

数十もの入り組んだ渓谷に、コロラド川をせき止めて造られた人造の湖です。
全長は東京-名古屋間にも及びます。有名なSF小説を原作とした映画のロケ地にもなった場所で、湖に映える朝日が感動的でした。

171004_tanaka_IMG_0159.jpg

171004_tanaka_IMG_0171.jpg

光の絶景「アンテロープキャニオン」

インディアンの言葉で「水が岩を流れる場所」を意味する、洞窟のような細い渓谷のアンテロープキャニオン。
ナバホ族のガイドさんの案内でアッパーアンテロープキャニオンへ。ツアー会社の車もたくさん並んでいました。

奥に見える隙間が入口です。

171004_tanaka_IMG_0236.jpg

頭上のわずかな岩の裂け目から差し込む光が、波打つ岩肌の縞模様を浮かび上がらせている景観は、自然の造形とは思えないほどです。

171004_tanaka_IMG_0197.jpg

流木が引っかかったままになっています!

171004_tanaka_IMG_0205.jpg

アメリカの原風景「モニュメントバレー」

文字通り、記念碑のように大きな岩が立ち並ぶモニュメントバレー。
西部劇だけでなく、数々の映画の舞台にもなっています。絶景スポットを巡るバレードライブには、帽子・サングラス・マスクの着用をおすすめします。
抜けるような青い空と見渡す限り続く荒野に点在する岩山の風景は、とても清々しい気持ちにさせてくれました。 

これはモニュメントバレーの象徴とも言える3つの岩山です。

171004_tanaka_IMG_0254.jpg

171004_tanaka_IMG_0263.jpg

馬蹄の急カーブ「ホースシューベンド」

コロラド川が馬蹄の形に急カーブを描く、ホースシューベンド。駐車場から赤土に足を取られつつ、歩くこと約15分。
垂直に浸食された、高さ約300mの断崖の下に、Uの字に曲がった何とも壮大なコロラド川が見えます。

171004_tanaka_IMG_0294.jpg

真ん中に見える断崖の下がコロラド川です。

171004_tanaka_IMG_0296.jpg

屈指の絶景「グランドキャニオン」

コロラド川が600万年という時をかけて台地を削り、18億年前の地層を露出させた大峡谷です。
色彩に満ち、複雑に入り組んだ峡谷は、地球の歴史を感じさせてくれました。のんびり散策した後は、景色を眺めつつ食べたアイスクリームが美味しかったです。

171004_tanaka_IMG_0312.jpg

171004_tanaka_IMG_0341.jpg

世界有数のパワースポット「セドナ」

日本でもパワースポットとして有名なセドナ。
残念ながらパワーを感じることは出来ませんでしたが、空気が澄んでいて、とても気持ちが良かったです。
アップタウンはお土産屋さんも充実していて、お買い物も楽しめます。

ベルのような形をした「ベルロック」が見所です!

171004_tanaka_IMG_0357.jpg

「サンダーマウンテン」は、よく似た名前の有名なアトラクションのモデルになったと言われています。

171004_tanaka_IMG_0368.jpg

最後に

岩のオンパレードですが、それぞれに違った表情を見せてくれるグランドサークル。
大自然は、そこを訪れるだけで癒しを与えてくれます。
写真では伝えきれない砂漠の絶景を、ぜひ体感してみてください!

>>>【タビナカ】これらのサイトを効率的に周りたい方には、主要ポイントをばっちり抑えたツアーがおすすめです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2019/05/27

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.