たびこふれ

タイのタクシー事情ってどういうの? その1

記事投稿日:2017/12/08最終更新日:2020/07/08

Views:

旅の計画で思いのほか重要なのが「空港からホテルまでの送迎」。事前に宿泊先のホテルに頼めばもちろんホテルが送迎の手配をしてくれていて、空港で名前を書いたプラカードを持って待っていてくれます。安全で確実な方法ですが、お値段は普通に空港のタクシー乗り場から乗るよりもお高めですよね。その他、公共の交通機関がほとんどないプーケット島でもどこかに自分で行くときにタクシーはどう捕まえるのかわからない。

ということで、今回はタイの首都バンコクとこれから年末にかけて観光客が多く訪れる予感がするプーケットのちょっとしたタクシー事情をご紹介したいと思います。

TL2017_12_01.jpg

バンコク空港編

バンコクの空の玄関口はスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)とドンムアン国際空港(Donmuang International Airport)の2つ。スワナプーム国際空港は2006年にできた新しい空港で規模も大きくほとんどの航空会社の国際線はこちらの方を利用します。ドンムアン国際空港のほうは、スワナプーム国際空港ができる前の古い空港。ほとんど、国内線や近隣諸国からの短距離国際線をLCC航空会社を利用するときに使用する感じの空港です。日本からの直行便は、エアーアジア航空とタイガーエアー航空を利用する場合にはこのドンムアン国際空港行きの便があります。

スワナプーム国際空港にタクシー乗り場は2つあります。

リムジンタクシー

メータータクシーよりも2~3倍高いですが、ベンツなど乗り心地のよい車で対応もよく何も問題なくスムーズにホテルまでたどり着けます。

メータータクシー

ターミナル1階に2カ所あり、空港から近い短距離 (SHORT DISTANCE)、一般タクシー (REGULAR TAXI)、荷物が多い場合などの大型タクシー用(LARGE TAXI)と乗り場が別れているようですが、多く観光客が宿泊する(シーロム、スクンヴットエリアの)バンコク市内の中央部は、一般タクシー (REGULAR TAXI)乗り場に並んで自動発券機からチケットを取りその列にくるタクシーに乗り込みます。

乗り方&値段

タクシーに乗り込んだら、まず行先を伝えます。

ですが、私の経験上からは場所を知らないタクシーの運転手さんがけっこういるので、できればホテルの電話番号なんかはすぐに電話で切るようにしておいた方が良いでしょう。

初乗りは35THB。さらに、空港から乗ると空港使用料(50THB)+高速料金+メーター料金を払います。(ただし、高速料金は、高速に乗る前にドライバーさんが請求してきます。おつりは高速代金を支払いが済んだらたいていすぐ返してくれます。)

渋滞が激しバンコクでは、お値段は高くなりますが、高速に乗った方がおすすめ。私の経験上おしゃべり好きな運転手さんが多いので、疲れている時はちょいとうざいと思う事も多いかもしれません。

プーケット空港編

プーケット国際空港の国際線ターミナルは昨年リニューアルしたばかり!そして、プーケットのタクシー利用はものすごく割高!!バンコがいかにタクシー天国かわかるきもします。

とりあえず、メータータクシー乗り場もあるのですが、メーターがありつつも、行先を伝えるとすでにカウンターで「○○までだから、○○バーツでいい?」と交渉されてくることの方が圧倒的に多いです。なので、メータータクシーがあってないようなもの・・・・・・。(車体はメータータクシーなんですけどねぇ。)

リムジンに乗ってもあまり知名度がないホテルだと「そのホテルどこですかぁ~~?知らないんだけどぉ~~。」と言われてなんとなく嫌な気持ちになる人もいるかもしれません。

そんな人は、事前にタクシー会社やホテルのピックアップを頼んでしまった方が無難です。

後編「タイのタクシー事情ってどういうの?その2」に続く→

プロフィール画像
この記事を書いた人
徳武 加奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/08最終更新日:2020/07/08

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.