たびこふれ

シンガポールのローカルライフを見たい人は「チョンバル(Tiong Bahru)」へ!

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

「買い物や有名な観光地巡りもいいけれど、シンガポール人がどんなふうに暮らしているのかを見てみたい!」という方にお勧めなのがチョンバル(Tiong Bahru)。シティエリアながら外国人とシンガポール人の両方が暮らす場所で、市場やホーカー、リーズナブルな町スパやおしゃれなカフェもたくさんあります。今回はそんなチョンバルで見るシンガポールの日常をご紹介します。

Tiong Bahruはのんびりとした下町

ここはオフィス街のRaffles placeやショッピング街のOrchardなどに比べて建物が低く、静かでのんびりした下町。ラフな服装で自転車をこいでいるおじいちゃん、朝のんびり散歩をする人やお寺に参っている人、家の中の様子が窓の外から見えたりと、シンガポール人の生活をちょっぴり垣間見ることができます。またここにはローカルがたくさん住んでいる分中国語で話しかけられることも多く、他の観光地とは違う気分を味わうことができます。

1.JPG

9.JPG

11.JPGのサムネイル画像

10.JPG

洗濯物の干し方が不思議

辺りを散策していると目に付くのが、ちょっと変わった洗濯物の干し方。雨の日には、外に干した洗濯物に傘がさしてあることも。

3.JPG

買い物とご飯はTiong Bahru Marketで

週末、新鮮な野菜や魚などを求めてたくさんの人でにぎわうTiong Bahru Market。市場の雰囲気を味わったり日本で見慣れないもの発見したりと、ただブラブラするだけでもおもしろい場所です。

14.JPG

12.JPG

5.JPG_17-thumb-700xauto-33669.jpg

13.JPG

Tiong Bahru Marketの二階はホーカーで、外食が盛んなシンガポールでは朝・昼・晩とみなさんよくホーカーで食事をされています。何も食べなくともコーヒーを飲みながら新聞を読んでいたり、お茶を片手におしゃべりをしていたりと市民の憩いの場でもあります。ここのホーカーは今年改装されたばかりできれい、かつ価格も地元価格。SGD5くらいでチキンライス、麺、お粥、スープなど色んなものを食べることができます。

6_12-thumb-700xauto-33671.jpg

定番の朝ごはん「カヤトーストとゆで卵(SET A: SGD 2.4)」

16.JPG

17.JPGのサムネイル画像

とある昼ご飯「海鮮きし麺(Seafood Hor Fun: SGD 4.5)」

18.JPG

19.JPG

とある日の夜ご飯「ローストダックとチャーシューライス(Roasted duck w/Char Siew Rice: SGD 5)」

20.JPG

21.JPG

公園の野外ジム

早朝や夕方によく見かけるのが熱心に運動をしているシンガポール人。たまに野外社交ダンスもあり、飛び入り参加してみるのも面白いかもしれません。

8.JPG

7.JPG

Tiong BahruはChinatownやBugis、Little Indiaなどの主要観光地へもMRTやタクシーでアクセスしやすく、ホテルもOrchardやSomersetなどに比べてリーズナブル。

Tiong Bahru駅まで徒歩圏内のホテルは

Hotel81(http://www.hotel81.com.sg/hotel_osaka.html

HOTEL NOSTALGIA(http://www.hotelnostalgia.com.sg/)、

Link Hotel(http://www.linkhotel.com.sg/)などがお勧めです。

何はなくとも、ただ町中をブラブラするだけで素朴な楽しさが感じられるTiong Bahru。暮らすようにシンガポールを旅してみたい方は、ぜひここまで足を延ばしてみられてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
にっしー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

シンガポールのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.