たびこふれ

オシャレな仁寺洞に、さらに華麗なアートスペースが出現!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/05

Views:

伝統と芸術の街、仁寺洞(インサドン)に新しい注目のスポットが誕生しました!

その名も『仁寺1通り(インサイルギル)カルチャースペース』

KOR_20171101_01.jpg

1964年に建てられた「パゴダ家具工場」をリモデリングし、再生建築と空間美が一体となった複合アートスペースです。伝統工芸品から現代アートやデザイン、韓国内から国外作品、伝統フードに至るまで、個性的な作品の数々が楽しめます。

店内に入るとすぐ目に入るのは、インテリア製品やDIYアカデミーの空間

KOR_20171101_02.jpg

How to ペイントやタイル、マグネットボード、スピーカーなどの制作授業を開催しています。授業のスケジュールは、カウンターで確認できます。

KOR_20171101_03.jpg

少し進むと絵画の販売ですが、これは後ほど詳しく説明します。

さらに進むと、思った以上に広~~い空間が広がり、思わず感嘆するほど

KOR_20171101_04.jpg

右側の空間(写真上)は、常設のデザイン製品類。花瓶や食器などの陶器やバック、アイディア品などが並んでいます。

KOR_20171101_05.jpg

火を使わないアロマキャンドルディフューザーは今、人気の商品です。こんな個性的な製品群、一度は揃えてみたいものですね~。

KOR_20171101_06.jpg

そして左側の空間(写真上)は、定期的にデザインコンテストを行い、入賞した作家の製品を展示、販売する空間になっています。

陶器やアクセサリー、工芸品、絵画、手芸品や革製品、書籍などもあります

KOR_20171101_07.jpg

入賞作品だけに、やはりレベルも高く、個性的な作品が多いです。

KOR_20171101_08.jpg

韓国では昨今、伝統工芸や伝統芸術などの伝統技術の後継者不足が深刻です。このままでは伝統文化の衰退が危ぶまれています。

この施設のように若い芸術家を支援する施設ができたことは、非常に喜ばしいことです。今後も、さらに発展して欲しいと切に願います。

KOR_20171101_09.jpg

さて、さらに奥の空間はカフェとしても、休憩所としても利用できます。カフェは奥にも席があるので、どれだけ広いのかしら~?とビックリ。(以下に写真有り)

KOR_20171101_10.jpg

さらには中庭もあり、外へ出ると建物の全容がわかります。

KOR_20171101_11.jpg

そして中庭のさらに奥にはレストランが開店準備中!韓国式だとのことで、どんなお店になるのか楽しみですね~!

KOR_20171101_12.jpg

中庭出てすぐ左にある、こちらの建物はカフェ(写真上)です。こうなってたんですね~。中からも外からも入れるオープンスペースが開放的です。

そして、さきほど詳しく述べると言ったのは、こちらで定期的に開催される展示会について

ただいま開催されているのは『ティンガティンガ:Let's Be Happy』アフリカ現代美術作品の展示会です。開催期間は、2018年1月28日まで。

KOR_20171101_13.jpg

『ティンガティンガ』はパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)とキース・ヘリング(Keith Haring)をはじめ、西洋の現代美術に大きなインスピレーションを与えたことで知られるようになったアフリカ現代美術で、韓国では、まだ認知度が高くはありませんが、ヨーロッパやアメリカ、日本などでは、すでに大きな人気を得ている作品です。

この展示会では、アフリカ現代美術の代表作家、ティンガティンガ画風創始者である「エドワード・サイディ・ティンガティンガ(Edward Saidi TingaTinga)の作品をはじめ、キース・ヘリングに大きな影響を与えたことで知られるジョージ・リランガ(George Lilanga)」などのアフリカ代表作家、計21人の作品200点余りを鑑賞することができます。

入場料は、大人12000ウォン。

ちょっとした体験コーナーもあるので、ぜひ鑑賞+体験を楽しんで見て下さいね!

ミニミニテント:3000ウォン(入場チケット購入者無料)

韓紙灯籠:10000ウォン(入場チケット購入者5000ウォン)

KOR_20171101_14.jpg

そして始めに紹介した、入口付近にあった絵画は『ティンガティンガ』の作品です。絵画やポストカード、しおりなどが購入できます。こちらも、お見逃しなく!

KOR_20171101_15.jpg

(写真上)こちらの路地を入っていくと『ティンガティンガ』やカフェの入口へ直接アクセスできます。

今後も定期的に展示会や作品が変わる予定です。行く度に、違う作品に出会えるのが非常に楽しみですね!トラディショナルから現代アートまで、益々発展を遂げている仁寺洞、観光コースのチェックをお忘れなく!

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/05

Views:

この記事に関連する記事

韓国のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.