たびこふれ

富士山はもちろん、横浜や房総半島まで!日本一ってやっぱりすごいね♪ ~東京スカイツリー(R)~

記事投稿日:2017/11/15最終更新日:2017/11/15

Views:

2012年5月22日に開業した日本一の高さ634メートルを誇る東京スカイツリー(R)にはもう行かれましたか?

開業当時はものすごい混雑の状況がニュースでも報道されていましたが、今は待ち時間も緩和され、比較的入場しやすいですよ!

今回はデートで行っても、ファミリーで行ってもやっぱり楽しい「東京スカイツリー(R)」をご紹介します♪

いわずと知れた高さ日本一!の自立式電波塔

1.JPG

昔の地名「武蔵」から語呂合わせで634(むさし)メートルとなったそうで、高さ350メートルの「天望デッキ」と、高さ450メートルの「天望回廊」からの眺望は抜群です!晴れた日には「天望デッキ」から富士山(東京スカイツリーから106キロメートル)、横浜(33キロメートル)、羽田空港(18キロメートル)なども良く見えます。なんと房総半島や三浦半島まで見えるとか。

1Fフロアでは東京スカイツリーの足元の鉄骨が見られます。こちら

2.JPG

足元が三角形で上にいくに従い円形になるように建てられていて、限られた敷地でしっかりと支えられ、風を受け流す構造だそうです。

4F入口フロアにある記念の写真用フレームやその日の眺望状況のパネルもイイですね♪

3.JPG

4.JPG

展望台へ向かう前にココにも行きたい!

まずは東京スカイツリーの足元にある商業施設「東京ソラマチ(R)」のイーストヤード1Fにある下町情緒あふれる「ソラマチ商店街」に行ってきました。約120メートルの通路に食品、雑貨、カフェ など35店舗が軒をつらねています。この雰囲気、好きです。

5.JPG

6.jpg

さらに2F~3Fはオシャレなお店やフードコートなどがあり、デートやファミリーにもピッタリ♪

7.jpg

東京タワーより高い350メートルの天望デッキへ

天望シャトル(エレベーター)

いよいよ展望台へ!4基ある天望シャトル(エレベーター)内は春夏秋冬をテーマに装飾がされているのも見どころです!なんと分速600メートル(時速36キロメートル)の速度で地上350メートルの天望デッキまで約50秒。思わず速度計を見入ってしまいます。

8.jpg

見晴らし最高!上空からの景色をお楽しみ!

問題:この画像には東京タワーが写っています。さてどこでしょう?

9.JPG

答え:上部ほぼ中央です。見えますか? 333メートルの東京タワーより高い位置からの眺望でした。

この画像には都庁が写っていますね。

10.JPG

天気が良ければ都庁の左側に富士山が!う~ん、残念。そこでスタッフさんに聞いてみました!

ひょ(著者)「眺望を楽しむにはいつが一番おすすめですか?」

スタッフさん「空気が澄んでいる11・12・1月の冬がおすすめです」

ひょ「やっぱり平日がすいていますよね?」

スタッフさん「そうですね、特に火曜日・水曜日の夜はすいていておすすめです。朝の時間帯もすいていて狙い目です」

なるほど、朝8時から営業しているから、朝一がすいていてゆっくりできそうだなぁ。夜景を見るときは火曜日、水曜日。メモメモ。

景観を楽しむさまざまな工夫

こちらの「東京時空ナビ」は地名の案内とともに拡大画像や夜景が見えるモードがあって、とても楽しめました。

11.jpg

天望デッキフロア350では、ソラカラちゃんとの記念撮影ができる「ソラカラちゃんグリーティング」が。開催時間が決まっているので、ソラカラちゃんと一緒に写真が撮りたい場合は事前に東京スカイツリー公式ホームページでスケジュールをチェックしてみてくださいね!

12.JPG

スタッフのお姉さんも一緒にパチリ♪

館内の柱には番号が表示されていて入場時にもらえるパンフレットの番号と連動しているので、どこで何が見えるか一目瞭然です!

13.JPG

フロア340には軽食やオリジナルスイーツが味わえるSKYTREE CAFEがあります。夜景を見ながらビールで乾杯!なんてことも♪

14.JPG_6-thumb-700xauto-29111.jpg

おなじみの恐怖スポット、天望デッキフロア340のガラス床の上に乗って撮影♪

15.JPG

いよいよ最高峰!地上高450メートルの天望回廊へ

天望デッキのフロア350からエレベーターでさらに上空へ100メートル。そこは日本一高いタワーにある展望台の絶景ポイントです!

エレベーターはシースルー。わくわく感MAXです!

16-1.JPG

16-2.JPG

10月に訪れた為、でっかいかぼちゃがお出迎えしてくれました。Happy Halloween!

17.JPG

ガラス張りのスロープ状の回廊をゆっくり歩きます。都内絶景ポイントがありまくり! 雲に手が届きそうです♪

18.JPG

19.jpg

何が見えるかの案内板もあります。ふむふむ。

皆さん注目!右手をご覧ください。ここが日本一高い場所にある「トイレ(女子)」です♪

20.JPG

ようやく到着しました。ここが本当の日本一「ソラカラポイント」451.2メートルの世界!

21-1.JPG

天望デッキより100メートルも上空にある天望回廊はやっぱり景色がすごかった!

22.JPG

やっぱり夜景はロマンチック♪

夜を楽しむポイント

フロア350に戻って、夜景を楽しみました。曇りがちな日に行ったのですが、夜景を見る分には全く問題がなさそう。東京スカイツリーを訪れる日程が変えられない場合は時間をずらし、昼でなくて夜の時間に来るのもあり!ですね。

23.JPG

天望デッキフロア350の「SKYTREE ROUND THEATER」では10月31日までの期間限定で上映されていたハロウィン限定のプロジェクションマッピングが見れました♪フロア350の上部のガラスに映し出された映像を楽しむことができました。季節毎にプログラムを変えて上映するそうなので、クリスマス期間にまた来たいなと思いました。

24.JPG

特別なデートに最適!?なレストランも◎

特別な夜を楽しむなら、Sky Restaurant634(musashi)へ!こんなロマンチックなレストランでデートなんてうらやましすぎる・・・

25.jpg

お土産もポイントです

東京スカイツリーにはオフィシャルショップが3店舗ありますが(1F、5F、フロア345)、天望デッキのフロア345にあるショップでは天望デッキ限定商品が数多くあります。これはゲットしなければ♪

26.jpg

最後にライティングされた東京スカイツリーをどうぞ!

天望デッキを降りて、振り返るとそこには幻想的にライティングされた東京スカイツリーの姿が!

27.JPG

通常はこの青い色が印象的な「粋」のライティングの他に、紫色の「雅」、橘(たちばな)色の「幟(のぼり)」が1日ごとに点灯するそうです。

また、12月24日まで点灯される予定のクリスマス特別ライティング"シャンパンツリー"、例年桜の時期に点灯している桜特別ライティングの画像も東京スカイツリーさんからおかりましたので、最後にその一部をご紹介します!

28-2.jpg

ライティングスケジュールは東京スカイツリー公式ホームページをご確認くださいね!みなさまも季節やイベントによりさまざまに変化する東京スカイツリーを楽しんでみては?

>東京スカイツリー公式ホームページはこちらから

プロフィール画像
この記事を書いた人
ひょ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/15最終更新日:2017/11/15

Views:

東京のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.