たびこふれ

カナダ/絶品!トロント名物、ディムサム(点心)でわいわいランチ

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/15

Views:

多文化多民族の街、トロント。

北米の国ですが、移民が多い都市なだけあって、色々な種類のレストランがあります。

今回はその中でも、中国人がこよなく愛する「ディムサム」、いわゆる点心についてご紹介します。

トロントのチャイナタウンに行くと、日本人が思いつく大抵の種類の中華料理を食べることができますが、日本ではあまり知られていない「ディムサム」もこちらではかなり有名で、中国人はもちろん、カナダ人にも愛されています。

一般的に、ディムサムはランチで食べる機会が多く、その種類は実に豊富で、誰でも必ず気に入るメニューが見つかりますよ。

ディムサムって何?

ディムサムとは中華料理の一種で、1人前が前菜のような小さい量で提供されます。

種類は実に豊富で、主に焼売や餃子、肉料理などの蒸し料理が多く、小さい木や竹で作られた蒸し器で蒸され、その容器でそのままお客さんに提供されるのが特徴です。日本だと、点心、飲茶と言われています。

CAN_20171101_1.jpg

こんな感じの容器に入れられ、蒸し料理は提供されます。

飲み物は、お茶はオーダーしなくても付いてきます。その他お冷、ジュース、ビールなど飲みたい人は各自オーダーしないといけませんが、お茶と一緒にディムサムを楽しむのが一般的です。

お店によってお茶の種類は異なりますが、ジャスミン茶を提供する店が多いです。

CAN_20171101_2.jpg

お茶と、お茶が濃い時に薄められる用のお湯の入った2種類のポットが提供されるので、お好みの濃さにして、お茶を飲むことができます。

ディムサムは、午前11時から午後2時頃までのランチタイムで食べることが一般的ですが、All day Dim Sumと言って、開店から閉店まで提供しているレストランもあります。

週末の昼下がりに、家族や親戚と大人数でディムサムに行くことが多く、私が普段レストランに訪れると、10人前後で訪れている家族を大勢見かけます。

お客さんの人種を見ていると、やはりそのほとんどが中国人です。

時々ヨーロッパ系や中南米系の人を見かけますが、かなりの少数なので、中国人に囲まれ、トロントにいることを忘れてしまうほどです。

誰でもカジュアルに訪れることができるレストランなので、赤ちゃん、子供を連れた家族、ご老人の団体も多く見かけます。中華料理ならではの円卓が主なテーブルのスタイルなので、ディムサムは、家族やグループで集うにはもってこいの場所です。

店員さんは、中国語を母国語とする中国人が働いています。店員さんによっては英語をほとんど話せない人もいるので、英語を話せるサーバーさんを見つけて話しかけましょう。

トロントにいながらも、中国語を読める、話せる人は中国語の方がスムーズにコミュニケーションが取れるかもしれません。

オーダーは用紙に記入

オーダーの方法は2種類あります。レストランによってその方法は異なりますが、今回私たちが行った場所は、紙に注文数を記入してオーダーするお店でした。

CAN_20171101_3.jpg

なんと、72種類ものメニューが!!!蒸し、焼き、中華ちまき、おかゆ、デザートなどから好きなものを選び、オーダー数を左側に記入します。記入が済んだら店員さんに紙を渡し、料理が運ばれてくるのを待ちます。

中国語と英語で書かれていて、日本人は中国語の漢字でなんとなく何が入っているかわかるものも多く、またじっくり読んでメニューを見て決められるし、何品頼んだかが一目瞭然なので、わかりやすくてありがたいです。

値段は一律$2.98カナダドル、日本円で260円ほどです。様々なディムサムレストランに訪れていますが、このレストランはかなりリーズナブルです。レストランによっては、サイズで違う値段をつけたり、曜日や時間で料金が変わったりします。

このレストランはリーズナブルなだけあって、ほぼ満席でした。

CAN_20171101_4.jpg

調理時間や混み具合によって、料理の提供時間が異なりますが、大抵の蒸し料理は少し蒸して提供するだけなので、混雑していても、ほぼ待つことなく料理が運ばれてきます。

我が家がいつも食べるものは、蒸し焼売、蒸しエビ餃子、蒸しニラ饅頭、チャーシューまん、鳥足のソースがけ、ホルモン、蒸しスペアリブ、ゲソの唐揚げ、おかゆなどです。

今回食べたのはこれ!

CAN_20171101_5.jpg

定番メニューはずばりこれ、鳥足の蒸しソースがけ!日本人は、その見た目から苦手な方が多いですが、他の方のテーブルを見ていると、必ずと言って良いほどみんなオーダーしていて、中国人には大人気のメニューです。

日本人の友人・家族はみんな苦手で食べてくれませんが、私は大好きなので行くと必ず注文します。

CAN_20171101_6.jpg

これも忘れちゃいけない、ホルモンの蒸し料理!塩ベースの味付けに生姜・にんにくがしっかり効いていて、なんとも言えない美味しさです。

歯ごたえもしっかりしていて、1度食べるとやみつきになります。

CAN_20171101_7.jpg

子供にも人気なのが、中華まんとあんまん。蒸し立てホカホカの、柔らかい生地が絶品で、中の具材もしっかり入っています。

左奥の海老入り焼売は、トロントのディムサムでは1番と言って良いほどの人気メニュー。こちらも蒸し立てで新鮮なので、身がプリプリでとっても美味しいです。

CAN_20171101_8.jpg

こちらのメニューも、ディムサムの定番人気メニューです。つるっと喉越しの良いもちに海老が入っていて、中華風だし醤油をかけていただきます。

ディムサムの良いところ

ディムサムは1皿が小ぶりなので、いろいろな種類のメニューを試すことができます。また、円卓で家族向けのレストランなので、大勢の人数でわいわい行って楽しむこともできます。さらには、値段もリーズナブルなので、身構えることなくカジュアルに訪れることができます。

少しだけ食べたいとき、グループで日本の居酒屋のように色々ちょこちょこ頼んで食べたいとき、大人数でわいわい集まりたいとき、外食したいけどリーズナブルに済ませたいときに、いつもお世話になっているディムサムのレストラン。

トロントに来てアジアの料理が恋しくなったら、ぜひ1度足を運んでみてくださいね。


私が今回訪れたディムサムレストランはこちら:
Emperor Fine Chinese Cuisine 君臨天下
住所:9019 Bayview Ave., Richmond Hill, ON L4B 1Y3
営業時間:9:00am〜11:00pm

プロフィール画像
この記事を書いた人
もも
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/15

Views:

この記事に関連する記事

カナダのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.