たびこふれ

暑さに負けずに鍋を楽しむ!鍋天国・ベトナム

記事投稿日:2017/11/01最終更新日:2017/11/02

Views:

東南アジアに位置するベトナム。暑い国に暮らす人々は日ごろどんな料理を食べているのでしょうか。実は、日本人なら誰もが冬の食べ物としてイメージする「鍋」がベトナム人には大人気。昔から食べられている定番で、鍋文化は正直日本よりも発達しているようです。今回はベトナムで人気の鍋をご紹介します。

どこでも食べられる鍋

IMG_8081.jpg

ベトナム人にとって鍋は最もメジャーな大衆グルメの一つです。路上屋台、食堂、レストランはもちろんのこと、スーパーのフードコートでも決まって鍋はあります。昼間のフードコートに行けば、スーツを着たサラリーマンやOLが一人で鍋を突いている"一人鍋"もベトナムでは普通です。「暑いこそ鍋を食べて精力をつける」というのがベトナム人。そんなベトナムだからこそ、さまざまな種類の鍋を楽しむことができます。

最もメジャーな鶏鍋

CIMG2933.jpg

数ある鍋の中でも最もメジャーなのがこちらの鶏鍋です。日本人が想像するのは鶏肉が具の鍋だと思いますが、ベトナムの鶏鍋は一羽もしくは半身を丸ごと投入。もちろん頭や足もくっついていますし、かじって食べることができます。同じく牛鍋もありますが、現地人の感覚からすると少々値段が高め。だから安くてお腹一杯お肉を食べられる鶏が人気なのです。

具はどんなの?

鍋に入れる具は種類によって変わることはあまりありません。大体決まっていてキャベツやコリアンダー、ネギに青葉など。また、日本人は最後の締めでご飯やうどんを入れますが、ベトナムでは麺は卵麺もしくはインスタント麺、それか米粉麺が普通です。

海鮮鍋も人気の一つ

IMG_0749.jpg

続いて紹介したいのがこちら。鍋食堂やレストランで鶏鍋に続いてほぼ100%メニューにあるのが「海鮮鍋」。魚の切り身やイカが入っているのが定番で、その他は豆腐、トウモロコシ、タロイモなどが具にあります。海鮮鍋はなんといっても出汁が効いていておいしいです。ベトナムの鍋はこれといった出汁はなく、日本のように味噌や醤油といった決まった味はありません。ですので、スープは鍋に入れる素材によって味が決まるので、海鮮はまさに外れ無し。

IMG_4071.jpg

高級海鮮鍋としてに一押しがカニ鍋。専門店もあるほどです。カニは重さで値段が決まるので、多少多めに予算を持っておかなければちょっと危険。風味豊かなカニは身もおいしく食べることができます。スープはトマトベースの酸味の効いた辛いのが定番です。

仏教大国らしい。野菜鍋も好評

IMG20150614115714.jpg

ベトナムは人口の7割以上が仏教徒と言われています。日本と同じ大乗仏教が盛んですが、年配を中心に熱心な教徒が多く、月に2回、もしくは9月の一か月間は不殺生として一切の肉や魚を食べない期間があります。そんなときに活躍するのが野菜鍋。もともと野菜を多く摂るベトナム人なので、普通の人も日ごろから野菜鍋を食べます。また、ベトナムは意外ですがベジタリアンが少なくありません。そんな人たちにも野菜鍋は好評。

地方の郷土料理も日本人の舌に合う

IMG_8962.jpg

日本でもきりたんぽや石狩鍋といった郷土鍋があるように、ベトナムでも地方によって特色ある種類があります。こちらで紹介するのは北部ハノイで食べられている「雷魚の油鍋」。基本は専門のレストランでしか食べることができないもので、具は雷魚かそれに準ずる白身魚。川魚なのでクセを消すため、多量の油やハーブ、ネギなどを投入します。スープはなく、鍋で炒めたあとは、米粉麺と一緒にマントムというツケダレにつけて食べるだけ。他の鍋よりも値段は高い部類に入ります。不思議とベトナム人よりも外国人受けしています。

IMG_8782.jpg

こちらは「ラウマム」というメコンデルタ地方のカントーで食べられる郷土料理。魚を発酵させて作るマムカーと呼ばれるクセのある調味料でスープを作ったもので、味は甘いのが特徴。白身魚を中心に野菜をたくさん投入します。味はしっかり染み込んでいるので、そのままおいしく食べることができます。締めの米粉麺もメコンデルタ地方の特産。メコンデルタの各都市ではよく見かけますが、ホーチミンを含めてその他の都市ではあまり見られません。もしメニューにあったら是非試食してみてください。

昼間から鍋も普通

鍋のようながっつりと食べたい料理は、日本では夕食として人気があります。しかし、ベトナムはその逆。鍋もステーキも昼食で食べて、午後の仕事をがんばるというのがイメージ。だからこそ、昼間から鍋を食べる人も多く、昼食時はどのお店も現地人でいっぱいです。現地に訪れた際は、是非彼らに倣って鍋を食べてみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
古川悠紀
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/11/01最終更新日:2017/11/02

Views:

ベトナムのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.