たびこふれ

夕日が美しい白浜の景勝地「円月島」。和歌山の夕陽100選にも選ばれた小さな無人島です

記事投稿日:2017/09/20最終更新日:2020/01/17

Views:

目次

島の中央にぽっかり穴の開いた島「円月島」

00500_170901_01.jpg

和歌山県白浜町の臨海港に浮かぶ島、「円月島(えんげつとう)」。

南北130m、東西35m、高さ25mの小さな無人島で、正式名称を「高嶋(たかしま)」といいます。

円月島という名前は通称で、名前の由来は、島の中央に円月型の海蝕洞(波浪による浸蝕でできた洞窟)があること。直径約9mの穴がぽっかりと開いています。

00500_170901_02.jpg

周囲の海は透明度が高く、魚が見られることもあります。

「和歌山の夕陽100選」にも選ばれた夕陽は必見

円月島は国の名勝に指定されている、白浜を代表的する景観スポットです。

特に夕景は必見。夕日で輝く海に島が浮かぶ様子は、心を揺さぶられます。

この島に沈む夕日は「和歌山の夕陽100選」に選ばれていて、夕暮れの時間帯には多くの観光客が訪れます。

日没の時間帯は、夏であれば18時30分、冬なら16時30分が目安。事前に日没時間を確認して訪れてみるのもおすすめです。

中央の穴にちょうど太陽が重なる時期(10月下旬~11月中旬頃)を狙って写真を撮りに集まる人も多いようです。

円月島と併せて是非立ち寄りたい足湯「御船足湯」

00500_170901_03.jpg

円月島を見に行くなら立ち寄っておきたいのがこちらの「御船足湯(みふねあしゆ)」。

海岸沿いに造られた屋根付きの足湯で、円月島と海を眺めながらゆっくり過ごすことができます。

円月島へ行く際は、カメラとタオルをお忘れなく。

>>>「円月島」について詳しくはこちらから(白浜観光協会公式サイト)
>>>「御船足湯」について詳しくはこちらから(白浜観光協会公式サイト)

写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟

プロフィール画像
この記事を書いた人
師走月
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/09/20最終更新日:2020/01/17

Views:

和歌山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.