たびこふれ

タイの急な山道を登った先にある神秘的な宮殿とは・・・

記事投稿日:2017/08/05最終更新日:2017/08/05

Views:

微笑みの国タイランドへ出発

関西国際空港から、タイ国際空港直行便を利用して、タイの首都バンコクまで約6時間。
1_170630_tomita_飛行機.jpg

この日は配席3-4-3の大きな機材でドリンクサービス→機内食(私はハンバーグをチョイス)→個人モニターでの映画鑑賞→アイスクリームが提供されて→到着と快適なフライトでした。

タイのグルメ

<カニカレー>

2_170630_tomita_カニカレー.jpgタイの方々は美味しいものが大好きで、バンコクはグルメの街。よくガイドブックにも載っている『ソンブーン』にてカニカレー(プーパッポンカレー)を頂きました。 カレーと言っても辛くない。蟹の身と卵がとても美味なお料理です。


またタイといえば、すっぱ辛いスープの「トムヤンクン」、

3_170630_tomita_トムヤンクン.jpg

タイ風やきそばの「パッタイ」、マンゴーともち米のデザート「カオニャオ・マムアン」もおいしく頂きました。

4_170630_tomita_カオニャオ.jpg

幻想的な世界を訪ねる

バンコクから車で約2時間半、王様の避暑地としても有名なホアヒンからさらに約1時間、カオ・サムローイ・ヨー国立公園へ到着。
ボートに乗り換え、
5_170630_tomita_ボート.jpg急な山道を歩く事約30分。
6_170630_tomita_山道はこっちで.jpg約200年前に発見された巨大な洞穴の中には、一筋の光に照らされた「クーハーカルハット宮殿」が!!なんとも神秘的な姿です。
7_170630_tomita_宮殿.jpgここまでの道のりは正直大変ですが、この神秘的な光景を見ることができたのはこの苦労があっての事だと感じます。

番外編

バンコクに戻る途中、ペチャブリにある「カオルアン洞窟」に立寄りました。
8_170630_tomita_看板.jpg洞窟内には無数の仏像と光が反射する線香の煙が、何とも言えぬ幻想的な姿でした。
9_170630_tomita_洞窟.jpg体力に自信がない場合は、こちらでも十分絶景を楽しめるかと思いました。またバンコク市内では、ホテルの屋上にあるトップバーが流行りです。
360度見渡せるバンヤンツリーのムーンバーからの景色もこれまた絶景です。

最後に

エネルギッシュで、アメージングな国、タイランド。ここにはまだたくさんの魅力が隠れていそうです。
大都会のバンコクから少し足を延ばせば、自然豊かな景色が広がり、歴史的建造物もたくさん見学することができます。
これからも、いろんなタイランドを探索してみたいと思います。

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/08/05最終更新日:2017/08/05

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.