たびこふれ

シチリアでも特に美しい古代都市、シラクーザの「オルティージャ島」を歩く

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/12

Views:

シチリア島南東部の中心都市シラクーザ。明るい海に縁どられた海岸沿いの街は、美しい古代都市として知られています。

今回は約3,000年もの歴史を持つシラクーザの街と橋でつながる「オルティージャ島(Ortigia)」をご紹介しましょう。

※以下、写真は全て参考イメージです(CC0,CC-BY,CC-BY-SAライセンスに基づく)

クリエイティブコモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

オルティージャ島(Ortigia)とは

Ortigia
「Ortigia」
Photo by Agostino Sella
Taken on March 29, 2012(CC BY-SA 2.0)

古来、さまざまな民族と文化が行き交ったシチリア島ですが、シラクーザの街も例外ではありません。紀元前734年にコリントの植民市として建設されてから、ローマやビザンチン、アラブなどあらゆる民族がこの地を治めてきました。

おかげで今でも街のあちこちには歴史の痕跡が残り、美しい街に深みを持たせています。街は本土とオルティージャ島とに分かれ、橋でつながっています。

市場や活気あふれる通り、整然とした広場に海辺のプロムナードなどそぞろ歩きに楽しいスポットです。

活気あふれるシラクーザの市場

筆者がシラクーザを訪れた際に必ず立ち寄るのが市場です。本土から橋で渡ってすぐにある市場は、シチリアらしい活気とエネルギーに満ちています。

シラクーザは海があるため新鮮な魚介類が豊富です。色とりどりの果物や野菜が積まれ、威勢の良い掛け声とともに売られる風景は「ああ、シチリアに来たな」という思いにさせてくれます。

シチリア最古と言われる「アポロ神殿」

Siracusa_2014 05 31_1207
「Siracusa_2014 05 31_1207」
Photo by Harvey Barrison
Taken on May 31, 2014(CC BY-SA 2.0)

オルティージャ島に入ってすぐのところに、朽ち果てた神殿の跡があります。これが「アポロ神殿」です。

ここはシチリア最古のギリシャ神殿とも言われ、よくみると朽ちた柱の太さなどもなかなか風格があります。

一風変わったオルティージャ島のドゥオーモ(聖堂)

Pixabay

Photo by Pixabay

Pixabay(CC0 Public Domain)

Photo by Allie_Caulfield

Photo by Allie_Caulfield

「2009-03-22 03-29 Sizilien 496 Syrakus, Duomo」
Photo by Allie_Caulfield
Taken on March 26, 2009(CC BY 2.0)

初めてオルティージャ島を歩いたときの筆者の感想は、古い街並みにエキゾチックさが漂い、シチリア特有の青い空と強い日差しに蜂蜜色の街並みが映えて、なんて美しいのだろう......ということでした。

そんなイメージを持たせた理由のひとつが、広場にある印象的なドゥオーモの姿です。

このドゥオーモは、正面は一見教会建築によく見られるバロック様式なのですが、側面や内部には古代神殿の円柱や石組みが埋め込まれているのです。これは、かつて女神アテナを祭る神殿だったものが後に教会に転用されたことでできたものだとか。

夜はライトアップされ、教会と古代神殿が融合したかのような姿は、他に類がないほど美しくエキゾチックで、なんとも不思議な印象を与えます。

伝説の残る「アレトゥーザの泉」

Siracusa_2014 05 31_1180
「Siracusa_2014 05 31_1180」
Photo by Harvey Barrison
Taken on May 31, 2014(CC BY-SA 2.0)

「女神アルテミスに仕える妖精アレトゥーザが、姿を変えて泉になった」という伝説が残るのがアレトゥーザの泉です。

アレトゥーザの泉は通りを歩いていると突如姿を現しますが、まるでそこだけ別世界のようにパピルスが茂り、水鳥が遊ぶオアシスのような美しい姿をしています。

カラヴァッジョの作品が見られる「サンタ・ルチア・アッラ・バティア教会」

Siracusa_2014 05 31_1188
「Siracusa_2014 05 31_1188」
Photo by Harvey Barrison
Taken on May 31, 2014(CC BY-SA 2.0)

オルティージャ島では、あの天才画家カラヴァッジョの名画「サンタ・ルチアの埋葬」を見ることができます。カラヴァッジョはローマで殺人騒ぎを起こした後、マルタへと渡ったと言われます。

名画が見られるサンタ・ルチア・アッラ・バティア教会(Chiesa di S. Lucia alla Badia)は、ドゥオーモ広場にひっそりと建つ教会です。件の名画はこの教会の中央祭壇に飾られています。

撮影不可なのが残念ですが、はじめて目にしたその絵は中央祭壇で妖しい魅力を放っていました。

さて、シチリア島南東部にある古代都市シラクーザ。今回は旧市街のある「オルティージャ島」を紹介しました。のんびり散歩するのにピッタリな長閑な街には古代都市の風格が漂い、もう一度訪れたくなる魅力にあふれています。

シチリアを訪れるなら、ぜひシラクーザへも足を伸ばしてみてくださいね。

基本情報

名前:オルティージャ島(Ortigia)
住所(アポロ神殿):Largo XXV Luglio, 96100 Siracusa SR

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/12

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.