たびこふれ

フィレンツェの夜景と共に。優雅な気分でアペリティーヴォを楽しめるバー

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/04/22
最終更新日:2017/11/20

Views:

アルノ川沿いにたたずむラグジュアリーホテル「ウェスティン・エクセルシオール」の最上階には、アペリティーヴォを楽しめるバーがあります。

フィレンツェを訪ねたときは、ぜひこちらで絶景を楽しんで。

ウェスティンエクセルシオール最上階のバーで、アペリティーヴォを

今回ご紹介する「アペリティーヴォ」とは「食前酒」という意味。元々はディナー前の待ち合わせに一杯飲んでから......というような意味合いだったのですが、いつしかワンドリンク+お惣菜を食べ放題というスタイルのことを指すようになった、ミラノ発とされる食文化です。

このアペリティーヴォ、ミラノだけでなくここ数年の間にイタリア中に広まっており、様々なお店でアペリティーヴォが実施されています。

今回は、そんなアペリティーヴォについて、フィレンツェでの素敵な体験をご紹介しましょう。

ドリンク代だけで軽食まで楽しめるお得感も素敵

今回は、スターウッド系列のホテルである、フィレンツェのウェスティン・エクセルシオール最上階のバー「SE・STO ON ARNO(セスト・オン・アルノ)」で、アペリティーヴォを楽しんでみました。

普段は敷居高めのホテルのバーも、アペリティーヴォならお得感満載。旅行者にも嬉しいシステムなので、是非利用してみてくださいね。たとえば、ランチをしっかり食べて夜は軽くアペリティーヴォで済ます、というスタイルは旅行中のカロリー調整にもちょうどいいかもしれません。

ですが、ウェスティンエクセルシオールのアペリティーヴォは特に美味しいので、つい食べ過ぎてしまいそうです。

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

お酒が飲めなくても大丈夫!ノンアルコールも楽しめます。

アペリティーヴォと聞くと、バーだし食前酒とあるし、やはりお酒を飲まないといけないんだろうか......と思われる方もいるかもしれません。ですが、アルコールが苦手な方でも大丈夫。ノンアルコールカクテルも好みを伝えれば作ってもらえますし、ソフトドリンクでもOK。お食事は何種類も入れ替わりで登場するので、シェフの動きをついつい目で追ってしまいます。

サーモンやサラダ、煮込み料理に、フルーツにチーズやハム、軽食でありつつバラエティに富んでいるので大満足です。イタリアならではのフレッシュなチーズやハムは必食ですよ!

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

ひとしきりお腹を満たした後は、アルノ川の景色も楽しんで

実はこちらのバー、知る人ぞ知るラグジュアリーな夜景スポットでもあります。季節が良い時ならテラス席もロマンティックで素敵です。

記念撮影をするカップルや、濃い目のキスをするカップルもいてこれぞイタリア!な雰囲気も楽しめます。ドゥオモや鐘楼がライトアップされてとても幻想的なので、望遠レンズをお忘れなく。

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

オシャレな人が集まるので、人間ウォッチングも欠かせない

筆者が行った時は観光客があまりいない印象で、現地のオシャレな人たちが集まるスポット、という感じでした。年齢層は比較的高めで、シックな装いの人からモードな雰囲気の方まで色々でしたが、ドレスアップして出かけたい場所です。

冒頭でも触れたようにアペリティーヴォはイタリア各地のバーで行われていますので、行く先々でお好みのお店を探してみるのも楽しいことでしょう。

雰囲気も夜景も楽しめて、お得に美味しい料理も楽しめるこちらのバー。フィレンツェ観光の際は、旅の思い出に是非行ってみてくださいね。

写真・執筆:yukaco

関連記事:デザイナーズレストランを侮るなかれ!ミラノとフィレンツェで見つけたスペシャルなお店

基本情報

名前:セスト・オン・アルノ(SE·STO ON ARNO)

住所:Piazza Ognissanti, 3, 50123 Firenze,

公式サイト:http://www.sestoonarno.com/en/

※最新情報は公式サイトをご確認ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/04/22
最終更新日:2017/11/20

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.