たびこふれ

イタリアンマダムが厳選する、大人顔負けのファッショナブルな子供服

記事投稿日:2016/03/25最終更新日:2018/01/18

Views:

イタリアは子供服もファッショナブル!?美しいデザインと手仕事が詰まった子供服ブランドについて、それぞれの特徴をご紹介します。

イタリアは、子供服ブランドも凄い!

世界最高水準といっても過言ではないファッションセンスを持つイタリア人。その感覚が磨かれるのは子供時代に身につける服にも秘密があるようです。

長い歴史を持つ大人顔負けの手仕事を重ねた美しい子供服のコレクションを毎シーズン発表するブランドがイタリアには数多くあります。

その中でもイタリアンマダムが厳選して「これはオススメよ」と一押しのブランドをご紹介します。

I PINCO PALLINO(イピンコパリーノ)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

ベルガモで創業されたイメルデ&ステファノ・カヴァレリ夫妻によるハイクオリティな子供服。サイズ展開は95~175。大人も着ることができるものもあるので是非チェックしてみてくださいね。

お値段は超高級ですが、イベントや発表会など「ここぞ」の晴れ舞台の時には、記念にイピンコパリーノでドレスアップしてみるのはいかがでしょうか。

ディスプレイには子供ならずとも、胸がときめくような可愛いデコレーションが施してあるので、ミラノへ行かれた際は是非スピーガ通りのショップをチェックしてみてくださいね。

公式サイト:http://www.pincopallino.it

Mimi sol(ミミソル)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

こちらもベルガモ生まれの高級子供服ブランド。イメルデ・ブロンヅィエリによる手仕事たっぷりの可愛いデザインは「子供服のオートクチュール」と言われています。

イタリアンマダムの中でも人気のあるブランドで誕生祝いなどにプレゼントを買いにいくことも多いとか。世界中に展開されていて、日本では大阪、梅田阪急で商品を見ることができます。

公式サイト:http://www.mimisol.com

Miss Blumarine(ミスブルマリン)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

アンナ・モリナーリの子供服ライン。テイストをお母さんと揃えることも可能なので、とにかくロマンティックな母娘ルックをしたいママにはオススメとのことでした。シーズンによっては、ブルマリンとお揃いのデザインも登場するので、完全にお揃いにすることも可能なのだとか......。

日本でも手に入りますが、やはり本国イタリアはサイズ・デザインともに豊富なので、スピーガ通りのショッピングコースに組み込んでみてはいかがでしょうか。

公式サイト:http://www.blumarine.com/en/collection-kidswear/miss-blumarine

Gusella(グゼッラ)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

1929年ミラノで創業の子供靴ブランド。イタリアでは上流階級の子供が最初に履く靴として有名で、モナコのグレース王妃も息子や娘のために購入したという歴史を持ちます。整形外科学的機能があり、O脚などを矯正する機能があるとか。

実際にミラノのショップでは、定期的に整形外科医のアドバイスを行っているとのこと。

公式サイト:http://www.gusella.com/it/

Simonetta(シモネッタ)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

日本でもファンの多いシモネッタの子供服。その歴史は長く、50年以上前にマリア・ビアンカ・マッツァリーニ・ストロナティが創業。ハイクオリティでありつつ、子供らしい可愛らしさはふんだんに取り入れられているので、女の子も男の子にもオススメです。

ヘアアクセサリーや小物類も充実しているので、こちらもプレゼントにオススメとのことでした。

公式サイト:http://www.simonetta.it

Sarabanda(サラバンダ)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

トスカーナ地方発のブランド。可愛いだけじゃない、大人のファッショントレンドをほどよく取り入れたデザインが幅広い層に人気。

サイズ展開は0歳から14歳までなので、小柄な日本人ママならお揃いにすることも可能です。2012年に日本に上陸しているので、国内でもチェックすることができますよ。

日本語公式サイト:http://sarabanda.jp

IL GUFFO(イル・グッフォ)

撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

ヴェネチア生まれの子供服ブランド。サイズ展開は14歳までで、オーナーデザイナーのジョバンナ・ミレッティが、自分の子供にビブ(よだれかけ)を手仕事で作ってあげたのがブランドの始まり。

「子供のために考えられた子供らしい服」はイタリア上流階級でも人気が高く、おじいちゃんやおばあちゃんたちが孫のためにプレゼントを楽しそうに選ぶ姿がショップでも見ることができました。

公式サイト:http://shop.ilgufo.it

お子さんの「とっておき」なプレゼントにいかが?

イタリアが誇る子供服ブランドの世界、いかがでしたか?

中には子供服とは思えないような価格のものもありますが、オンラインショップやアウトレットもあり、セール価格になっていることも多いのです。

子供たちに可愛い服を着せたい!という方は是非チェックしてみてくださいね。

関連記事:イタリアが誇る高品質なソックスブランド「GALLO」

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/03/25最終更新日:2018/01/18

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.