たびこふれ

石田三成のゆかりの地、彦根・龍潭寺へ

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/08/06

Views:


こんにちは。駆け出し歴女のあかりです!先日、石田三成のゆかりの地をめぐって参りました!

まずは、彦根にある『龍潭寺』へ!

20170801_siga_01.jpgここは現在放送中の歴史ドラマで注目される井伊家の菩提寺でもあるお寺です。ドラマに出ている龍潭寺は浜松にございますが、その龍潭寺を分寺し滋賀の彦根に建立したお寺です。

ちょうど到着する30分くらい前に、ザーっと雨が降ってくれたおかげで空気が冷やりし、鮮やかなグリーンの木々が出迎えてくれました。

20170801_siga_02.jpgいざ、境内へ!

20170801_siga_03.jpgその前に。見てください、この壁!

20170801_siga_04.jpgなにやら、層になっているではないですか!?

なんと龍潭寺の山門横にある壁の内部には『瓦』が埋め込まれており、敵から鉄砲で撃ち込まれても貫通しないよう、戦いに備えた造りになっておりました。お寺で有りながらも、敵から攻撃を受けた際の備えをしていないといけないなんて・・・。大変な時代だったことをうかがい知ることができました。

この龍潭寺ですが通称「だるま寺」とも呼ばれ、境内には天井すれっすれのだるま様が鎮座されておりました。

20170801_siga_05.jpg毎年4月に大小約三千個の福達磨を祀り、開運を祈願する恒例行事『だるままつり』が行われるそうです!さらに!こちらのお寺は庭園も有名で、境内からは方丈南庭・書院東庭といった見事なお庭がお楽しみいただけます。

20170801_siga_06.jpg20170801_siga_07.jpg

ちょうどこの時期はムクゲのお花が咲いておりました。

さて長くなってしまいましたが、今回の私の目的は、石田三成が城主を務めていた『佐和山城』にあった【襖】を見ることです!なんでもこの襖、表向きは華やかで、裏は質素・・・。三成の人生を表すような襖だそうで、どんな違いがあるのかを楽しみにしておりました。

そして、その襖というのがこちら。

20170801_siga_08.jpg襖紙が貼られているイメージを持っていたのですが、この三成の襖は戸板のような感じでした。

ご担当者様に確認をとったところ、襖の写真撮影はOK(※注※撮影NGの場所もございます。)だったのですが、残念ながら今回は裏側を見ることはできませんでした。ですが、この襖を三成が開け閉めをしていたと思うと、無類の三成好きとしては感動のひと言です!(...今思えば、特別公開日とかないのかご担当者様聞いてみればよかったです。)

境内には三成に関する写真などが多く展示されており、石田三成ファンの方には絶対にオススメしたいお寺です。

20170801_siga_09.jpg20170801_siga_10.jpg

20170801_siga_11.jpg

20170801_siga_12.jpg彦根に訪れた際は是非、足を運んでみてくださいね!

今回到着した時間が拝観終了の16時ギリギリだったため急いでいたせいか、到着時には全く気が付いていなかったのですが、大好きな三成様の石像もしっかりございました。

20170801_siga_13.jpgちゃんとお参りし、龍潭寺を後に・・・。お次は念願だったあの場所...。関ヶ原!

次回のブログに続く・・・。

プロフィール画像
この記事を書いた人
あかり
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/08/06

Views:

この記事に関連する記事

滋賀のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.