たびこふれ

ニューヨーク最新観光情報2017

記事投稿日:2017/08/10最終更新日:2017/08/16

Views:

©ニューヨーク市観光局

日々変化し続ける魅力都市、ニューヨーク!ニューヨークドリームなんて言葉があるくらい世界的にも夢と希望に溢れた都市です。そんなニューヨークの観光における最新情報をニューヨーク市観光局のヒーリーさんにお聞きしました。

image1.jpg
(左)ニューヨーク市観光局:マキコ・ヒーリーさん (右)阪急交通社:中西

中西:本日はニューヨークの最新観光情報をお伺いできるということでとても楽しみです。日々変化し続けるニューヨークですが、今回はどんな最新の観光情報をお話いただけるのでしょうか。

ヒーリーさん:ありがとうございます。ニューヨークは本当に次々と新しいものが生まれてやまない、非常にエネルギッシュで飽きない都市です。今回はそんなニューヨークでの観光において、今年新たにオープンするエンターテイメントを含むおすすめ観光スポットを仲間とともにご紹介します。

中西:今年新たにオープンするエンターテイメントとは、非常に興味深いです。ぜひ、教えてください。

ヒーリーさん:それでは、さっそくご紹介させていただきます。まず初めにご紹介するのは『THE RIDE』という体験型エンターテイメントです。こちらのエンターテイメントの特徴は、ニューヨークの街を巻き込んだパフォーマンスをご覧いただけることです。

ニューヨークの街の魅力が凝縮された体験型エンターテイメント

THE RIDE

THERIDE.jpg
©THE RIDE(ザ ライド)

NY_theride_Dan.PNGTHE RIDE ダンさん

当エンターテイメントは、ニューヨークを訪れる日本の方々に非常に人気があります。それを裏付けるものとして、実際に世界で2番目に日本人の体験者が多いというデータがあります。この体験型エンターテイメントの最大の魅力は、コメディアンのガイドとともにバスの中から様々なパフォーマンスを楽しめるところ。時には、ニューヨークの街の人々も混ざり、ニューヨークの街との一体感も味わっていただけます。また、こちらの体験型エンターテイメントで乗車いただくバスはこのエンターテイメントを最大に楽しんでいただくために特別に開発されたバスで、世界中でニューヨークにしかありません。日本語のみのバスも用意されているため、言語に困ることはございません。90分にわたる最高のエンターテイメントをぜひ、ご体感ください!!

THE RIDE HP ⇒ https://experiencetheride.com/home/japanese/

中西:こちらのエンターテイメントは、さすがニューヨークと言った感じですね。

ヒーリーさん:そうなんです。ニューヨークの街を思いっきり楽しんでいただけると思います。
次にご紹介するのは、『MoMAニューヨーク近代美術館』!展示品の中には、日本の絵文字コレクションなど面白いものもたくさんあります。

世界最大規模のコレクションを誇る『MoMAニューヨーク近代美術館』

MoMAニューヨーク近代美術館

2_The_Starry_Night_Van_Gogh.jpg
©MoMAニューヨーク近代美術館

NY_MoMA_Carly.PNG

MoMAニューヨーク近代美術館』 カーリーさん

MoMAの近代アートコレクションは、世界最大規模のコレクションを誇ります。数多くのコレクションの中でも、最も有名なのはゴッホの「星月夜」とアンディー・ウォーホルの「ゴールド・マリリン・モンロー」。中には、ムービーシアターもあり、アカデミーショー初期の動画も見ることができます。またミッドタウンのど真ん中に位置するMoMAの彫刻ギャラリー(スカルプチャーガーデン)は非常に美しく人気のガーデンです。2019年には、新たに西奥部分の建物がオープン予定で、展示スペースは3割増加する見込みです。これからも、進化していくMoMAニューヨーク近代美術館をぜひお楽しみに。日本語の無料音声ガイドもご用意しております。

MoMA HP ⇒ https://www.moma.org/

中西:日本の絵文字がニューヨーク近代美術館に展示されているだなんてなんだか感慨深いです。

ヒーリーさん:そうですよね。日本人からしたら、まさか毎日目にしている絵文字がニューヨークの近代美術館に展示されているだなんて思いもしませんよね。ここにもまた、ニューヨークの面白さが詰まっている気がします。ところで中西さん!ニューヨークと言えば、何を思い出しますか。

中西:自由の女神、ブルックリンの夜景、セントラルパーク・・・

ヒーリーさん:いえいえ、ニューヨークのエンターテイメントです!

中西:あ!ブロードウェイミュージカル!!!

ヒーリーさん:そうです!!ニューヨークのエンターテイメントと言えば、ブロードウェイのミュージカルですよね。

ニューヨークに来て見ずには帰れない!ブロードウェイミュージカル

BROADWAY Inbound

©BROADWAY Inbound(ブロードウェイ インバウンド)

NY_BWI_Jered.PNGBROADWAY Inbound ジェレドさん

ブロードウェイミュージカルは、ニューヨークで夜に見るのにマストなエンターテイメントです。幅広いラインナップから個人の趣味・思考に合わせお好きな作品をお楽しみいただけます。また、ブロードウェイはミュージカルの最高峰であり、ここでしか見ることのできない本物のミュージカルをご体験いただけます。そんなブロードウェイミュージカルをお楽しみいただくのに、おすすめしていることはチケットの事前購入です。人気のミュージカルチケットはそう簡単に手に入れられない場合が多々ございます。ぜひニューヨークにいらっしゃる前にチケットをご準備いただき、素敵なニューヨークナイトをお楽しみください。

BROADWAY Inbound HP ⇒ http://www.broadwaycollection.com/ja/

中西:最高峰のブロードウェイミュージカルは必見ですね。日本では、ミュージカルと言えば劇団四季のライオンキングなどディズニー作品がパッと頭に浮かびます。

ヒーリーさん:そうかもしれませんね。実際にニューヨークでもディズニーのブロードウェイミュージカルも非常に人気です。

中西:そういえば、「アナと雪の女王」のミュージカルも開始するんですよね。

ヒーリーさん:そうなんです。「アナと雪の女王」のミュージカルはチケットの販売を開始しておりますので、ぜひ確認してみてください。体験型エンターテイメント、近代美術館、ブロードウェイミュージカル。。。ニューヨークの街を地上で体験するのも素敵ですが、もっと高い位置から広範囲を眺められたら・・・と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。次にご紹介する観光スポットは、そのような方々に朗報です!

多くのニューヨーカーから愛されるニューヨークの象徴

Empire State Building Observatory

ESB②.jpg

©Empire State Building Observatory(エンパイア ステート ビル)

ESB_NY_Aedrew.PNG

Empire State Building Observatory アンドリューさん

当展望台は、ニューヨークの数あるビルの中でもニューヨーカーからニューヨークの象徴として愛される展望台です。なんといっても展望台からの夜景は必見です。タイムズスクエアやブロードウェイに近接していて、展望台の開館時間も朝08:00am ~深夜02:00amなので、ミュージカルの鑑賞後に立ち寄ることも可能です。日中のニューヨークの街並みと夜景の両方を見たいなんて欲張りさんにぴったりの「AM/PMチケット」やニューヨークの日の出を体験できるチケットも新たに発売中。こちらの日の出体験は、入場制限100名様/日限定なので、事前予約をお勧めします。(All Visitors $100)

Empire State Building Observatory HP ⇒ http://www.esbnyc.com/

中西:こちらの展望台は良くテレビや映画などでも登場しますよね。ニューヨークの日の出体験とっても気になりました。

ヒーリーさん:ぜひぜひ、体験してみてください。夜景だけではなく、朝方の眺めも素敵ですよ。次は同じ展望台でもよりニューヨークの街並みを体感できる展望台をご紹介します。

想像を超えたニューヨーク市の眺め

ONE WORLD OBSERVATORY

©ONE WORLD OBSERVATORY(ワン ワールド展望台)

NY_OWO.PNGONE WORLD OBSERVATORY ディレックさん

数えきれないほどの魅力が詰まったニューヨークの街。当展望台では、その全てを一度にご覧いただけます。まずは、102階まで47秒で上昇するエレベーターに乗ってビルの最上階へ。展望台内には当展望台の建設にかかわった人々の声がきけるスペースや音楽とともに画面にニューヨークの街並みが映し出されるオーディオビジュアル体験など、様々な空間を準備しています。究極は、ニューヨークの街を眺めながらの食事やカクテルなどの軽食。これまで感じたことのない贅沢な時間をお過ごしいただけます。ぜひ素敵な天空体験へ!

ONE WORLD OBSERVATORY HP ⇒ https://oneworldobservatory.com/

中西:こちらの展望台ではこれまでの景色を眺める展望台とは少し違った体験ができそうですね。

ヒーリーさん:そうですね。たしかに、展望台に足を踏み入れたその瞬間からニューヨークの街並みを観賞するだけではなく、ニューヨークの街並みを体感いただけるスペースが多いように感じます。

それでは最後に、今回の目玉情報をご紹介したいと思います。2017年10月、ここニューヨークに世界初のエンターテイメントが誕生します。

世界初の海底体験ができる?!
National Geographic Encounter: Ocean Odyssey

7_National_Geographic_Encounter_BaitBall.jpg
©National Geographic Encounter: Ocean Odyssey(ナショナル・ジオグラッフィ ク・エンカウンター・オーシャン・オデッセイ)

NY_OWO_DEREK.PNGNational Geographic Encounter: Ocean Odyssey デビットさん

当エンターテイメントは世界初のニューヨークの街にいながら海底体験ができるエンターテイメントです。完全予約制のため、待ち時間もなく非常に効率良くお楽しみいただけます。また深夜0:00閉館と遅くまで営業しているため、タイムズスクエアとセットでご来館いただくのもおすすめです。このエンターテイメントが、どれほどすごいかというと、10月のオープンを目指し制作段階ではございますが、制作のプロが見ても革命だ!と感じるほどの出来栄えのようで、私自身完成を楽しみにしています。ぜひ、一度ニューヨークの海底の世界を体験しに来てみてください。あまりの壮大さに心を奪われること間違いなしです。

National Geographic Encounter: Ocean Odyssey HP ⇒ https://natgeoencounter.com/

中西:これはすごいですね!!いい意味で未知の体験ができそうで、ワクワクします。

ヒーリーさん:なんといっても世界初ですからね。このような最先端の体験ができるのもニューヨークの街の魅力ですよね。

中西:ニューヨークの街、本当に見どころ満載で観光にはもってこいですね。ぜひまたこのような形でお話をお聞かせいただけますと幸いです。

今回ご協力いただいたのは・・・

ニューヨーク市観光局 マキコ・マツダ・ヒーリー様

NY_M.png

ニューヨーク市観光局では『Newニューヨーク』と銘打ったプロモーションを展開中です!今後2019年までにロウアーマンハッタンやミッドタウンを中心に様々なアトラクションや商業施設のオープンを予定しています。特にタイムズスクエア周辺は新アトラクションが目白押しで、今年5月にオープンした世界の名所をミニチュア化したテーマパーク「ガリバーズゲート」の他、今年10月にはVR体験でリアルな海底探究を体験できる「ナショナルジオグラフィック エンカウンター:オーシャンオデッセイ」がオープンいたします。マンハッタン以外にもブルックリンなどの人気エリアには、新しくホテルのオープンも予定しており、2021年までには13万7000室の客室が新たに増室になる見込みです。さらに、ニューヨーク市全体で無料WiFiスポット「LinkNYC」の整備が進んでおり、2024年までに市内7500ヶ所まで拡大の予定です。ニューヨーク市でのWiFiサービスが「水や空気と同じく、当たり前に手に入る」サービスとなる日ももうすぐです。是非新しいニューヨークにお越し下さい。
(ニューヨーク市観光局 グローバルツーリズム開発担当上席副局長 マキコ・マツダ・ヒーリー)

ニューヨーク市観光局日本事務所オープン10周年!

これを記念しFacebookやInstargramでは写真とともにニューヨーク情報を発信中!
#nycgoで検索

NYC-2.jpg

ニューヨーク市観光局公式サイト:http://www.nycgo.com

プロフィール画像
この記事を書いた人
sachan
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/08/10最終更新日:2017/08/16

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.