たびこふれ

日本遺産に登録されました!倉敷の歴史ストーリー

記事投稿日:2017/07/05最終更新日:2017/07/14

Views:

日本遺産に登録されました

歴史的な街並みが有名な倉敷ですが、今年4月に日本遺産に登録されました。

「日本遺産(Japan Heritage)」は(地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。(文化庁ホームページより)

倉敷ではどんな歴史ストーリーが待っているのでしょうか。早速行ってまいりました。

江戸時代へタイムスリップ

駐車場から大原美術館の敷地を抜け、歩くこと5分。川沿いの通りに出るとそこは時代劇の世界に入り込んだような景色が広がります。今にも着物を着て髪を結った商人が歩いていそうな雰囲気です。倉敷は中心に流れる倉敷川を利用し物資を集積することにより発展した商業の町です。現在は倉敷川に川舟が運航されており、一層情緒を引き立てます。

1_kawa.JPG

日本家屋以外にも

私の中では倉敷というと川沿いに赴きある日本家屋が並んでいるイメージがありましたが、洋館もありました。今は観光案内所になっている倉敷館は倉敷の町役場として建てられました。川沿いにある日本家屋と並ぶと一際目立つ存在です。

2_annnaijo.JPG

美観地区と並んで倉敷の観光スポットの大原美術館です。こちらも洋風な建物の造りになっています。今回は時間の関係上、中を見学することはできませんでしたが、日本で最初の私立西洋美術館であり、名だたる作家の作品が展示されているようです。

3_oharamuseum.JPG川沿いの通りから少し離れるとレンガ造りの建物が見えてきます。倉敷アイビースクエアです。アイビーと言われる通りツタが印象的な建物です。ここは倉敷紡績倉敷工場として使用されており、現在は記念館やホテルに改修されています。

4_kurashikiivysquare.JPG

街並みがステキです

美観地区にはたくさんの小路があり、風情のある建物が立ち並んでいます。お土産店に飲食店、雑貨屋。特産の備前焼や帆布のお店などなど。一軒一軒違うので何時間あっても足りません!

5_machinami.JPG

岡山といえば、、

美観地区自体は徒歩で見学できる規模ですが、小路を歩いたり見学したりしているとお腹が空いてきてました。

小腹が空いたときの私の定番!ソフトクリームも岡山特産のマスカット味です。スッキリとした甘さがたまりません。他にも倉敷にはコロッケ、おだんごなどの食べ歩きできるものやおしゃれなカフェなど食べ物もたくさんあります。

江戸の町並みの中に明治期を想像する街灯があったりと江戸と明治の文化が交じりあった倉敷ですが、夜にはライトアップもするそうです。次回は幻想的な倉敷を見に行きたいですね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/07/05最終更新日:2017/07/14

Views:

岡山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.