たびこふれ

壁画がすごい!メキシコ国立自治大学UNAM

記事投稿日:2016/07/29最終更新日:2017/12/20

Views:

たまに訪れる、メキシコシティにあるメキシコ国立自治大学、通称UNAM(ウナム)をご紹介します。壁画が有名でちょっとした観光スポットにもなっているところ。アメリカ大陸で2番目に古い大学です。ラテンアメリカ最大級だという広~いキャンパスで大学生気分を味わえます!

MX_20160801_01.jpg.JPG

ちなみにUNAM本校へは公共交通機関を利用して1時間程かかるので、私は近所にある分校でスペイン語を習っていました。でもやっぱりキャンパスって良いですよね。訪れるたびに楽しい気持ちになります。

ぜひ見て欲しいのが、中央図書館に描かれているこの有名な壁画です。フアン・オゴルマンという芸術家の作品でUNAMにある壁画の中でも一番巨大。近づくとなかなか迫力があります。

MX_20160801_02.jpg.JPG

建物の四面すべてに細かい絵が描かれています。それぞれアステカ文明、スペイン植民地時代、太陽と月・宇宙・科学・政治、そしてUNAMの校章と現代メキシコといったテーマになっているそうで、見れば見るほど奥が深く感じられます。

MX_20160801_03.jpg.JPG

遺跡のようなデザインの噴水も可愛い!

MX_20160801_04.jpg (コピー).JPG

キャンパスを歩くと他にもさまざまな壁画に出会えます。

MX_20160801_05.jpg (コピー).JPG

MX_20160801_06.jpg (コピー).JPG

MX_20160801_07.jpg.JPG

このような壁画は1920年代から1930年代にかけてのメキシコ革命の頃に起こった「壁画運動」で描かれたものがほとんど。芸術家たちが民衆に向けて、社会主義革命の意義やメキシコ人としてのアイデンティティーを伝えるために壁に絵を描いたんだそうです。当時、字を読めない人が多かったと言われているのでこの手法が効果的だったのではないかと思います。(今もメキシコの地方地域では字を読めない人はいます。)

メキシコの歴史を作ったといっても過言ではない壁画が、今も目にできるなんて素晴らしいことですよね。とはいえ日々通っている学生にとっては見慣れたもののようで、誰も壁画を見ていない様子でした。笑

歩いていると日本語を学んでいる、アニメサークルの活動をしているといった学生がフレンドリーに話しかけてきたりします。「弓道部」なんていう和風なサークルも見つけました!

MX_20160801_08.jpg.JPG

MX_20160801_09.jpg.JPG

こんな風にUNAMに行くといつも新しい発見がありワクワクします。他にも美術館や食堂などもありますよ。あと日本とは比べものにならないほどのカップルのいちゃいちゃ度合いにも注目です!(大学に限らずメキシコ人は街でもそうなのですが・・・)

プロフィール画像
この記事を書いた人
鴨下ゆかり
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/07/29最終更新日:2017/12/20

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.