たびこふれ

ポーランドのチキンスープ"Roso?"ロスウを作ってみましょう!

記事投稿日:2017/02/01最終更新日:2017/12/19

Views:

寒いポーランドにはスープ料理が沢山あります。
スープは野菜も沢山とれて、体も温まり、かつ料理する側にとっても楽チンといういいことだらけの料理。
ポーランドのスープ料理の中でも一番の定番は「Rosó? ロスウ」というチキンスープです。
これは日本でいう味噌汁のようなもので作る人によって味が全然違うのも特徴ですがどこのお母さんのロスウでもレストランのロスウでもほっこりする味なのは間違いありません^^


PL_20170201_01.JPG

想像できるチキンスープとはちょっと違う、ポーランド味のこのスープ。
さらにポーランドのスープの中にはパスタやお米も入っているのでスープだけでお腹いっぱいになります。
今回はこのポーランド味のチキンスープの作り方をご紹介します。

PL_20170201_02.JPG

ポーランドではどのスーパーでも売っているこのロスウセットがあります。
カレーセットのようですね。

PL_20170201_03.JPG

このセットは(左上から)セロリの根、パセリ、にんじん、ねぎ、パセリの根です。
お店によってはネギが玉ねぎだったりしますが、それ以外は殆ど同じです。
ポーランドの味として大事なのがこの「セロリの根」と「パセリの根」です。
日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、直売所などでは売っているという事も
聞いたことがあります。揃えられるとばっちりです!


さて、ではこれらを使ってロスウの作り方をご紹介します♪

<材料>
・根セロリ
・根パセリ
・にんじん(好きなだけ。多いと甘くなります)
・ねぎ(好きなだけ)
・骨付きの鶏肉(お肉だけではダシが出ないので骨付きで!)
・ロスウ用コンソメ(チキンコンソメで代用可)
・小さいパスタ
・塩胡椒はお好みで

1.野菜を良く洗って、皮をむき、にんじん・根パセリ・ネギは食べやすい大きさに。
根セロリは食べないのでそのままいれます。
(私は汚れが気になるのできれいに皮をむきます。)
鶏肉も水洗いしておきます。


2.水を入れた鍋に全部入れ、弱火で時間をかけて煮込みます。
いつもここで放置なので時間が分からないのですが30分くらいでしょうか?

ここでポイント!沸騰させてはいけません!
ボコボコさせると透明な黄金スープが濁ってしまうのです!

この間にパスタを別鍋で茹でておきます。


3.灰汁を取り除きながらお肉の中まで火が通っていればOKです。

PL_20170201_04.JPG

写真があまり美味しそうではないですが実際はきれいな黄金スープが出来ているはずです。
あとは、コンソメで味付けをしてスープは完成です!

PL_20170201_05.jpg

パスタを入れて、いただきま~す!

さて、このチキンスープ、これで食べきってしまって終わりでもいいのですが
カレー同様2日目以降の工夫があります。

それがトマトスープにすることです!
これにトマトペーストを入れてトマトスープにするととっても美味しいのです!

私の大好きなご近所おばあちゃんに教わったトマトスープ(zupa pomidrowy)
の作り方もご紹介。

余ったロスウに、

*トマトペースト
*バター(30g位)
*ニンニク一欠け(無くてもOK)
*生クリーム(スープ用18%)好きなだけ

を入れるだけです。

このスープ用クリームというのが、日本にはないかもしれませんが甘くない生クリームならOKです。

PL_20170201_06.JPG

トマトスープも体が温まってとってもおいしいので、最初のロスウは多めに作っておくといいですよ♪
トマトスープの方は、少し大きめのパスタが合います。

ポーランドのスープを是非お試しください♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kaori@Warsaw
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/02/01最終更新日:2017/12/19

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.