たびこふれ

朝から豪華すぎる!メキシコの朝食文化"デサジュノ"

記事投稿日:2016/03/31最終更新日:2017/11/21

Views:

メキシコでメインとされる食事はランチですが、デサジュノ(Desayuno)と呼ばれる朝食もとっても豪華で盛りだくさんなんです!食事の時間を大切にするメキシコらしい食文化で、私はこのデサジュノが大好き。ゆったりと贅沢な時間を過ごすことができます。

レストランでは、8時頃から12時頃まで(遅いところは13時まで)デサジュノが食べられます。日本の感覚で12時にランチにいくと、デサジュノメニューしかないことがあるのでご注意を。

さて、先日はポランコ地区でデサジュノしてきました!

ポランコはメキシコシティの中でもお金持ちが集まっていて、比較的治安も良く、道や建物も綺麗な地域です。日本人駐在員などもこの地域で多く暮らしています。

MX_20160401_01.jpg.JPG

ポランコの中心にあるレストラン街から程近い「Matisse」へ。

店内がとっても可愛い!青と白を基調としたヨーロッパ調のデザインのお店です。

MX_20160401_02.jpg.JPG

一般的なデサジュノは、コーヒー、フレッシュジュース、フルーツ、菓子パン、卵料理というラインナップですが、お店によって少々異なり、ここではフルーツはなくパンとバターが登場しました。

席につくと早速「コーヒーいりますか?」「ジュースは何が良いですか?」と聞かれます。

これはランチやディナーでも同じ!メニューを渡される前に飲物を聞かれ注文します。(メニューを見たい場合はメニューをお願いしてもOK)飲み物が来たタイミングで、「注文は決まりましたか?」と聞かれメインを頼みます。

ビックサイズのジュース、コーヒー、巨大な菓子パン、パンとバターがテーブルいっぱいにおかれ、豪華なデサジュノの始まりです!

MX_20160401_03.jpg.JPG

右の2つのパンはコンチャ(Concha)というメキシコ定番の菓子パン。表面は砂糖でガリガリ、中はしっとりとしていてまさに日本のメロンパン!・・・ですが比べると大分甘さが強いです。個人的にはブラックコーヒーと合うなという感じですが、メキシコ人は甘いコーヒーと合わせることも少なくありません。甘党な方、とっても多いんです。

MX_20160401_04.jpg.JPG

しばらくしてメインが運ばれてきました!サーモンとクリームチーズのオムレツ。

MX_20160401_05.jpg.JPG

こちらは、マッシュルーム、チーズ、そしてズッキーニの花(メキシコではよく食べられます)、ウィットラコチェ(Cuitlacoche)が入ったオムレツです。ウィットラコチェは「とうもろこしのお化け」という意味があり、とうもろこしに黒穂菌(くろぼきん)と呼ばれるカビの一種が発生してできたもの。見た目は黒くて、これ食べられるの!?という感じなのですが、なんともクセになる味わいです。「メキシコのトリュフ」と言われることも。

MX_20160401_06.jpg.JPG

沿えてあるフリホーレス(いんげん豆をペースト状にしたもの)をつけていただきます。とてもメキシコっぽいオムレツですね!

どれもとっても美味しくて大満足でした。メキシコに来た際は、朝からボリュームたっぷりのデサジュノを楽しんでみては?

プロフィール画像
この記事を書いた人
鴨下ゆかり
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/03/31最終更新日:2017/11/21

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.