たびこふれ

カナダ/とっても甘くて美味しい!ケベック州の伝統菓子

記事投稿日:2016/02/06最終更新日:2017/11/20

Views:

CAN_20160201_01.JPG

1月から3月にかけて厳しい寒さが続くケベック州。

マイナス10℃から30℃まで下がるため、寒さから体を守る食べ物が欠かせません。

お肉料理やオーブン料理など、ボリュームのある温かな料理が多いケベックの伝統料理ですが、お菓子も寒さのなかで生まれた知恵がいっぱいあります。

今回はケベック州の伝統菓子をご紹介します。

CAN_20160201_02.JPG

寒いケベックの冬は、みんなで集まって家の中で過ごすのが一番。

ケベックのお菓子はヨーロッパの伝統菓子と似たものが多いのですが、メープルシロップなど、ケベックで収穫できる食材を取り入れたり、寒い土地でも保存がきくような、ケベック独自のお菓子が誕生。

CAN_20160201_03.JPG

シュガーパイ(Tarte au Sucre)はフランスとベルギーの伝統菓子ですが、ケベックの代表的なお菓子の1つ。

材料は、小麦粉、ブラウンシュガー、バター、ミルクまたは生クリーム、パイ生地、ブラウンシュガーですが、ブラウンシュガーの代わりにメープルシロップを使うこともあります。(メープルシロップパイ The tarte au sirop d'érable,)

ケベックのシュガーパイは、ねっとりとした口当たりと、とにかく甘いのが特徴。季節を問わず、一年中パティスリーやスーパーで購入できます。

CAN_20160201_04.JPG

ファッジ(Fudge)はイギリスの伝統菓子なのですが、お砂糖の代わりにメープルシロップを使った、メープルファッジ(Maple Fudge)がケベックバージョン。

材料はメープルシロップ、バター、生クリームととてもシンプル。

CAN_20160201_05.JPG

味はバター風味のキャラメルのようなのですが、しっとりとしていて粘りがないため、サクッと口の中で溶けてしまう甘い甘いお菓子。

スーパーで購入できますが、空港やお土産屋さんに行くと、メープルリーフの形をしたかわいいファッジがあります!

ケベックのお菓子はどれもとにかく甘いのが特徴で、甘党の人でもびっくりしてしまうような激甘なお菓子たちです!

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/02/06最終更新日:2017/11/20

Views:

カナダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.