たびこふれ

シンガポール/超絶品!とろとろなクレイポッドチキンを食べに行こう

記事投稿日:2017/03/07最終更新日:2017/11/20

Views:

みなさん、こんにちは。シンガポールブログ担当のChikaです。
シンガポールのローカルフードと言えば、チキンライスやバクテーが頭に浮かびますが、クレイポットチキンも人気のローカルフードです。今回は土鍋でとろとろに煮込んだクレイポットチキンをご紹介します。
■オフィスビルが立ち並ぶタンジョンパガーのInternational Plazaの2階にあります。
タンジョンパガーへはMRTを利用すると便利です。駅を出るとオフィス街のど真ん中。International Plazaも新築ビルのように改装されていますが、古くからある商業ビルです。
SIN_20170301_01.jpg
■クレイポットチキンの老舗「Kia Hiang Restaurant」
このお店は平日のお昼時しか開店していませんし、クレイポットチキンも当日準備した分だけという希少価値のある料理です。オフィス街のど真ん中ということもあり、12時近くになると大行列になります。近くのビジネスマンが来る前に並びたいところです。
SIN_20170301_02.jpg
一見して観光客は少ない感じ。このお店の近くには有名なホーカー(屋台街)のラオパサがあるので、そちらに行く方は多いと思います。
SIN_20170301_03.jpg
■三種の神器ともいえるクレイポットチキン、オムレツ、そぼろ豆腐(のようなもの)を注文。店員さんはてきぱきとしていて、こちらの人数を見て鍋やお皿の大きさを判断してくれます。これにごはんを頼めば完璧です。
お目当てのクレイポットチキン。チキンとキャベツが土鍋でぐつぐつとトロトロになるまで煮込まれています。しょうゆ味っぽいベースで、八角のようなきつめの中華系香辛料は入っていないので、日本人の口にはとても合うと思います。ごはんが進みますよ。
SIN_20170301_04.jpg
オムレツはエビと玉ねぎが入ったシンプルな味付け。でもこれもごはんとよく合います。
SIN_20170301_05.jpg
そぼろ豆腐もしょうゆ系の味付けで、ごはんにかけて食べたくなります。
SIN_20170301_06.jpg
平日のオフィス街という観光コースとしては選びにくい場所ですが、このクレイポットチキンはぜひ食べてほしい一品です。
Kia Hiang Restaurant
10 Anson Road International Plaza #02-29, 079903
Tel:62207169
プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/03/07最終更新日:2017/11/20

Views:

シンガポールのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.