たびこふれ

台湾のちょっと変わった風習!おばけの夏休み「鬼月」

記事投稿日:2016/07/29最終更新日:2017/11/08

Views:

8月に入り、暑さも本番!みな様、夏休みをいかがお過ごしでしょうか?台湾の学校も、夏休みの真っ最中ですが、なんと台湾では、おばけにも夏休みがあるのです!「鬼月」と呼ばれる、旧暦の7月にあたる1ヶ月間が、それにあたります。(2016年は、8月3日~8月31日。)

今日は、そんな鬼月にまつわる、ちょっと変わった台湾の風習をご紹介します。

TW_20160801_01.jpg

鬼というのは、桃太郎などに出てくる鬼ではなく、おばけの事です。毎年旧暦の7月1日になると、あの世の門が開かれ、おばけ達は私たちの住む世界へとやってきます。この風習は台湾だけでなく、中華圏にあるそうです。

始まりと中間、そして終わる時の3回、家の前にごちそうを並べ、お金の役割を果たす冥紙を燃やし、拝拝(お祈り)が行われます。それは、ご先祖様にお帰りなさいという意味もありますが、無念になくなった霊や、身寄りのいない霊たちを鎮めるためにも行われます。

鬼月の期間には、やってはいけないことがいくつかあります。

水遊びをしてはいけない

水の事故で亡くなった霊は、生きている人を引き込めば成仏できるとされていて、水場で待ち構えていているからです。確かに鬼月には、水の事故が増えます。

TW_20160801_02.jpg

結婚、引越し、お店をオープンしてはいけない

何か新しいことを始めると霊にいたずらされやすいそうです。

TW_20160801_03.jpg

夜間に外出してはいけない、誰もいない壁に寄りかかってはいけない

夜間は、霊に出会いやすく、特に誰もいない壁には霊が集まりやすいといわれています。

TW_20160801_04.jpg

夜服を干しっぱなしにしてはいけない

湿った衣服には、霊が付きやすいそうです。

TW_20160801_05.jpg

などなど...。

その他にも、大きな買い物をしてはいけない、殺生をいてはいけない、口笛を吹いてはいけない、枕元に風鈴をかけてはいけないなどなど、いろいろなタブーがあります。最近では、気にしないわ、という人も増えつつあり、あまり気にしすぎるのもよくありませんが、ひとつの風習として旅行の際に、気に留めておいても損はなさそうです。

そして、特に気をつけたいのは、この期間に「鬼(グィ)」という言葉を発することです。その言葉を発すると霊が集まってきてしまうそうなので、霊の事はブラザーを意味する「好兄弟(ハオションディー)」と呼びましょう!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ロータス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/07/29最終更新日:2017/11/08

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.