たびこふれ

これは知っておきたい!ポーランドでやってはいけないコト

記事投稿日:2014/09/30最終更新日:2017/11/02

Views:

郷に入っては郷に従え、ということわざがあるように、外国に旅行したり住むにあたって、現地の人も自分も気持ち良く過ごすためにその国の最低限のマナーやタブーは知っておきたいものです。今回はポーランドで「やってはいけないコト」をいくつかご紹介しましょう。

まずは「音」関係から...

1.スープを音を立てて飲む、お椀をかかえて飲む

うどんやそば、ラーメンなど、スープ+麺の料理が豊富な日本では、食べる際に豪快に音を立ててすすってもよしとされていますが、これをポーランドでやると必ずと言っていいほど周囲の人が眉をしかめるのでご注意ください。スープは音をたてず、静かにスプーンですくって食べ、量が少なくなってきても抱えてすすりこまずに、お皿を傾けて最後までゆっくりすくって飲むのがポーランドのスープの食し方です。

ちなみにポーランドの人々は「麺をすする」というのができない人が多いです。「やってみて!」というと「どうやって?!ムリムリ!」と困惑されるか、試してみてもむせ込むのが関の山。ポーランドにもスープの中に麺が入っている料理「ロスウ」というブイヨンスープがありますが、中に入っている麺は短くカットされていて、スプーンですくえる長さになっています。

PL_141001_01.JPG
この時期の旬の味「きのこスープ」

2.公衆の面前で洟をすする

鼻風邪をひいたときに気をつけたいのが、これ。ポーランドでは人前で洟をすするのはお行儀が悪い、とされています。その代わり、人前で洟をかむのは「アリ」なんです!日本とは逆ですね。筆者も今はもう慣れましたが、目の前でものすごい音をかけて「チーン!!!」と洟をかまれてびっくり、さらにそのティッシュをたたんでふたたびポケットへ入れるのを目撃してダブルでびっくり、という経験があります。(もちろん、かむ前にひとこと声をかけるとか、少し離れたところで洟をかむ、お行儀のいい人がほとんどですが...)

お次はポーランドの人々の家庭やパーティに招かれたときに注意したいこと。

1.ドア越しに握手する

ポーランドの人々のお宅を訪れてドアを開けたら、まず「やあ!こんにちは!」と挨拶をしますが、その際にはきちんと家の中まで入ってから手を出すようにしましょう。相手が家の中、こちらが外に立ってドアをはさんで挨拶をするのは失礼とされています。
ポーランド流の挨拶の仕方は、握手をして、頬に右→左→右とキスをします。さらに関係の濃い相手(親子)などの場合は口と口でキスをすることもあります。

4.出されたものにまったく手をつけない

ポーランドの人々は「おもてなし好き」な人が多く、ポーランドでは「「"gość w dom bóg w dom"(家にお客様は家に神様)」ということわざもあるくらいで、日本人と比べると気軽にお宅に招いてくれる傾向があります。

お昼すぎに家に招いてもらった際には、お茶やケーキでおしゃべり、さらには簡単な夕食まで出てくるということもよくありますが、出されたものは(苦手なものはもちろん無理することはありませんが)できるだけいただくようにしましょう。ポーランドのケーキは焼きっぱなしのどっしりとしたケーキが多いですが、甘すぎず素朴な味わいで美味しいので、どこかで出された場合にはぜひ試してみてください。

PL_141001_02.jpg
ポーランド南西部シロンスク地方の伝統ケーキ「コウォチ」

続いては、キリスト教人口の多いポーランドならではの、宗教に関係するマナーです。

1.露出の多い恰好で教会に行く

PL_141001_03.jpg

たくさんの教会があるポーランド、旅行の際には訪れることも多いでしょう。その時はなるべく露出の少ない恰好を心がけましょう。ポーランドの結婚式の際にも、花嫁もゲストも、真夏であっても肩が隠れるボレロなどを羽織るのがマナーとなっています。ミサに参加する場合には、あまりカジュアルな格好を避ける配慮も必要です。

2.金曜日に肉を食べる

これは必ずしもポーランドの人々みんなとは言えませんが、敬虔なキリスト教徒家庭では、金曜日はキリストが十字架に架けられた「受難の日」、その日は肉食禁止とし、魚や卵、野菜を食べる日と決めている家庭もあります。筆者のポーランド人家族はこれを守っているので、金曜日は肉を食べずに他のものを楽しむようにしています。

PL_141001_04.jpg
金曜日に時々登場する我が家のメニュー、卵のカツレツ

3.日曜日に掃除洗濯をする

日曜日はキリスト今日では「安息日」とされていて、基本的に働くのはタブーとされています。週末は平日にたまった掃除や洗濯を一気に片付けたい!と思うものですが、なるべく土曜日にすませて、日曜日は教会のミサに行き、家族みんなで昼食のテーブルを囲む、というのが正しい日曜日の過ごしかた。とはいえ、最近(とくに都市部)では日曜日もあいているお店や、出勤の人も増えているので、一概にはいえないものの、基本的には日曜日はゆっくりしようよ、というのがポーランドの人々の考え方といえるでしょう。

以上、「ポーランドでやってはいけないコト」いくつかご紹介しました。現地のマナーを知ることで、より楽しいポーランド滞在の参考になれば幸いです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/09/30最終更新日:2017/11/02

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.