たびこふれ

日本発着のダイヤモンド・プリンセスは気楽でリーズナブル!乗ってみてわかった船内での過ごし方

記事投稿日:2015/06/11最終更新日:2019/10/29

Views:

目次

国内旅行のように気楽&海外旅行よりも安いのでは!それが日本発着のダイヤモンド・プリンセス!

「金額が高そう...」なクルーズ旅行。

「外国船だから海外に行かないと乗れないんじゃないの...?」なダイヤモンド・プリンセス。

ダイヤモンド・プリンセスの「日本国内発着クルーズ」は、そんなイメージを払拭してくれました。

日本の港を出発、寄港地も日本国内の観光地(と1カ所だけ海外)、到着も日本の港。

DSC_0037.jpg

それに、日本国内発着のクルーズなので、日本人クルーが多く、船内新聞も日本語で『国内旅行気分でとても気楽だった』!

そして、朝昼晩の3食といつでも食べ放題、ホテル・移動費・ショーなどのエンターテインメントがついているので、『同じ日数、海外旅行に行くよりもリーズナブル!』これが私の率直な感想でした。

一番充実した時間は終日クルーズの日!自分の好きなように過ごせます!

いくつか寄港地に寄りましたが、一番充実した時間を過ごせたのは、意外にも、終日クルーズの日でした。その理由は、終日クルーズだからこその楽しみ方にありました。

観光が入っている日は、午前から船を下りて夕方に帰船するため、参加できる船内イベントは夜のイベントだけになってしまいます。観光がメインの日ですから、仕方がないです。

しかし、終日クルーズの日の船内での過ごし方は「自分次第」!

好きな時間に起きて、好きな時間に食事をし、好きなイベントに参加し、好きな場所にいて、好きに過ごす。「自分の好きなように過ごす」これ以上の贅沢な旅、私は他に思いつきません。

もしかしたら、「1日中船の中にて、暇じゃないの?」 「どう過ごしたらいいんだろう・・・」そんな風に考える方もいるかもしれませんね。参考になるかわかりませんが、終日クルーズの日に私が何をやっていたかをご紹介します。

CRUISEDAY.jpg

とにかく暇にしている時間はありませんでした。いろいろなアクティビティに参加したり、疲れたら休憩でき、メリハリのある1日が過ごせました。

食べ物の中でイチオシはデザート!

それに...食べることが大好きな私にとって、クルーズ旅はまさに楽園。

DIADESERT1.jpg

どれもおいしかったのですが、とくにデザートが絶品!(もちろん追加代金なし!!)毎日行われていたアフタヌーンティーにも参加するのも、楽しみのひとつでした。

毎日好きなものばかり食べてて、ちょっと太ったかな・・・と思いきや、大海原の爽快な絶景が心をはずませ、海を眺めながらウォーキングやランニング、エクササイズ、朝のラジオ体操にと、気付けばアクティブに体を動かしていました。「クルーズが体にいい」 と言われる所以は、そこにあるのかもしれません。

アクティブじゃない人にぴったりの船内での過ごし方

DIA-LIBRARY1.jpg

もちろん、行動派ではない方も、部屋のバルコニーや図書室で本を読んだり(図書室の本を船室に持ち込みもOK!日本発着クルーズは、日本の書籍も多いです)

DIADECK2.jpg

オープンデッキのリクライニングシートでゴロンとして、コーヒーを飲みながら映画を見たり、

DIAIZUMI8.jpg

日本式大浴場「泉の湯」で足を伸ばして、海を眺めながらお風呂を楽しんだり、

落ち着く場所を探してランチやお茶を楽しんだり、日常が忙しい方は、海風に吹かれながら頭を空っぽにして、自分をリセットしたり...出来ることはたくさんあるんです。

思い通りに好きなように過ごせる贅沢な非日常空間。あなたならその贅沢な時間をどのように過ごしますか?

今回ご紹介しきれなかった船内情報は下記公式サイトをご覧ください

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/06/11最終更新日:2019/10/29

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.