たびこふれ

北アイルランドの絶景に出会う!

記事投稿日:2017/05/15最終更新日:2017/05/15

Views:

イギリスを構成する国のひとつ、北アイルランド連合王国。少しずつ暖かくなり始める4月の下旬に、緑が豊かな田園風景が広がる北アイルランドにある、2つの絶景を訪れました!

まずは北アイルランド観光の起点にもなるベルファストのホテルを出発し、バスに揺られること約1時間半。1つ目の観光地、キャリック・ア・リードに到着です!

駐車場.jpg

駐車場の横には、お手洗いと小さなお土産屋さんがあり、ちょっとしたお土産も購入することができます。

駐車場から、写真のような道を10分ほど歩いて行くと・・・

道の写真.jpg

沖に浮かぶ小島にかかる、吊り橋が見えて来ます!高所恐怖症の方は、吊り橋を前に足がすくんでしまうかもしれません・・・

というのも、そんな私も高所恐怖症だからです。それでも渡ってみたい!ということで、吊り橋の前に来ると、写真を撮るためにしっかりとカメラを握りしめました。

キャリック・ア・リード②.jpg

観光シーズンになると吊り橋を渡るのも順番待ちをしなければならず、小島へ渡る人と、戻ってくる人、十数人毎に区切られて、係の方の指示に従って交互に渡ります。その為、吊り橋を渡る前に誰かにカメラを渡して、写真を撮ってもらって・・・なんてしていると、係員に、「早く渡って?」と言われていました。お友達と一緒に来ていれば、お互いのカメラを交換して、吊り橋を渡っている姿を撮り合うのもおすすめです。

私はというと、渡っている途中は写真を撮りながらも、渡り切るのに必死でした。片手にはカメラ、もう片手ではしっかりとロープを握って、約20メートルの吊り橋を渡ります。高い所が好きな方にとってはなんてことのない高さなのでしょうが、約30メートルの高さはやっぱり怖かったです。遠くから見ると、吊り橋の高さがよくわかるのではないでしょうか?

キャリック・ア・リード①.JPG

それでも、折角北アイルランドに来たのであれば是非訪れたかった場所の一つだったので、渡りきれたことに満足でした!

さて、キャリック・ア・リードを後にして向かったのは世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイ。ここを訪れるのは2回目でしたが、やはり何度来ても絶景!!ジャイアンツ・コーズウェイは六角形の石柱群で知られていて、巨人伝説など様々な伝説が残る場所です。ビジターセンターから舗装された道を歩くこと15分ほどでしょうか(片道1ポンドで、シャトルバスにも乗れます)、目の前に、ガイドブック等でよく目にする光景が広がります!

ジャイアンツ・コーズウェイ.JPG

1枚の写真には収まりきらないくらい、辺りには石柱群が広がっています。

ジャイアンツ・コーズウェイ②.JPG

巨人伝説が残る場所であることから「巨人のクツ」と言われる岩があるのですが、そこには可愛い姉妹2人が座っていました。なんだかほっこりします。

巨人のクツ.JPG

2箇所とも基本的には歩いての観光なので、ここを訪れる際には、歩き慣れている滑りにくい靴をお勧めします!特にアイルランドのお天気は変わりやすいので、雨が降ってもいいように準備しておくと良いと思います。

この日は2箇所とも(ジャイアンツ・コーズウェイでシャトルバスを使えば別ですが)たくさん歩いたので、足には少し疲れが出てしまいましたが、自然が創り出した美しい景色にすっかり心を癒されてベルファストへのホテルへと戻りました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/05/15最終更新日:2017/05/15

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.