たびこふれ

オーストリア2 (カフェで感じるゆとりの時間)

記事投稿日:2015/03/03最終更新日:2017/07/04

Views:

カフェで感じるゆとりの時間

>>>オーストリア1 (優しさが溢れる国)はコチラ!

BP15-10365.jpg
▲ユネスコ無形文化遺産に登録されているウィーンのカフェハウス文化。ゆったりとした時間が流れます。(cCarsten Kykal)

長谷部 
オーストリアといえば、忘れてはならないのが、カフェだと思うのですが...。

福田さん 
その通りです!「ウィーンのカフェハウス文化」はユネスコの無形文化遺産に登録されているくらい、ウィーンの人達は「カフェ」を大切にしています。『第2の居間』と言われ、カフェで新聞を読んだり、おしゃべりをしたり、みんな思い思いにゆったりとした時間を過ごしています。

長谷部
弊社ツアーでもウィーンでの自由行動の時間やカフェへご案内するツアーを用意しております。

シャノーさん 
それは素敵ですね!伝統的な建物と内装、ウェイターの服装...。カフェハウスの全てが映画のワンシーンのような世界なので、そこにいるだけで本当に楽しい!カフェに入ったら「次はどこに行くか」など目先のことを考えるのはストップして、街並みを眺めたり、本を読んだりして、是非"今"をじっくり堪能していただきたいです。

HP10-46323.jpg
▲ザッハトルテ

BP14-33030.jpg
▲クグロフ

長谷部 
世界遺産の街「ウィーン」の他の魅力についてもお聞かせください。

福田さん
カフェ・音楽・芸術・公園・歴史...。ひと言で言うとウィーンは『人生を楽しむ術を知っている街』なんです!街並み一つとっても、ハプスブルク家ゆかりの壮麗な建物が美しく、歩いているだけで楽しいんですよ。特に今年誕生150年を迎える「リング通り」は『世界で最も美しく豪華な大通り』の一つと言われています。美術史博物館を始めとする多くの美術館やオペラ座、ショッピング通りと呼ばれるケルントナー通りなど、見どころがありすぎて1日観光しても足りません。

長谷部 
現在もオペラなどの芸術鑑賞は楽しまれているんですか?

福田さん
オペラや音楽は生活の中にありますね。伝統が今も生活に根付いている街なので、無料のオペラコンサートが屋外で開催されたり、誰でも気軽に音楽や芸術が楽しめるようになっています。宮廷礼拝堂では毎週日曜日にウィーン少年合唱団がミサの聖歌隊を務めるので、自由行動の際には是非、足を運んでみてください。

シャノーさん 
また、ウィーンは「世界生活環境ランキング」で「最も住み心地の良い都市」として5年連続世界1位(マーサー世界生活環境調査)に選ばれるほど、生活水準が高い都市なのでお客様も安心してご旅行を楽しんでいただけると思います。

>>>続き(オーストリア3 「美しい街並と心地よさ」)はコチラ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/03/03最終更新日:2017/07/04

Views:

オーストリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.