たびこふれ

カナダ2("大人の秋"と"若い秋")

記事投稿日:2016/07/13最終更新日:2017/07/06

Views:

"大人の秋"と"若い秋" 東西で異なる秋の風景

ESP12-23303A.jpg
▲シュガーシャック(メープルシロップの砂糖小屋)

森下 東だけでなく西の『カナディアンロッキーの秋』にも私はとても魅力を感じます。9月から湖が凍るまでの間は"黄葉"が美しい時期ですよね。

西村さん カナダの東と西では5,000km以上も離れているので、〝秋の色〟が全く異なるんです。東はカエデ(赤、橙)、カバやブナ(黄)といった落葉樹に彩られますが、西のカナディアンロッキーではポプラやカラマツ、白樺が若緑から黄色へとグラデーションをつけながら黄葉に変わっていきます。『カナディアンロッキーの秋』の魅力は目の前に迫りくる『3,000m級の山々』、エメラルドグリーンに輝く『湖』に加えて、黄金と深い緑の壮大なコントラストです!

森下 東西でこれだけ違うのかと見極めることができますよね。風景から受けるイメージも大きく違います。

西村さん 東は"ヨーロッパの雰囲気"がある建物と紅葉が「大人の秋」を感じさせます。比較すると、西は賑やかな、例えると「若い秋」でしょうか。青空のブルーとロッキーの雪山と、黄葉の色が対比されてとても若々しく見えますね。色合いだけでなく大草原の中に牧場があったり、「カルガリー」はカウボーイの街としても有名ですし、西の風景は"野性的"で"力強い若さ"を感じます。

森下 言われてみると雄大なロッキーの風景に開拓時代の風物が相まって、どこかワイルドに感じられますね。ここでは大氷原の上を歩くダイナミックなアトラクションなどもたくさん体験できます!

西村さん そしてもうひとつ、カナダ旅行の楽しみは"食事"なんです。まずカナダにはビールの醸造所が各地にあって、オリジナルの地ビールが何百種類もあるんです。散策した後に飲むと最高に美味しいですよ。レストランで食べる「本格的なハンバーガー」も肉の焼き加減が絶妙でおすすめです!

森下 肉料理といえば、カナダ産牛肉の有名ブランド「アルバータビーフ」も柔らかい赤身のステーキが美味しいと評判ですよね。これはカナディアンロッキーのあるアルバータ州の特産品です。

西村さん 東のケベック州でも伝統的なシュガーシャック(砂糖小屋)で「メイプルシロップ」作りが見学できますよ。木々に囲まれた中で本場のメイプルシロップを味わうのは格別です。カナダの秋は味覚もじゅうぶん楽しませてくれるんです。

ESP14-23662A.jpg
▲カナダの特産品として、お土産に人気の高いメープルシロップ

森下 見どころの尽きないカナダですが、この大自然の国の秋を満喫する良いアドバイスを最後にお聞かせください!

西村さん 私も世界各地を訪ねていますが、これほどまでにスケールの大きい紅葉は他にはありません。カナダは大きすぎるぐらいに大きい(笑)。ぜひさまざまな紅葉の見方にチャレンジしてみてください。ゴンドラやクルーズ船から眺めた後は、紅葉の中を少し歩いてぜひ散策していただきたいですね。ちょっとした冒険心も満たされるはずです。朝に早起して散歩すれば、静寂な林の中で神秘的な紅葉の姿に出会えます。森林浴も兼ねて木々の中を歩けば、まるで自分が自然の中に溶け込んだように思えてきますよ。春夏秋冬いつ訪れても感動する国ですが、その中でも一番なのがなんといっても秋。広大なパノラマの風景とともに色鮮やかなカナダの秋をぜひ目に焼き付けてください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/07/13最終更新日:2017/07/06

Views:

カナダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.