たびこふれ

スペインの火祭り『サン・フアン』

記事投稿日:2021/07/31最終更新日:2021/07/31

Views:

こんにちは、YUです。日本もスペインも暑い夏を迎えました。そこで今回は、夏の前に行われるスペインの伝統的なお祭りについて紹介します。日本ではあまり馴染みのないお祭りではないでしょうか?

それは、スペインで毎年6月24日に行われるサン・フアンの日という火祭りです。

目次

サン・フアンの日とは?

サン・フアン

サン・フアンはバルセロナだけではなく、スペインの国内中で行われる大きな祭りの一つです。サン・フアンの日は6月24日ですが、実際は6月20日前後から24日まで続く大きなお祭りで24日当日は祝日になっています。

具体的にどんな祭りかというと、実はスペイン各地で少し祝い方が違います。例えば、アンダルシア州のカディス県のいくつかの都市では、フアネスと呼ばれるぬいぐるみが燃やされ、ビーチでは焚き火をしたりする人や花火が打ち上げられたりします。他にも、ガリシア地方では火だけではなく水も大事な要素とされており、水にまつわる話もいくつかあるようです。また、アリカンテで行われるサン・フアンの火祭りは世界的にも有名で、観光客も多く集まります。アリカンテでは、木と紙で作った人形のようなものを燃やし、バレンシアのサン・ホセの火祭りに似ているようです。

カタルーニャ地方のサン・フアンについて

カタルーニャ地方ではカタルーニャ語でSant Joan(サン・ジョアン)の日と言われています。この日は、バルセロナでも火祭りとされていて前日の6月23日の夜から本格的に始まります。20日前後から爆竹音が聞こえてきますが、まだまだ序盤です。23日の夕方頃から爆竹音が街中に聞こえてきて、夜になると本番が始まります。街の至る所から家族や友人達と爆竹や花火をしている人たちの姿でいっぱいです。

バルセロナのビーチでは花火が上がったり、大音量の音楽が流れていたりするため、この日は海でパーティをして過ごす人も多くいます。また世界遺産に登録されているサグラダファミリア前でもパーティが行われていたり、毎年サン・ジョアンの日を楽しみにしている人も多い中、私個人的には苦手なお祭りです(笑)

というのもこのお祭りは、朝方4時頃まで続きます...音がものすごいので熟睡できる人は少なく、私はこの日は毎年寝不足になってしまいます。内戦中かと思わされるほどの音が一晩中続き、愛犬も怖がってしまうほどです。私と愛犬によっては早く過ぎて欲しいと思う日ではありますが、カタルーニャ地方ではクリスマスの次に大きいお祭りと言っていいほど伝統的な大切なお祭りの一つです。

コカ

またバルセロナでは、この翌日6月24日にコカと呼ばれるケーキを食べるのが一般的です。個人的にはケーキというより菓子パンに近いかな?という感想でした。

この時期にバルセロナにいる方はスーパーやパン屋さんに売っているので、コカをぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

サン・フアンの歴史について

サン・フアン

サン・フアンはとても歴史のあるお祭りです。

元々の起源では、夏至の日を境に昼の時間が短くなり、人々は太陽にエネルギーを与えるため、火を焚いたと言われており、スペインだけでなく世界各地でも歴史のある日とされていました。

しかし現在では、聖ヨハネが誕生したキリスト教の祭りと言われており、聖ヨネハの父が息子の誕生を知らせるために火を焚いたという新しい言い伝えが信じられています。

コロナ禍でのサン・フアン

2020年、2021年のサン・フアンはコロナウイルスの影響で例年通りのようなお祭りにはなりませんでした。

とはいえ、外出禁止などの措置はなかったため、爆竹や花火をする人たちは多く集まっていました。大勢が集まるビーチなどでパーティはなかったものの、家族や友人と家の近くなどで爆竹や花火で楽しむ人達の姿で去年も今年も賑わっていました。今年も4時頃まで熟睡することができませんでした...

最後に

サン・フアンはスペイン各地で祝い方が違うので、この時期にスペインに来られる方は気になった地域でサン・フアンの夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?バルセロナでは23日の夜にビーチやサグラダファミリアの前まで行くとサン・フアンを楽しめること間違いなしです。きっと忘れられない思い出になるでしょう!

プロフィール画像
この記事を書いた人
YU
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/07/31最終更新日:2021/07/31

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.