たびこふれ

SNS大好き!タイ人がこぞって通うフォトジェニックなお洒落カフェ5選

記事投稿日:2021/03/07最終更新日:2021/03/07

Views:

タイ人はとにかくSNSが大好き!いつでもどこでもフォトジェニックな場所を探しては、セルフィーを撮りそれらを独自のSNSに投稿。そのせいもあってか、ここ数年前からタイ全土でブームになっているのがセンスの良いお洒落カフェ。日本ではなかなかお目にかかれないセンスの良いカフェが続々とオープンし、SNSの投稿を意識したフォトスポットをあらかじめ設けることで、セルフィー好きのタイ人の心をくすぐっています。

今回は8,000人越えのフォロワーを持つ、SNS大好き、カフェ大好き、セルフィー大好きなタイ人インフルエンサーが選ぶ今バンコクで一番ホットなフォトジェニックのお洒落カフェ5選をご紹介します。

目次

1. 京都を中心に店舗展開をする「% Arabica(アラビカ)」がバンコクに進出!

タイ % Arabica

日本は京都を中心に店舗展開しているアラビカ・コーヒーがついにバンコクにも上陸。世界では他にシンガポール、カンボジア、フィリピンに店舗があります。

タイ % Arabica

バンコクではすでにアイコンサイアム、セントラル・ワールドの2店舗をオープンしており、近々日本人が多く住むスクムビットエリアの大型モール、エムクオーティエ内にも3店舗をオープンする予定。

タイ % Arabica

シンプルなデザインとコーヒー好きのタイ人にウケて、オープン当初は整理券が配られるほどの行列ぶりでした。

タイ % Arabica

こちらはセントラル・ワールド店前。

タイ % Arabica

アラビカ・タイランド(%Arabica Thailand)

アイコン・サイアム店(ICON SIAM)

セントラル・ワールド店(Central World)

2. 香港で人気のヒップなカフェ「noc(ノック)」が初海外支店をバンコクにオープン!

香港でシンプルだけどクールなカフェとして人気の「noc(ノック)」が初の海外支店の場所としてバンコクをチョイス。

タイ noc

内装は白と青を基調としたスッキリとシンプルなデザイン。

タイnoc

コーヒーにもこだわっていて、コーヒー好きのタイ人にも納得の美味しさ。

タイ noc

香港風フレンチトーストが一番人気ですが、アボガドを使った料理などの軽食も人気です。

タイ フード noc

場所はスクンビット40沿いのトンローとエカマイの間に新しくできたコミュニティーモール「powwowwow」の中にあります。

タイ noc

ノック(NOC)Powwowwow

3. バンコク郊外にある人気の一軒家カフェ「ノースリープ・バンコク(nosleep bkk)」

次にご紹介するのは、バンコク中心部から車で20分ほど北の郊外にある一軒家カフェ。騒々しい街並みから少し離れているので、落ち着いた雰囲気が心地良く、ついつい長居してしまいそうな居心地の良さです。

タイ nosleep bkk

スパニッシュスタイルの一軒家をカフェに改造し、内装はそのままの味を生かしたインテリアとなっており、まるでヨーロッパの別荘に遊びに行ったかのような雰囲気はバンコクの喧騒を忘れさせてくレます。

タイ nosleep bkk

コーヒーはもちろん朝食も人気で、朝早くから多くの人で賑わっています。また、価格帯もバンコク中心部と比べてリーズナブル。

タイ nosleep bkk

デザートメニューも豊富で、朝早くから夕方まで使い勝手の良いカフェで、近くの大学の学生も多く通っています。

タイ nosleep bkk

カフェから近い場所にバンコクで人気のチャトチャック・ウィークエンドマーケットもあるので、お買い物がてら寄りたいカフェですね。

ノースリープ・バンコク(nosleep bkk)

4. 築200年以上の中国住居を再利用した古民家カフェ「カフェ・パティーナ(Cafe Patina)」

タイ Cafe Patina

バンコクの中華街・ヤワラートの少しはずれにあるタラート・ノーイ(旧市街)の住宅街にある「カフェ・パティーナ(Cafe Patina)」は築200年以上の中国式住居を再利用し、趣のあるお洒落な古民家カフェとして生まれ変わりました。

タイ Cafe Patina

約200年の歴史が詰まった内装は何もしなくてもそのままの風貌で味があり、どこを切り取ってもとにかくフォトジェニック。

タイCafe Patina

ただ椅子に座って写真を撮るだけで、まるでフォトスタジオにいるかのような錯覚に陥ります。

タイ Cafe Patina

コーヒーはもちろん、モクテルなどのドリンクにも力を入れており、今後はカフェだけでなく夜はバーとしての営業を目指しているそうです。

タイ Cafe Patina

カフェ・パティーナ(Cafe Patina)

5. 韓国スタイルのミニマリストカフェ「トゥドゥサムシング (Two Do Something)」

バンコク中心部から車で約30分ほど北に向かい、ラマ5通りのそばにあるカフェ「トゥドゥサムシング (Two Do Something)」は、韓国スタイルのミニマリストカフェ。広々としたカフェスペースはテーブル同士がゆったりとしたスペースをとってあり、インテリアも最小限にとどめてあるためにとてもシンプル。屋上のイートインスペースでは太陽の日差しがとても心地よく、日光浴をしながらゆったりとコーヒーを楽しめます。

タイ Two Do Something

シンプルながらも、SNS大好きなタイ人がどの視点でもセルフィーを撮れるようにカフェの至る所にフォトジェニックなスペースをさりげなく演出。

タイ Two Do Something

真っ白な壁やカーテンなど、邪魔しない色合いがコーヒーやスイーツをよりフォトジェニックに変身。自分のSNSがまるで雑誌の1ページに生まれ変わる瞬間です。

タイ Two Do Something

タイ Two Do Something

こちらはコーヒーの他にスイーツも美味しいと評判です。

タイ Two Do Something

トゥドゥサムシング (Two Do Something)

まとめ

今タイ人に人気のフォトジェニックなカフェ、いかがでしたか?
日本にもお洒落なカフェは沢山ありますが、また一味違ったセンスの良さががひかる、カフェばかりをご紹介しました。また、ご自分がSNSに投稿する写真の参考にもなるかと思います。

そしてバンコクはもちろん、タイ全土で今もなお次々とオープンしているフォトジェニックなカフェ。これからもシリーズ化してお届けしようと思っておりますので、是非楽しみにしていてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆかりん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/03/07最終更新日:2021/03/07

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.